boriko's bunkum

ロードバイク初級者のスペシャライズド・ターマックと写真ブログ

Bicycle Components

ターマックスポーツにまた異音! 原因はディ・・・!?

にほんブログ村 ロードバイク
ターマックからまた異音!?

ターマックからまた異音!?

ROTOR InPowerを装着してもうすぐ1カ月。その間の走行距離、約600km! そろそろインプレしたいなぁ(*´ω`*) と思っておりますが、実は気になることがあったりなかったり・・・。えっ、オラのターマック、また異音発生ですか(;´Д`)

スポンサーリンク

今度の異音もBBから・・・じゃない!?

ターマックの異音と言えば、お馴染みなのはBBから出るパキパキ音。でもね、でもね、今回は違うんです(*´ω`*)

チェーンがチャリチャリ言うやんけ

フロントディレイラー付近からチャリチャリ音が

フロントディレイラー付近からチャリチャリ音が

今回の異音は簡単に再現可能で、原因特定も楽勝(*´з`)♪ ギアをアウターローに入れたとき、チェーンがチャリチャリ言うのです。フロントディレイラーとチェーンが擦れちゃってるんですな(;´Д`)

変速ショックがすごいガシャコン

リアの変速もイマイチ(それにしても汚いなw

リアの変速もイマイチ(それにしても汚いなw

フロントディレイラーの位置がおかしいのでしょう、調整してないからね(´_ゝ`) 案の定、アウターからインナーへのギアチェンジでチェーン落ちしたり、インナーからアウターへのギアチェンジでマゴマゴしたりと、まぁ大変w それに伴って、かどうか不明ですが、リアの変速ショックもやたらと大きくなりました。特に21速から19速に下げる付近(ローから2段目くらい)でガシャコンと手間取るようになりました(;´・ω・)

ショップに調整していただいた

もうすぐハルヒル、富士ヒルということで、信頼・安心のショップさんに調整をお願いいたしましただよ(;´∀`) 一瞬、「自分でやってみようかな?」と思ったけど、ショップスタッフさんの作業をストーカーのように観察して、「自分でやらなくてよかった」と確信w 勝手にクランクやスプロケとかは換えちゃうけど、変速(やケーブルの取り回し)などの超絶技術が要るものはこれからもプロにお願いしようと思った次第でありました(;´Д`) ムズカシソウ。。。

ちなみに、チェーンが伸び伸びになっていたそうで・・・ハルヒル終わったら交換いたします・・・。


駆動系のメカトラに備えよう!

異音の原因はチェーンとディレイラーの接触ということで事なきを得ました。しかし、駆動系のメカトラは気になります。特にここ最近、自転車仲間の皆さんのリアディレイラー脱落・破損の情報を目に耳にすることが多く、戦々恐々です(;´・ω・) ということで、早速対策することにしましたぞ。

変速機が故障したときのための緊急ディレイラーハンガー

緊急ディレイラーハンガーをゲット!

緊急ディレイラーハンガーをゲット!

まずゲットしたのは、ディレイラーハンガーが折れたときのための緊急ディレイラーハンガー。僕たちは特に輪行したり、写真撮るために自転車立てかけて、そのまま倒すことがあったりして、リアディレイラーへのダメージが半端ありません。経年使用による金属疲労も相まって、いつかポッキリ逝ってしまうかも。ディレイラー落ちたら即走行不能ですから、そのような事態に備えるためのアイテムであります。お値段750円也。

チェーンカッター付きの携帯ツール

チェーンカッター付携帯ツール!

チェーンカッター付携帯ツール!

もし緊急ディレイラーハンガーがなかったら、シングルギア化して対応するそうな。しかし、その際絶対必要なのがチェーンカッター。という訳で、携帯ツールにチェーンカッターが付いているモノ(Lezyne製)もゲットしました。以前持っていたTOPEAKのより軽くなったし、なかなか良いじゃないですか(*´ω`*) お値段はちょっと高めの4,390円也。

チェーンをつなげるためのミッシングリンク

ミッシングリンクもゲット!

ミッシングリンクもゲット!

チェーンを切っても、つなげなければ意味がない! という訳でミッシングリンクもゲットしました。僕は10速、デゲンコさんは11速なので、念のため10速用と11速用の2つを用意しました。うむ、これで準備万端なり! お値段は・・・失念! 1個150円だったかな、360円だったかな(;´Д`) という感じで、万が一の駆動系トラブル対応アイテムをゲットいたしましたです。使う日が来ないことを祈るのみ・・・・-_-;)

ツール缶はますます重くなる・・・

ツール缶がパンパン!

ツール缶がパンパン!


ツール缶、430gなり

ツール缶、430gなり

これは仕方ないことなのですが、備えればその分、重さも増えるモノ・・・。上記ツールやパンク修理キット諸々を詰め込んだツール缶の重さ、現在430gなり。このほかに輪行グッズとチューブラータイヤをシマノU-2バックパックに入れてますので、ワタクシたち、かなり荷物持ちですな(;´Д`)


ディレイラーハンガーの破損を防ぐヒント

んで、ワタクシ、変速調整をお願いする際、ディレイラーハンガーの破損を予防するチェックの方法もお伺いしましたぞ^^

チェーンとハンガーの距離を常に確認

ディレイラー大事、超大事!

ディレイラー大事、超大事!


チェーンとハンガーの距離を覚えておくとよい

チェーンとハンガーの距離を覚えておくとよい

その方法とは、いたってシンプル。チェーンとハンガーの距離を常に確認すること。普段よりちょっとでも曲がっていると“目視”で確認できるようだと、実際はかなりヤバい状況だそうです。ディレイラーハンガーが折れてディレイラーが外れると、最悪フレームを折るほどの大事故になるとのことで、ディレイラーハンガー大事、超大事(;´Д`) スタート前の車両点検で、必ずディレイラーを確かめるようにいたしますだよ(;´・ω・)

という訳で、大切な自転車に何かあったら困るし、整備不良でひと様に多大なご迷惑をかけるのはもっと困る、その前にできることを備えるでありますよ(`・ω・´)ゞ さぁ、今週末はハルヒルがんばるぞ!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-Bicycle Components
-, ,