boriko's bunkum

ロードバイク初級者のスペシャライズド・ターマックと写真ブログ

Bicycle Components

パワーメーターは夫婦でロードバイクを楽しみたい人にこそオススメ

にほんブログ村 ロードバイク
パワーメーターは良いぞ!

パワーメーターは良いぞ!

ROTOR In Powerを導入して早1カ月。現在進行形で勉強中のパワーメーターですが、使用からわずか1カ月(!)で断言したい! ロードバイクでブレーキとタイヤ(もしくはホイール!?)の次に投資するなら、断然パワーメーターですよ!

スポンサーリンク

パワーメーターが絶賛オススメな理由!

ワタクシ、パワーメーターを使い始めたばかりで、パワメが示す数値の全容と意味をまだ把握し切れておりません。それでも、パワーメーターが素晴らしいと思う理由があります!

パワメを推す理由①:自分のトレーニング強度が分かる

Intensity Factorで追い込めてるか確認!

Intensity Factorで追い込めてるか確認!

固定ローラー練やレースなどで大事なのは「どれだけ追い込めたか」だと思います。それがパワーメーターだと分かっちゃう。IF = Intensity Factorという数値が「1」に近い(「1」を上回る)ほど追い込めた証(合ってます?)。ワタクシ、潤沢にローラーする時間がないもので、最近はワットやTSSを見るよりもIFを「1」に近づけるよう頑張ってローラーをフンフンしております(`・ω・´)

パワメを推す理由②:強くなるのを実感できる

500W出したどー!!

500W出したどー!!

貧弱&貧脚なので、固定ローラーを回した分だけパワーが上がりやすいです(*´ω`*) 今まで出せなかった最高パワーを一瞬でも出せたり(僕は530Wがマックスですw)、数秒間高いパワーを維持できたりすると、むはぁ~、感動。「オレ、強くなってる!」と有頂天になること請け合いですw 脚力の伸びはすぐ頭打ちになって、多分そこからがホントのトレーニングの始まりなのでしょうが、最初は自分の脚力が上がる感じが如実に数字で見て取れて、良い意味で勘違いできます(^ω^)


パワーメーターは夫婦やカップルにこそオススメ

とまぁ、ここまではよくあるお話。でも、僕がパワーメーターをすごく気に入ったのは、自分のトレーニングのためだけではありません。パワーメーターは夫婦やカップルで走る人たちにこそピッタリだと思うんです(迫真。

パワーメーターを推したい本当の理由①:相方の脚力と限界が分かる

パワーが上がると千切れるところが出てくる

パワーが上がると千切れるところが出てくる

これがパワメ導入の一番の発見と収穫。ワタクシ、普段デゲンコさん(女性)と一緒に走っております。皆さんご存知のように(!?)、デゲンコさんは僕とほとんど速さが変わらず、女性では相当な脚力の持ち主。とは言っても、やはり男性と女性で根本的に筋力の差があるのか、千切れるところが出てきます。

ところが、パワーメーターがあると、デゲンコさんが千切れるポイント(何ワットを何秒続けると千切れるか)が分かるんです。逆に、「このワットならついてこれる」というのも分かります。

パワーメーターを推したい本当の理由②:グループライドをより楽しめる!

パワーメーターは夫婦でロードバイクを楽しむ人にピッタリ!

パワーメーターは夫婦でロードバイクを楽しむ人にピッタリ!

パワメがあると自分だけでなく相手の脚力や限界も推測できることにビックリ! ということは、例えば、夫婦やカップル、パートナーでロードバイクを楽しむ(楽しみたい)人たちにとって、パワメは非常に便利で有用なペースの指標になるということです。

「僕/私は元気なのに、なんで千切れてペース上がらないんだ!」とヤキモキ・イライラしてしまっていたところが、パワメの数値を読むことで「このペースだとキツイな/楽だな」が容易に判断できます。理由が分かれば対策も立てやすくなるもの。実際、僕たちもパワメのおかげで距離やペース配分が見えてきて、2人のサイクリングをより満喫できるようになりました。まぁ、最近は僕のほうが千切れるんですけどね! ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ


という訳で、取り留めがなくなってきたので、本日はここら辺で。パワメは確かに高価で導入のハードルが高いですが、トレーニング以外の用途でも活用できるんだと分かって、本当に目からウロコでありました(*´ω`*)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-Bicycle Components
-, ,