photo

映画『この世界の片隅に』にオジサンは心打ちのめされました

にほんブログ村 ロードバイク
『この世界の片隅に』を観に行ってきた!

『この世界の片隅に』を観に行ってきた!

ハイ、せっかくのロードバイクdeサイクリング日和な週末でしたが、ガッツリ寝坊したのワタシです( ノД`)シクシク… 細々とローラーしてお茶を濁したのでありますが、その代りに映画を観てまいりました。その映画とは『この世界の片隅に』! もし、まだ観ていない人がいましたら!! 早く早く観に行きましょう!!

【スポンサーリンク】

『この世界の片隅に』とは?

ZAPPEIのイグチさんとBASSさんが大絶賛していたこの映画。デゲンコさんと、「いつか観に行きたいねぇ」と話していた夢が遂に実現しました!

『この世界の片隅に』のあらすじ

ざっくりあらすじを引用しますと、戦争末期のお話です。日本に住む多くの人たちの琴線に触れたり、怒りスイッチを刺激したりする時代が背景でありますな(;´Д`)

ストーリー:1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてばかりだった彼女は、一転して一家を支える主婦に。創意工夫を凝らしながら食糧難を乗り越え、毎日の食卓を作り出す。やがて戦争は激しくなり、日本海軍の要となっている呉はアメリカ軍によるすさまじい空襲にさらされ、数多くの軍艦が燃え上がり、町並みも破壊されていく。そんな状況でも懸命に生きていくすずだったが、ついに1945年8月を迎える。

出典:この世界の片隅に(シネマトゥデイ)


『この世界の片隅に』インプレ( )

んでインプレですよ、インプレ! 『この世界の片隅に』をインプレするのです。

淡々として、一見ほのぼのしているのに涙が止まらぬ

『この世界の片隅に』って、絵柄も分かるとおり、とてもほのぼのとしています。過酷な時代背景で、随所に悲惨な話が散りばめられているのに、淡々と、ただ淡々と進むストーリー。だのに、だのに、なぜなぜなんだぜ、オジサンの涙袋には穴が空いてしまったのかしらん?? 目から汗が止まらん、映画が終ってエンドロールになっても止まらん、デゲンコさんと食事をしているときも思い出して止まらん。一体、オジサンの体はどうなってしまったんだぜ!?

声優が良かった

ワタクシ、詳しくは分からないですが、主人公やその夫の声優さんなどがとても映画にマッチしておったように思いました。「のん」さんという女優さんのようですか、主人公の声は。とても素晴らしかったと思いましたですよ、ハイ(*´ω`*)

土地勘があると、なお楽しめる!

舞台となった呉の街

舞台となった呉の街

あと、映画の舞台となった呉の街を少しだけ知っていたのも良かった。2015年の春、とびしま・しまなみ海道に行っておりまして、そのときの記憶で、呉の街がどんな雰囲気だったか容易に想像することができました。おかげで、もう一度、とびしま海道に行きたくなりましたぞ(*´ω`*)

■関連記事
サイクリストの聖地へ行ってみた! とびしま海道&しまなみ海道編


単行本も買ってみた!

んで、『この世界の片隅に』、原作があるのですな。皆さんに教えていただき、早速買ってみました!

映画と単行本は両方セットで!

『この世界の片隅に』の原作を買ってみた!

『この世界の片隅に』の原作を買ってみた!

『この世界の片隅に』の原作を読みますと、映画では端折られていた部分が詳しく説明されていたりして、「なるほど、だから映画ではあの口紅が印象的に描かれていたのか!」と納得いったりしました。僕は映画を先に観て、原作で「?」部分を補えたので、これはよい発見でございました(*´ω`*) もちろん、原作が素晴らしいだけに、このような映画ができたんだと思います、ハイ。

人さらいは誰なのか!?

「人さらい」は誰なのか?

「人さらい」は誰なのか?

ワタクシにとって唯一にして最大の謎は、冒頭の人さらいのお話。非常に大事なシーンなのですが、はて、これは一体、何を例えていたのかなぁ・・・。デゲンコさんはストレートに、「あれはマジで誘拐されたんですよ!」と言っていたけど、ホントかなぁどうかなぁ!?

という訳で、ずっと観たかった『この世界の片隅に』をようやく観ることができました(*´ω`*) 見終わったあと、いつもは大嫌いな池袋の人混みが何だかとても有難く、幸せなことだと感じ入りましたですよ。まだ観ていない方は、どうぞ騙されたと思って一度ご覧くださいませ(*´ω`*)

ちなみに僕の涙腺が崩壊したのは、エンドロールでクラウドファンディングした人の名前一覧が流れたときだったりします(´;ω;`)ウゥゥ ナゼカハワカラナイ・・・


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

Facebookページ

-photo
-,