Bicycle Components

Golden CheetahインストールしたらSTRAVAやTraining Peaksと連携できそうな予感

にほんブログ村 ロードバイク
やっぱりゴールデンチーターにするお(´・ω・`)

やっぱりゴールデンチーターにするお(´・ω・`)

自転車の画像フォルダを眺めてブログネタを考えるのが楽しみなborikoです、こんばんみ(*´ω`*) ここ最近の写真がどれもレースやトレーニング関連ばかりで、ピュアなサイクリング成分が飢餓状態なことに驚愕しております。だがしかし、今日もトレーニングのお話。取りあえず、ぼかぁゴールデンチーターにするお(´・ω・`)

【スポンサーリンク】

ゴールデンチーターをインストールしよう!

ゴールデンチーターは以前ノートブックにインストールしておったのですが放置状態。しかし、トレーニングピークスは有料じゃないないとお話にならないので、よく使うデスクトップにインストールしてみたのであります(`・ω・´)

ゴールデンチーターのインストール方法

ゴールデンチーターのインストール方法は簡単でござる。インストール方法や使い方は「かぴばらいだー」のかぴさんのブログが詳しいので、そちらを参考にしてください。

■かぴさんのブログ
パワートレーニングを始めるぞ! (3) 解析ソフト GoldenCheetah

ゴールデンチーターをダウンロードする

ではでは、一応僕のほうでも解説をば!? 画像をキャプチャするだけの簡単なお仕事です(*´ω`*)

ゴールデンチーターをダウンロード

ゴールデンチーターをインストールしよう!

ゴールデンチーターをインストールしよう!

まずはゴールデンチーターのページに行ってブツをゲットします。全部英語なので気分が滅入ります(;´Д`)

■ゴールデンチーターのHP
http://www.goldencheetah.org/

ゴールデンチーターをインストール①

インストール開始!

インストール開始!

OSやbit数に合致バージョンをダウンロードしたら、早速解凍! いよいよインストールだぜ!

Microsoft Visual C++の画面は無視

Microsoft Visual C++の画面は無視

Microsoft Visual C++の画面は無視

インストールを開始した直後、上記の画面が出てきました。Microsoft Visual C++!? なんだそりゃ?? 無視無視。意味不明なので「閉じる」をクリック。

セットアップ完了

無事インストールできました

無事インストールできました

Microsoft Visual C++は「修復」または「アンインストール」しなくてもセットアップは進行します。よく分からないままに無事インストール完了。

Golden Cheetah High DPIって何だ?

ゴールデンチーターHigh DPIってなんだ?

ゴールデンチーターHigh DPIってなんだ?

インストールできたら、メニューからゴールデンチーターを開くわけであります。んがしかし、何か2つインストールされてる! High DPIって何だろう??

High DPIって何だ?

DPIは何じゃラホイ? と思ったら「dots per inch」の略称か。4Kのような高解像度ディスプレイのことのようです。これの何が問題かというと、高解像度(=ピクセルが凝縮されている)だとUI(ユーザーインターフェース)が小さく見えてしまうんだと。それを回避するために、通常版のゴールデンチーターと、High DPI用のゴールデンチーターが用意された、という訳ですかね。


ゴールデンチーターを使ってみようぜ!

という訳で無事インストールできたゴールデンチーター。早速使ってみましょう!

新規ユーザーをつくる

まずは自分のアカウントをつくります。用語の解説など、詳しくはかぴさんのブログをご覧ください(;´Д`)

■かぴさんのブログ
パワートレーニングを始めるぞ! (3) 解析ソフト GoldenCheetah

身長やら体重やらFTPを入力

新規ユーザーをつくるよ

新規ユーザーをつくるよ


体重やFTPを入力

体重やFTPを入力

まずはこの画面。身長やら体重やらFTPやらを入力。CV RUNやらWbal Tauやら意味不明な単語がありますので、無視w

入力が終わったらユーザー登録完了

登録完了!

登録完了!

入力が終わったらアカウントができました! ゴールデンチーターってローカルで動いてるんですよね。異なる環境で見られないのかしらん??

アクティビティをアップロードする

ここまでできたら、いよいよ僕が挫折したアクティビティのアップロードです。

ガーミンのログをほいほいぶち込む

アクティビティをインポートしよう

アクティビティをインポートしよう


ガーミン本体から直接まとめてインポートするのが楽

ガーミン本体から直接まとめてインポートするのが楽

ガーミン本体にため込んでおいたfitデータをほいほいぶち込むのが一番手っ取り早そうです。ガーミンコネクトから元データをわざわざダウンロードして・・・とかやってると、それだけでやる気を失いそう。。。

ログが見れた!!

ログが見れた!

ログが見れた!

アップロードできたら、じゃじゃ~ん、ログが見れました! 簡単だ、実に簡単だ・・・ただちょっとメンドイだけw おぅおぅ、関数が返されてないところあるけど、パワーゾーンもしっかり見れるじゃないですか(*´ω`*) 素晴らしい


ゴールデンチーターの運用を考える

という訳で、ゴールデンチーターを無事インストールできて使う準備はバッチリ! あとはルーチン化できる運用方法の構築ですな(;´Д`)

CTLやATL、TSBが見れるのはやっぱり便利

CTLやATL、TSBが見れるのはやっぱり便利

CTLやATL、TSBが見れるのはやっぱり便利

無料アプリの枠を超えて便利だと痛感するのがCTLやATL、TSBが見れること。ゾーンもCP曲線も確認できるし、素晴らしいのひと言。無課金ユーザーのワイ、涙目でやんす(´;ω;`)ウゥゥ

さまざまなデバイスで見れぬ・・・。

アップロードの手間ひまは、もうしょうがないとして、そう言えばゴールデンチーターって、どうもローカル環境でしか動作しないようなことを忘れておりました。ということは、iPhoneやiPad、ノートPC、デスクトップなど、デバイスをまたいでデータの閲覧ができないということですな、そういうことです(´・ω・`)

Training Peaksその他と自動連携??

ゴールデンチーターってトレーニングピークスと連携できるの??

ゴールデンチーターってトレーニングピークスと連携できるの??

そんなゴールデンチーターですが、興味深いのがこの「Share」という機能。むむむ、Training Peaksとシンクロできるの?? クリックしたけどエラー出ちゃいました・・・。


ゴールデンチーターとトレーニングアプリやSNSとの連携!?

はてさて、ゴールデンチーターには自動連携があるのかどうか?? 気になったので試してみました。

Training Peaksにデータをアップロードできた

オプションから自動連携ができるらしい

オプションから自動連携ができるらしい


トレーニングピークスのアカウント情報を入力

トレーニングピークスのアカウント情報を入力


ゴールデンチーターからトレーニングピークスにアップロードできた

ゴールデンチーターからトレーニングピークスにアップロードできた

まずはトレーニングピークスとの連携から。ツールのオプションに移動して、Passwordの画面に。そこで必要な情報を入力。その後「Share」に戻って「synchronise training peaks」をクリック! ワクワクしながら待っていると・・・エラーでダメでしたorz。同期はできんのかと思いつつ、念のため「upload to training peaks」をクリックしたところ!! ありゃ不思議! アクティビティをアップロードできました! むむむ、これは一体どういうことだぜ!?

STRAVAはどうだろう??

ストラバとの連携にも挑戦

ストラバとの連携にも挑戦


連携自体は簡単

連携自体は簡単


連携が完了したときの画面

連携が完了したときの画面


ファイルの保管場所が変更になるらしい(どこに??)

ファイルの保管場所が変更になるらしい(どこに??)

Stravaとも連携できるようなので、ストラバも挑戦。必要な情報を入力すると、「許可する」というのが出てきました。しかし、よく読むと、ゴールデンチーターからストラバに対してできるのがアクティビティをアップロードすることくらいでしょうか?? 取りあえず許可してみたのですが、何も起こりませんでしたorz アクティビティがアップロードされるとゴールデンチーターに反映されたりするのかしらん??

という訳で、ゴールデンチーターを使い始めたというお話でした! 自動連携がその後どうなるのか、進展があったらご報告いたします~(*´ω`*)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

Facebookページ

-Bicycle Components
-, , ,