Road Bike

荒川サイクリングロードを一歩外れて歴史探訪。桶川には何があるの??

2017/03/22

にほんブログ村 ロードバイク
桶川には何があるの??

桶川には何があるの??

大磯クリテから一夜。体調が思わしくなかったためヤビツ峠行きはキャンセル( ノД`)シクシク… 薬が効いてきたところで、のんびりポタリングすることにいたしましたぞ。向かった先は桶川! 桶川には一体何があるんだべさ?

スポンサーリンク

急激なアレルギー反応でダウン

さてさて、今年も花粉は猛威を振るっております(;´Д`) 1月、2月は大したことなかったんですが、ここに来てヤバイ・・・。

呼吸できないでやんのwww

念のためアレジオンを携帯

念のためアレジオンを携帯

花粉と言えば、猛烈な目のかゆみと鼻水・・・だけではありません(;´Д`) 僕の場合、酷くなると呼吸がゼーハーになって息が苦しくなるほど。首や胸まわりも赤くなって痒くなって煩わしいことこの上ない。もちろん、その間も鼻水ダダ漏れで、下を向けば大粒の涙ならぬ鼻水が・・・。

という訳で、アレジオン飲んで回復を待っていたのであります。これ効きますなw 相変わらず鼻水は出るし、ボーっとしますが、ゼーハーはかなり収まりましたです。


荒川サイクリングロードに春が来た!

一時が万事、こんな感じですから、その日皆さんが出かけていたヤビツ峠は断念無念(´;ω;`)ウゥゥ 体調が落ち着いたところで、のんびりポタリングすることにしましたぞ。

荒川サイクリングロードで春を見つけた!

荒サイに春が来た

荒サイに春が来た


キャニオンを背景に一面の菜の花をパシャリ

キャニオンを背景に一面の菜の花をパシャリ

向かった先は荒川サイクリングロード。猛烈な向かい風ですが、この日はポタリング。のんびり漕げばいいのです(*´ω`*) しばし進むと土手一面に菜の花が! いや~、春、春が遂に来ましたなぁ(*´ω`*)


荒川サイクリングロードのランチは川岸屋

荒川サイクリングロードで一番困るのって、ランチなどの休憩場所でございます。この日は手堅く川岸屋さんに入りましたぞ。

川岸屋は17号線と荒川の合流点から30km

ランチは川岸屋

ランチは川岸屋


川岸屋の肉汁うどん

川岸屋の肉汁うどん

川岸屋さんは17号線から荒川サイクリングロードに入って進むこと、約30kmの場所にある手打ちうどん屋さん。川越と上尾のちょうど中間にあるお店です。荒川沿いにある数少ない補給場所ですので、ランチのためにわざわざサイクリングロードを離れたくない場合は非常に便利でございますよ(*´ω`*)

榎本牧場は川岸屋からほんの数km

榎本牧場ではロバがお出迎え

榎本牧場ではロバがお出迎え


ロバが目の間に寄ってきてくれた!

ロバが目の間に寄ってきてくれた!

川岸屋からほんの数km進むと、ジェラートなどで有名な榎本牧場があります。今回、僕たちは食べませんでしたが、連休最後のこの日は家族連れで大賑わい。ロバの写真を撮ろうと思ったら、わざわざ向こうから寄ってきてくれましたよ(*´ω`*) GRを入れてるジップロックの袋が動物の関心を引くんでしょうかね??


桶川は歴史街道だった

榎本牧場から荒川サイクリングロードを外れると、そこはもう桶川市。はてさて、ここには一体何があるんだべ?

桶川はいたって普通の街並みだが!?

何の変哲もない桶川の駅

何の変哲もない桶川の駅


特に目立ったところがない街並みだが・・・

特に目立ったところがない街並みだが・・・

桶川の駅に到着しました。正直、取り立てて目立ったところがないような・・・(-_-;) 街並みを見ても、はてさて、何と申しましょうか、ごくごく普通の郊外の街という感じ・・・。はて、何でまた、僕らはこんなところに!?

中山道の宿場町だった桶川

桶川は中山道の宿場町だった!

桶川は中山道の宿場町だった!

桶川の歴史をひも解くと、発展したのは江戸時代から。中山道の宿場町だったらしい。江戸の日本橋を出発して、ちょうど1日歩いたところでたどり着いたのが桶川辺りだったそうです。その距離40km! これを徒歩で行くとか、昔の人、健脚ですのぅ(;´Д`)

中山道の出発点は江戸の日本橋で、桶川宿は江戸から6番目の宿場となりました。江戸からの距離は約40kmです。宿場町となった桶川は、たくさんの人が行き来して、人口も増え、しだいに発展していきます。多いときは、桶川宿の町の中には36軒もの宿屋があり、多く旅人でにぎわいました。

出典:桶川市の歴史と民俗 | 桶川市キッズページ

桶川と言えばベニバナ

矢部家住宅も、もとはベニバナで成功した家

矢部家住宅も、もとはベニバナで成功した家

んで、この桶川、何が名産って「ベニバナ」だそうです。今はスッカリ廃れてしまった染料で、もともとは中国から伝わり山形で生産されていたのが、江戸時代後期に桶川でも栽培されるようになったそうな。染料は貴重で、山形のベニバナより早く収穫されることから、桶川の商売は大繁盛。中山道の宿場町としての地の利も相まって豪商(豪農?)がたくさん誕生したそうな。

地元の人から桶川の歴史を学ぶ

明治時代のレンガ倉庫もある

明治時代のレンガ倉庫もある

ちょうど、僕たちが桶川で写真をパチパチ撮っていたところ、地元のボランティアの方に声をかけられました。ベニバナを含む桶川の歴史は、その方からいろいろ聞きまして、それを取りまとめているのであります(*´ω`*) んで、その方曰く、ベニバナで富を成した桶川人で「須田家」というのがあるそうです。んで、神田須田町は、その須田家に由来するとか。

インターネットの海を漁って調べてみたのですが、詳しい情報が見つかりませんでした(;´Д`) はてさて、真実やいかに!? 街の交流の歴史を追うのは楽しいですな(*´ω`*)

和宮が宿泊したことでも有名

武村旅館は脇本陣の役目を果たしたとか

武村旅館は脇本陣の役目を果たしたとか

ちなみにこの桶川。ベニバナ以外で(ベニバナよりも!?)有名なのは、和宮が江戸に嫁ぐ際に宿泊したこと。幕末の重要人物である和宮がここを通ったとは、なかなか感慨深いものがあります。もうひとつちなみに、和宮のような人でも1日の移動距離は徒歩(御輿)で20kmを超えていたそうで、京都から江戸まで3週間弱でたどり着いたそうな・・・。健脚過ぎwww


カフェスポットを桶川で見つけた!

宿場町としては小さな桶川ですが、なかなか濃密・濃厚ですな(; ・`д・´) そんな桶川に素敵な休憩スポットがありました。

旅籠を活用したカフェBradbury

昔の旅籠を改装したカフェBradbury

昔の旅籠を改装したカフェBradbury

そのカフェとは、旅籠を活用したBradbury。小林家住宅はもともと旅籠でその後材木店になり、現代に至る模様。ギャラリー併設なので、一瞬カフェかどうか分からないかも(;^_^A

Bradburyで美味しいコーヒーとクッキーをいただく♪

Bradbury店内は素敵な食器がズラリ!

Bradbury店内は素敵な食器がズラリ!


店内も居心地の良いカフェスタイル

店内も居心地の良いカフェスタイル


淹れ立てのコーヒーと手作りクッキーが絶品!

淹れ立てのコーヒーと手作りクッキーが絶品!

んだば、Bradburyに潜入でござる。川岸屋さんから何も食べてなくてお腹空いた(;´Д`) 店内は素敵な食器がズラリと並び、ジャズ音楽が心地よい、正真正銘のカフェ。この日はあいにくケーキがなく、代わりにコーンフレークをまぶしたレーズンクッキーをいただきました。淹れ立てのコーヒーと相まって、むむむ、コーヒーもクッキーも美味しいですな! 1袋を2人でシェアしたのでは足りんかったわいwww

桶川は荒川サイクリングロードからほんの数kmで着きますし、ルートを外れても比較的簡単に戻れるのがグッド。ちょっと足休め(?)に立ち寄ってみるのも面白いかもしれませんね^^ 実は「ベニバナまんじゅう」っていうのがあってね、お店が閉まっていて食べられなかったのが残念な限り( ノД`)シクシク… 思いがけないところで、思いがけない歴史を学べるのは楽しいでございますな(*´ω`*)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-Road Bike
-, , ,