Road Bike

2017富士ヒルクライムの天気は雨予報!? 富士ヒル雨&寒さ対策を考える

にほんブログ村 ロードバイク
2017年の富士ヒルは雨模様かもしれない

2017年の富士ヒルは雨模様かもしれない

今週末はいよいよ富士ヒル! 試走結果は目も当てられませんが、本番に向けて気持ちだけは高まってます! と思いきや、おやおや、富士ヒル本番の6月11日(日)、天気が荒れそうなんですか!?

【スポンサーリンク】

富士ヒル本番の天気予報は荒れ模様

自転車レースは屋外が基本。本番当日の天気は結果に大きく影響します。んで、富士ヒル本番の天気はというと・・・。

風または雨が強く、登山に適さない荒れ模様(;´Д`)

てんきとくらすによれば富士ヒル本番は雨予報

てんきとくらすによれば富士ヒル本番は雨予報

行楽地の天気を知るのに便利な「てんきとくらす」。それによると、富士ヒル本番の6月11日の富士スバルライン5合目の天気は・・・「C」!!! 風または雨が強く、登山に適さない、超荒れ模様じゃないですかwwww

5合目の風は9mでまぁ何とかOKそうな感じ。気温も12度と、前回の試走のときより暖かそう。しかし、雨かよぅ(;´Д`) 雨は体感温度がさらに下がるんだなぁ:(;゙゚''ω゚''):


晴天でもメチャクチャ寒かった富士ヒル試走

先週(6月4日)に行った富士ヒル試走。ワタクシ、この日死ぬかと思いましたの、寒さでw

富士吉田20度以下、5合目10度以下は半袖・半パン不可

超晴天でも6月初旬の富士山は寒い!

超晴天でも6月初旬の富士山は寒い!

試走日の6月4日は富士吉田が20度ちょい(もちょと低かったかも)、5合目は10度以下の超快晴。天気が良いなら体も温まるかと思いきや・・・。ワシ、富士吉田(富士山駅)に輪行で降り立った瞬間から「寒っ!!」とブルブル震えておりました(;´Д`)

半袖ジャージとビブショーツで足りるかと思ったら、そんな訳はなく・・・。半袖ジャージに秋冬用のアームウォーマーをつけてウィンドブレーカーを着用して、試走出発までしのぎましたでございます。しかし、下半身はどうしようもなく、もう寒いことこの上ない。特に3合目を越えたあたりから、急激に温度が下がりまして、5合目に着くときは凍えておりました(;´Д`)


今年の富士ヒルは寒さ&雨対策が必須

という訳で、今年の富士ヒル本番は寒さ対策に、雨対策も必須! 寒いと心拍さらに上がらなくなるのです(; ・`д・´)

VELOTOZE、遂に本領発揮か!?

VELOTOZE、遂に本領発揮か!?

VELOTOZE、遂に本領発揮か!?

ここで大活躍が期待されるのが、そうです、あのアイテム! ワタクシの超絶ファッション( )アイテムとして購入したシューズカバー、VeloToze! 何と言っても蛍光イエローにニクいヤツですからな(*´ω`*) 運営にいっぱい写真撮られて、しかも寒さ対策にもなっちゃうかも。しかもしかも、このVeloToze、要は単なるゴムですから、水の侵入も防いじゃう=立派な雨対策!

寒さOK、ファッソン( )OK、雨OKとは、VeloToze素晴らしいですな(≧▽≦) VeloTozeが本領発揮するかと思うと、雨の富士ヒルも楽しみになってきましたw

■VeloTOZEのインプレ記事
サイクルウェアをオシャレにコーディネートするならVeloTOZEのシューズカバーはどうでしょう?

dhbのレインディフェンスビブショーツも本領発揮か!?

dhbのレインディフェンスビブショーツも本領発揮

dhbのレインディフェンスビブショーツも本領発揮

VeloTozeと並んで、実は雨(と寒さ)に有効なアイテムが、実はもうひとつありました。それが、ウィグル直参サイクルウェアdhbのレインディフェンスビブショーツ! これもファッソン( )目当てで真っ黒なビブショーツが欲しかったと理由で購入したアイテム。購入当時、真っ黒なビブがこれしかなくて、「レインディフェンスだけど、しゃーないかぁ」と妥協したのでありました。

ところがどっこい、雨ですよ、雨。富士ヒルはあ~めぇ~♪ まさかレインディフェンスビブショーツが活きるとは! 何と言う先見の明で、自分が怖いwww ちなみに、このレインディフェンスビブショーツ、さすが耐水加工なので普通のビブより少し暖かいのです。なので多少の寒さ対策にもなりそうでグッド。富士ヒルのことまで見通しているとは、さすがWiggleさんやで(; ・`д・´)

■dhbレインディフェンスビブショーツのインプレ記事
サイクルウェアのコーディネートにdhbのAeronジャージとビブショーツはどうでしょう?


富士ヒル一番の課題はスタート前の寒さ対策

VeloToze&レインディフェンスビブショーツ準備万端! しかし、ここでもうひとつ大きな問題がありました。その問題とは出発までの待機時間! これがまた寒いんですわ:(;゙゚''ω゚''):

スタート前の待ち時間で凍えてしまう

本番当日の朝、駐車場からスタート会場まで移動しまして、会場でスタートを待ちます。それがだいたい1時間とか、もうちょっとかな? 時間は朝の6時とか。多分雨も降っているのでしょう。きっと寒い。絶対寒い。ヤヴァイくらいに寒い:(;゙゚''ω゚''):

さらに困ったことに、荷物は6時頃に全部預け入れてしまいます。ということは、場合によってはウィンドブレーカーとかも手元にないかも・・・。おおぅ、ワシ、これは完全に死亡フラグ(;´Д`) 寒くて死んじゃう・・・。

ビニール袋や超コンパクトな雨具がいいかも?

イケメンは何着ても似合うから羨ましい(;´Д`)

イケメンは何着ても似合うから羨ましい(;´Д`)

初参加だった去年の富士ヒルはとても天気に恵まれて、麓の寒さ問題はほとんどありませんでした。しかし、今年はどうやら違う模様。これまで参加した方たちのブログを見てみると、やはりスタート前の寒さ対策に苦慮しているようでした。

んで、便利そうな対策がビニール袋や超コンパクトな雨具を用意すること。ウィンブレより小さくできて、あとで捨てるのも躊躇しないのでグッドとか。実は先週の富士ヒル試走で、ZAPPEIすたんとんさんがビニール袋による防寒対策にトライしておりまして、十分機能したそう。むむむ、すたんとんさんイケメンだからなぁ・・・。イケメンは何着ても許されるけど、ワシがビニール袋被ると「オジイサン、ここはイベント会場だよぅ」と追い出されてしまうかも(-_-;)


という訳で、迫りくる(多分雨の)富士ヒル対策のお話でした。念のため申し上げますと、スタート前のビニール袋対策はおそらく有効だと思いますが、スタート地点にゴミ箱はなかったはず。なので、仮にビニール袋対策しても、スタート会場やどこかに捨てたりせず、ちゃんとシッカリ持ち運び、持ち帰りましょーなのです。素敵なイベントですから、キレイに、気持ちよく楽しみましょー(*´ω`*)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-Road Bike
-, , ,