Bicycle Components

今こそパワメを! パワーメーターを導入すべき6つの理由

2017/10/04

にほんブログ村 ロードバイク
パワーメーターを導入すべき6つの理由

パワーメーターを導入すべき6つの理由

ワタクシの目下の物欲はキャニオン用に新しいホイールとパワーメーターが欲しい! レンズもほしい・・・(-_-;) なのでありまして、そんなワタクシを後押しをしてくれる動画をご紹介。題して「パワーメーターを導入すべき6つの理由」!

【スポンサーリンク】

6 Reasons Why You Need A Cycling Powermeter

情報源はもちろん、みんな大好きGCNのサイクリング動画。GCN動画や海外サイトの情報が出てくるということは、自分のサイクリングネタが少ないことの現れであります(;´Д`)

なぜ今パワーメーターが必要なのか!?

GCNによる「6 Reasons Why You Need A Cycling Powermeter(パワーメーターを導入すべき6つの理由)」。なぜ、今パワーメーターなのか、6つのメリットとは!? というところを細かく見ていくのであります!


パワーメーターを導入すべき6つの理由とは?

ではでは、早速に見ていきましょう! 「6 Reasons Why You Need A Cycling Powermeter(パワーメーターを導入すべき6つの理由)」!

理由①フィットネスの向上

1つ目の理由は「フィットネスの向上」。フィットネスって何て訳すんでしょうね。本来なら「健康」「身体が良好な状態」という意味ですが、こういったシーンでは「体力」のほうが適切でしょうか。

ただ、単にパワーメーターをつけたからと言って体力が向上するワケではなく、データを分析して適切にトレーニングすることが必要。

元プロライダーのMattさんは23歳でパワーメーターを導入して、適切にトレーニングしたおかげでFTPが1ヵ月で10%も上がったとか。10%ってすごいことですよΣ(゚Д゚) しかも、相当に鍛えたプロレベルでさらに10%、1割も上がるとは・・・

理由②セグメントのタイムを気にしなくなる

2つ目の理由は、「??」な感じ。(ストラバなどにある)セグメントで、タイムではなくパワーを基準に考えることができるそうな。仮に風向きや体重などの条件が同じだった場合、タイムが遅くてもパワーが(前回試したときより)高かったら、体力向上している証。

・・・う~ん、説得力があるようなないような・・・。ワタクシ、パワーメーターってタイムを短縮させるために導入するものだと思っておったのですが(-_-;)

理由③向かい風に強くなる

パワーメーターを導入すべき3つ目の理由は「向かい風に強くなる」というもの。向かい風に限らず、さまざまなコンディションに対応できるそうな。

その理由は、スピードは環境や路面状況によって変化するけど、パワーは絶対値なので均等にペースを刻めるというもの。追い風で35km/hで走っていたところ、向かい風でも同じ速度出そうとするとパワーがエライことになりますからな。一定の負荷を保てるのは非常に大事なことであります。

理由④速くなる

4つ目は、たとえ脚力が足りなくても、広い視野で見れば「速くなる」というもの。その理由はパワーメーターで一定のペースを保てるようになるから。レース開始直後にドカーンとレッドゾーンに入れてしまって中盤以降タレてしまいがちな「あるある」パターンを、パワーメーターがあれば回避でき、レース全体で見ればより速くゴールできるのだそうな。

ウフフ、富士ヒルその他のヒルクライムレースで序盤の10分くらいをかっ飛ばし過ぎて、残りの60分、黄金のタレ具合でボロ雑巾のように走った、どこぞのワタクシに教えてあげたい気分です(;´Д`)

理由⑤過去の自分やほかの人と比較できる

5つ目の理由は、分析大好きな女子も男子も喜ぶパワーメーターの基本機能。過去の自分の記録と比較して、どれくらい向上(減退)したか知ることができるというもの。

楽しいですよぉ、過去の自分と比べてどれくらい強くなったか、数字でみられるというのは(*´ω`*) 動画ではCP曲線を活用したり、プロと自分を比較したりして、自分の長所や短所を知ることができるとも言っています。

理由⑥自分をテストできる

最後の理由は「自分をテストできる」というもの。パワーメーターの開祖!? アンディ・コーガンによれば「トレーニングはテストすることであり、テストとはトレーニングである」と言ったそうでして、スプリントやショート/ロングクライムなどなどで、どれくらい自分が強くなったかテストすることができると。

何となく、「理由②」と「理由⑤」「理由⑥」は似たようなことを言っているような、いないような? いずれにせよ、メーカーや機材の誤差こそあれ、パワーはどこで測っても変わらない絶対値。これを分析に使わない手はない、ということでありましょう。


そう言えばシマノのパワーメーターはどうなった?

という訳で、パワーメーターを導入すべき6つの理由でありました。パワーメーター、少しずつお安くなってきてるし、あとは何を買うか、だけ! そう言えばシマノのパワメってどうなったんだろう?

シマノのパワーメーターの発売時期

今年のはじめでしたか、シマノからパワーメーターが発売されるということで沸き立った覚えがあります。あれから半年以上・・・。はて、シマノのパワメはまだ発売されんのかね???

WIGGLEやCRCで見ても発売日は明記されず入荷待ちの状態。アマゾンでも「通常1~2か月以内に発送します。」とのことで、はてさて・・・。シマノのパワメが登場するのは今年暮れ、広く行き渡るのは年を越えそうな予感がいたしますな(;´Д`) カウナラシマノノパワメニシヨウトオモッテタノニ・・・


以上、パワーメーターを導入すべき6つの理由のお話でした! レースに興味がなく、ブルベやロングライドな人でも、パワメがあるとペーシングが非常に楽になるので長距離走るときはオススメですぞ。あと、体力差のある夫婦やカップルで走るときも、体力少ないほうにパワメつけとくとその人のペースを守れるので、夫婦やカップルライドもより円満になるかも。パワメって、トレーニングだけじゃなく、使い勝手が幅広いと思うのであります(*´ω`*)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

Facebookページ

-Bicycle Components
-, ,