boriko's bunkum

ロードバイク初級者のスペシャライズド・ターマックと写真ブログ

Travel

サイクリストの聖地へ行ってみた! とびしま海道&しまなみ海道編

2015/05/19

にほんブログ村 ロードバイク
ターマック、しまなみ海道へ行く

ターマックでとびしま海道としまなみ海道へ行ってきました!

先週末、イキナリ!とびしま海道&しまなみ海道へ、2日間かけて行ってきました! 唐突に浮上した「サイクリストの聖地」訪問サイクリング。新幹線のチケットをなくし、自転車の鍵もなくし、リコーGRを落っことすという幾多の困難(?)を補って余りあるほどのカンドーでしたo(TヘTo)
という訳で、まずは前半戦のとびしま海道~しまなみ海道です!

スポンサーリンク



初日のルートはこんな感じ

とびしま海道~しまなみ海道のルート

当日利用したとびしま海道~しまなみ海道のルートはこんな感じ。

出発は広島から。呉を経由してグワ~ッととびしま海道で岡村島まで行って、そこからフェリーで大三島へ渡り、しまなみ海道を北上。尾道まで行くルートです。


とびしま海道の入り口・安芸灘大橋を越える

安芸灘大橋は視界ゼロ!

とびしま海道最初の安芸灘大橋は霧に包まれていて、視界ゼロ!

とびしま海道の入り口は安芸灘大橋というところ。料金所のお姉さんが「自転車の料金は無料で歩道を走るように」と優しく指導してくれます。しかし、すごい霧。。。


モノクロ写真にピッタリ! 霧の瀬戸内海

蒲刈大橋から望む瀬戸内の雲海

霧に海も町も包まれて幻想的でした。


船も霧の中

船も霧の中。まったく見えませんw


工場萌え?

工場萌え?霧の中にヌッと現れてかっこよいよい

現地に着くまで、降水確率が80%だったのね。それが幸運なことに前日に60%まで下がり、当日午前中で止むという予報に。もう超ラッキー! これで運勢使い切ったわ~(だから、いろいろなくしたのか・・・)。


しかも、写真をご覧のとおり、一面霧模様w これはこれで、モノクロ写真撮るのが好きなら、最高のコンディションでっせ! ライカにしとけばよかったのぅ、モノクロフィルムなら、もっと艶っぽくなろうに・・・。


遊郭の街・御手洗へ

御手洗の歴史的町並み

御手洗は、歴史を感じられる街だった!


御手洗の食事処・なごみ

御手洗の食事処・なごみは元遊郭だそうで、2階から芸妓さんが手招きしてたんだって。


あなご丼は名物?

名物?のあなご丼。とびしま海道は補給場所はほとんどないので、要注意です!

大崎下島の東端に古い町並みがあるんだそうな。面白そうなので足を伸ばしてみたら、あらま、ホント見事に残ってる! 聞けば、御手洗地区は遊郭として栄えたそうで、潮待ち・風待ちをする船乗りさんたちが利用したんだって。食事をしたレストラン?も、築200年以上の遊郭だったんだそうな。歴史を感じちゃうわ、こりゃ。


岡村島から大三島、しまなみ海道へ

大三島ブルーライン

大三島ブルーラインに乗って、岡村島から大三島の宗方へ。

御手洗を過ぎたら、岡村島へ渡ります。ここから大三島へ渡るフェリーが出ていて、しまなみ海道へ接続できるのです(ということを、現地に着いた日に知りました)。なので、我が人生で数えるほどしかないフェリーも体験。しかも、自転車持ち込みで乗るのは初めて也。料金410円(岡村~宗方)+自転車運賃250円、計660円也。


念願のしまなみ海道到着!

ターマックでしまなみ海道到着!

ターマックでしまなみ海道到着!


しまなみ海道の通行料は無料

しまなみ海道の通行料は無料

そして遂に念願のしまなみ海道到着! 遂にここまで来てしまった(感涙)。午前中の霧模様がウソのように晴れておる。こりゃぁ夕日も拝めると、100km以上走ってクタクタな老脚にムチ打ったでござる。とびしま海道もしまなみ海道も、案外アップダウンあるんだな。この日も獲得標高970mって、普通に小さな山いくつか越えたのと同じだぞぅ。





瀬戸内海の夕焼けをバックにターマック

瀬戸内海の夕焼けをバックにターマックを撮影できました!

初日はこんな感じで尾道まで行きました! 次は尾道から広島までの帰り道をセコセコまとめる! とびしま海道、すっげーいいわ~


続編もアップしました。
続・サイクリストの聖地へ行ってみた! しまなみ海道右往左往編


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-Travel
-, , ,