boriko's bunkum

ロードバイク初級者のスペシャライズド・ターマックと写真ブログ

Bicycle Components

ロードバイクのメンテナンスをお願いしたらターマックがどんどんS-Worksになってきた

2015/06/22

にほんブログ村 ロードバイク
ターマックがオーバーホールで見事に復活しました!

ターマックがオーバーホールで見事に復活しました!

富士ヒルクライムに参加したみなさんのブログを読みながら、「富士山上ってみたい説」が俄かに浮上してまいりました。なぜならMYロードバイクが遂に戻ってきましたから! しかも、どんどんS-Worksに向かって進化してる! 何だかすごいぞターマック!

スポンサーリンク

初ロードバイク・初フルメンテナンスに至るまで

ロードバイクのオーバーホールに至るまで

オーバーホールに至るまで紆余曲折(!?)がありました

自分にとって初めてのロードバイクがこのスペシャライズドターマック。ターマックスポーツという一番下のグレードで値上がり前の2012年11月に購入したものです。

2年半の整備依頼は最小限・・・

2年半ほどターマックに乗ってきて、整備をお願いしたのはごくわずか(汗)。整備をお願いするときは大抵自己メンテナンス失敗という、何とも危険な取り扱いでした -_-;) 順不同ですが、以下の事案で自転車屋さんに駆け込んでいます。

バーテープを巻けずに駆け込む

ターマックスポーツのバーテープ、当初は白だったのですが、だんだん汚れが目立ってきたので自分で交換してみることにしました。何とか巻けた! と喜んだ3日後に端っこから取れた・・・orz

ステムを交換できずに駆け込む

乗り慣れてきたと勘違いすると、ポジションをいじりたくなるものです。サドルとハンドルの落差を見た目的に求めてステムを交換したら、何やらハンドルが揺れる! 即効、自転車屋さんに駆け込みました・・・orz

シフターケーブルが切れかける

これは自分で整備失敗したわけではなく(ホッ)、経年劣化によるもの。ギアの入りが悪いなぁと思ったら断線しかかってました^^;) そのほか、ホイールを交換したとき、10速用のリングをつけずにスプロケットを取り付けていたことも(!)

乗車前点検をいつも念入りにやっていて、走行中の不具合がパンクを含めて一度もないのが本当に良かったですわ。

BBの異音激増により、遂にオーバーホールを決意

ダマシダマシ乗ってきたターマックですが、遂にBB異音問題が深刻化。看過できないレベルになってきたため、この度、フルメンテナンスをお願いすることにいたしました。

そのときの経緯はこちらをどうぞ
ペダリング時の異音増大でターマック緊急入院しました


フルメンテナンスでターマックはどう生まれ変わったのか

オーバーホールをお願いして、待つこと10日。日曜日、遂にターマックを引き取ることができました! そして、その変わりようにビックリしました!

BBのベアリングは全部交換!

オーバーホールによってBBが全くの別物に!

オーバーホールによってBBが全くの別物に!

まず一番の懸案事項だったBBの異音が見事に解消しました! ターマックのBBはBB30という圧入式で、異音が出やすいのが特徴!?だそうです。

僕のターマックは、右側クランクのベアリングが割れていて、左側もボロボロだったそうな。オレ君の脚力スゲー(笑)。という訳で全トッカエとなりました。

クランクが信じられないくらいよく回る

BBを交換した結果、どうなったかというと、信じられないくらいクランクが良く回る! いつもと同じギアで走っていてもケイデンスが10上がる感じ。当然速度もその分上乗せです。気持ち的なもの・・・以上に全然違う。もう軽い、軽い!

ギアのガイドプーリーを交換

ガイドプーリー交換とディレイラー調整、スプロケ清掃で変速が見違えるように

ガイドプーリー交換とディレイラー調整、スプロケ清掃で変速が見違えるように

リアディレイラーのガイドプーリーを交換してくださいました。なんでも、かなり摩耗していたそうで、変速に影響を与えていたかもとのこと。そもそもガイドプーリーの交換が必要とは知らなんだ ^^;)

変速がデュラエースw

僕のターマックは105が基本構成ですが、変速がスパッスパッ決まるようになった! これはガイドプーリーだけじゃなく、ディレイラー全部も調整してくださったことが大きいかもしれませんが、これまた全然違う。105がいきなりデュラエースになっちゃったw

ハンドルのベアリングを交換

ステムのベアリング交換

ステムのベアリングも交換されました

ハンドルのベアリングも交換となりました。上下あるらしく、下はOKで上のみの交換だそうです。

違いは・・・分からずw

交換してみての違いは、分かりませんでした(笑)! ハンドリングに影響するところなので、ダウンヒルとかで結構違いを感じられるかしら?

その他諸々も調整していただきました

駆動系がピカピカに☆彡

駆動系がピカピカに☆彡

その他にもホイールやケーブルなど、大事な箇所を調整していただきましたです。あと洗車もしていただいてピッカピカ!

ホイールが進むようになった!?

Wiggleで購入したレーシング1は、そのままずっと使ってましたが、この度初の調整となりまして、これがまた真っ直ぐ進むようになったような!? とにかくよく回ります。

駆動系をピカピカにしていただいたおかげで抵抗が減ったのかな? 本当によく進むぞぅ。今まで、いったいどれだけ重たい自転車だったのだ!?


ターマックがどんどんS-Worksに近づいていく件

BBがS-Worksになったよ!

BBがS-Worksになったよ!

この度のオーバーホール、もうね、本当にやってよかった! マジでターマックが生まれ変わって新車みたいに軽快です! しかもね、隠れたところでどんどんグレードアップしてるw

BBがS-Worksになった

今回のオーバーホールで一番変わったBBですが、このベアリングがななんとS-Worksになりました!

通常のBBとどう違うのかというと、自分は割れたBBしか知らないので、「まぁエライ違いぜよ」としか言えないのですが、「S-Works」という響きが良いじゃない!?

S-Works化が進むMyターマック

これで僕のターマックはどんどんS-Works化しているわけです。S-Works化したところと言えば・・・。

サドルはS-Works ローミン

まずS-Works化した箇所がサドル。黒いサドルが欲しいという見た目の理由でS-Worksサドルに取り換えて、以来ずっと同じサドルです。端っこが擦り切れてきたので、そろそろ交換時!?

ステムもS-Works

次いでS-Works化したのがステム。ステムの角度をスローピングに合わせたいという見た目の理由でS-Works CLP Multi Stemの12度に交換。シムを交換することで±8度~±16度に調整可能です。

次なるS-Works化は・・・!?

ここまで来たら、ターマックのS-Works化をさらに推し進めるしかないでしょう! あとできるのはハンドルとシートポスト、クランク、ホイールくらい!? あ、フレームもあったw

自転車屋さん、本当にありがとうございました! あぁ週末が待ち遠しい! 今週末はヤビツか奥多摩いくぞ~!


ロードバイクメンテナンスノート「シマノ編」

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-Bicycle Components
-,