boriko's bunkum

ロードバイク初級者のスペシャライズド・ターマックと写真ブログ

Bicycle Components

今さら?今だから? クリンチャーと比較してチューブラーを選ぶべき理由はあるのか?

にほんブログ村 ロードバイク
クリンチャーかチューブラーかで悶々とする日々

チューブラーは実際どうなのよ!?

健康診断に備えてお酒を控えていたら、暗黒面に落ちてきたborikoです。いや、本当の理由は健康診断じゃない。違うんだ! 本当は・・・、本当は・・・! チューブラーってどうなのッ!? ねぇッ、どうなの!? ッどうなのよ!?

という訳で、いつもいつも悩ましい、クリンチャー vs. チューブラーについて、初歩の初歩から考えることにしました。ホ、ホイールほしいとか、そういうのじゃないんだからねッ!

スポンサーリンク

タイヤは走りと生死に直結する最も重要なパーツ

車輪で動くものにとって、タイヤほど重要なものはありません。加減速やカーブの曲がり具合、乗り心地、燃費(パワーの浪費具合)など、運転性に直結する要素すべてに影響を与えるのがタイヤです。

ロードバイクのタイヤは3種類

ここら辺は、皆さんのほうが断然詳しいはず。自分の中で整理するために書きますと、ロードバイクのタイヤはクリンチャーとチューブラー、チューブレスの3種類。しかし、チューブレスってMTBやバイクでは普及してるのに、ロードバイクでは広まりませんね。という訳で、ここではクリンチャーとチューブラーについて考えるのであります。

クリンチャーとチューブラーの違いは何か?

クリンチャーとチューブラーの一番の違いは、その構造。

クリンチャータイヤは、ママチャリなどと同じ構造で、リムとタイヤをはめ込み、中にチューブを閉じ込めてある物です。

一方、チューブラーはというと、

チューブラーは、タイヤの外壁の中に、チューブが縫い込まれている物で、空気入りのタイヤが発明された当時の構造です。

出典:クリンチャーとチューブラーの違いは何ですか?(Yahoo! 知恵袋)


クリンチャーとチューブラーのメリット・デメリットを比較する

構造が違えば、メリット・デメリットも違うのが常。クリンチャーとチューブラーのメリットをまとめてみると・・・。

クリンチャーのメリット

クリンチャータイヤのGP4000S2は安心のクオリティ

クリンチャータイヤのGP4000S2は安心のクオリティ

◎製品が豊富でいつでも簡単に手に入る
◎着脱が簡単(ホント?)で、すぐ走行できる
◎パンク修理は中のチューブ交換だけでOK

クリンチャーのデメリット

・・・なんかあるかね??

チューブラーのメリット

一度は履いてみたいチューブラーGP4000S

一度は履いてみたいチューブラータイヤ

一方、チューブラーのメリットとして、よく挙げられているのが以下の点。
◎速い(らしい)
◎パンクに強い(らしい)
◎軽い(タイヤもホイールも軽くできる、らしい)

チューブラーのデメリット

◎値段が高い(安いものは品質に難あり、らしい)
◎テープを剥がしづらい(らしい)
◎嵩張る
◎耐久性(タイヤによっては3,000kmもたない?)


もし自分がチューブラーを運用するとしたら?

コスミックカーボンSLEは、クリンチャーでもディープリムという選択肢。

コスミックカーボンSLEは、クリンチャーでもディープリムという選択肢を与えてくれる。

今までずっとクリンチャーを履いてきて、チューブラーにしたらどうなるんでしょう(ホイールの話は置いといて)。チューブラー導入で最も懸念されるのが以下の点です。

①チューブラーで通勤はどうなる?

毎月400km~700kmほどロードバイクに乗ってまして、そのうち100~150kmくらい通勤で使っています(社内に持ち込むので駐輪は問題なし)。ちょっぴりカオスな山手通りやカオスの極みの明治通りは、急制動せざるを得ないときが少なくありません。通常のロングライドよりもハードな用途で、チューブラーの耐久性は大丈夫でしょうか。

②チューブラーでパンク修理は克服できる?

実は、今までサイクリング中にパンクを経験したことがありません。なので、クリンチャーでもタイヤ・チューブ交換が超下手です。さまざまなブログを見ていると、チューブラーのパンク修理は大変なような、そうでないような、よく分かりません。パンクの神様にお祈りするしかないのでしょうか。

③チューブラーで運用コストは上がる?下がる?

やはり気になるコストの問題。もし、もし、万が一チューブラーにしたら、使ってみたいタイヤがありまして、それが「コンチネンタル(Continental) スプリンター チューブラータイヤ 22mm」であります。現在、Amazon帝国で6,890円也(7月30日現在)。Wiggleで「コンチネンタルSprinter」を検索すると4,486円(7月30日現在)。おぅ、これはひょっとして?

クリンチャーで絶賛愛用中の「Grand Prix 4000S2」はAmazon帝国で5,480円(7月30日現在)。Wiggleでは4,987円。チューブは2本で約1,500円(Amazon帝国)なので、おおぅ!? Wiggleでタイヤを調達すれば若干お得かも? ただ、スプリンターがGP4000S2のように3,000kmもつか分からんし、そもそも気に入るかも分からぬ・・・。

④チューブラーでトキメクか?

問題はコレよ、コレ。耐久性とコストでクリンチャーと遜色ないならチューブラーに手を出すのは簡単なんだけど、何だかあと一歩踏み込めない。なぜだ、どうしてだ? カーボンチューブラーなんて、真っ黒でカッコイイじゃないか!?

踏み込めない理由のひとつが、最近BORAやマビックをはじめ、普段使いできそうなカーボンクリンチャーがどんどん出てきてること。ディープでアルミリムの銀色が邪魔しない、純粋真っ黒なホイールを「クリンチャー」で選べる時代なのです。プロはともかくとして、コンシューマーはクリンチャー押し。自分も今までのシステムを崩してまでチューブラーに行くかなぁ、どうかなぁ。。。冒険しないboriko君にとって、システム変更はかなりハードル高いぞ・・・。

レーシング1を超えられるか?

ぐぬぬ、晴れぬ。気持ちが晴れぬでござる。どうせチューブラーなりカーボンクリンチャーを導入するなら、せめて重量的・走行感覚的に今履いているレーシング1 + GP4000S2を超・・・

べ、べ、別に本気で考えてるわけじゃないんだからねッ!




コンチネンタル(Continental) スプリンター チューブラータイヤ 22mm

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-Bicycle Components
-,