boriko's bunkum

ロードバイク初級者のスペシャライズド・ターマックと写真ブログ

Training

ローラー練で速くなるは本当! 脱ロードバイク初級者を目指すならパワートレーニングをすべき!?

2016/01/30

にほんブログ村 ロードバイク
ローラー練習を続ければ、ロードバイクは速くなるのか?

ローラー練習を続ければ、ロードバイクは速くなるのか?

通勤でガチ漕ぎするよりも固定ローラー練習のほうが効率が良いのでは!?と感じ始めてるborikoです、こんばんみ。今日もローラー練習の話題です。お題は「不思議な心拍君」。

スポンサーリンク

ローラー練習をすれば実際に速くなる!

さて、まずはご紹介させてください! いつもお世話になっているTaQさんが非常にタメになる記事をアップしてくださっています!

パワートレーニングはパフォーマンス向上に寄与する

詳しい内容はぜひTaQさんのブログをご覧いただくとして、すごいことですよ! 有酸素域でも10~15%のパフォーマンス向上が見られたんですって! すごい、すごい! 理論にもとづいて継続するって、力だわぁ。゚(゚ノД`゚)゚ TaQさんほどでないにしても、続けたら結果がついてくるんだと希望が湧いてきます。

パワーデータに関しては、FTP関係など有酸素能力は軒並み上昇。~中略~ まとめると、有酸素域のパフォーマンスが向上したため、レースの成績も向上した と言えるのではないでしょうか。

出典:パワートレーニングは本当に効果があるのか?8ヶ月間のパフォーマンスを比較してみた


心拍は絶対的数値となり得るか?

TaQさん(と「みつザップ」隊長)はパワートレーニングという、パワーメーターを使ったトレーニングをしていらっしゃるようです。一方、僕にあるのは心拍計だけ。心拍って、結構アイマイじゃありません??

心拍では瞬間の負荷を計れない

まず、心拍計では瞬間の負荷が計れません。スピード上げていって体がきつくなって来るに従って心拍が上がってきますから、タイムラグがあるのですな。なので、メディオをやっていても、心拍がメディオ(最大心拍数の80%)になるのは中盤以降という・・・。

同じペース(負荷)なのに心拍が異なる

同じ負荷なのに心拍が異なるナゼ?

同じ負荷なのに心拍が異なる不思議

上記のグラフは9月1日(赤線)と8月31日(青線)に行ったメディオを比較したものです。ペースはどちらも同じ35km/h~40km/hで、ローラーの負荷も同じ。気温も同じです。

・・・なのに、なんでこんなに心拍違うんじゃ!? ざっくり見積もって9月1日(赤線)のほうが10bpmも高い。漕いでいてツラさは変わらなかった(はずな)のに、心拍だけ高くて超焦ったですよ。「つけ方間違えたか?」と思って、位置を調整してたら197bpmに到達したし。おかげで、集中力が切れて1本しかできんかった・・・orz

心拍は曖昧な指標

調べてみたら、心拍というのはどうも体調や気分(!)に左右されるものらしい。風邪ひいたり、ホラー映画観たらドキドキするのと同じで、結構体調やストレス状況に左右されるようです。日内変動っていうのもあるしね。なので、心拍はザックリ大まかな指標になるものの、厳密に突き詰めてたい人には適していないっぽ。ちなみに日内変動とは、

脳にある「体内時計」によってコントロールされた、体温・心拍数・血圧等の値や、覚醒-睡眠のリズムが、1 日の中で変動することをいいます。たとえば体温は、生理的に朝方が最低となり、夕方が最高となります。

出典:コトバンク > 生活習慣病用語辞典 > 日内変動とは


やはりパワートレーニング!?

酒の飲み過ぎで不整脈ぎみな僕としては、心拍を当てにし過ぎると9月1日のようにうまくメディオをできないなんてことも。

スピードで管理するとパワートレーニングに近くなる

みつザップことみつさんのアドバイスにありました。

ローラーでやる場合はスピードで管理するとパワトレ的に出来るのでよいと思います!
30kmで20分とか!
この方が徐々にビルドアップ的に心拍が上がって行くので良いと思います!
最初から心拍をメディオ域まで持って行こうとすると最初はかなりスピード上げないとですからねww

出典:みつ より:

TaQさんもパワートレーニングに切り替えてからの効果検証で

パワートレーニングはパフォーマンス向上に寄与する

出典:パワートレーニングは本当に効果があるのか?8ヶ月間のパフォーマンスを比較してみた

と仰ってますし、やっぱり時代はパワートレーニングなのか!? ぐぬぬ、パワーメーター、調べちゃうもんね -_-;)コッソリト




時間が無いサイクリストのためのラクして速くなるロードバイクトレーニング&パワーメーター活用法

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-Training
-,