boriko's bunkum

ロードバイク初級者のスペシャライズド・ターマックと写真ブログ

Bicycle Components

脱ロードバイク初級者への道! 2015年秋、今買える主なパワーメーターの特徴とお値段をまとめみた

2016/05/25

にほんブログ村 ロードバイク
boriko、パワーメーターを考える

よもやパワーメーターを検索するようになるとは思わなんだ・・・

流行りモノにメッポウ弱いborikoは早速パワーメーターを調べているであります。パワーメーターは基本、コンポに組み込んで使いますが、メーカーによって組み込む場所がさまざま。どういうパワーメーターがあるのか分かりづらかったので、備忘録的にまとめてみました。字ばっかりですみません(汗

スポンサーリンク

パワーメーターにはどんな種類があるのか?

パワーメーターは自分のパワーをW(ワット)数で計測してくれる機械です。ほんの数年足らず、パワーメーターの種類がかなり増えたようです。

ホイールのハブに組み込むパワーメーター

一番古くからあるタイプでしょうか? キルシュベルクのパワータップは僕でも知ってる有名どころ。ですが、最近はちょっと影が薄いようですね!? キルシュベルクのほかにホイールのハブをパワーメーターにしてるところってありましたっけ?

■ハブ式パワーメーターの主なメーカー
キルシュベルク

ペダルに組み込むパワーメーター

足の力が直接かかるペダルをパワーメーター化してしまおうという、大胆不敵なアイデアの具現化。ガーミン(Vector)やPOLAR(LOOK KEO POWER)、今年に入って前述のキルシュベルク(P1)が参入しています。

■ペダル式パワーメーターの主なメーカー
ガーミン
POLAR
キルシュベルク

クランクに組み込むパワーメーター

ペダルの延長線上でクランクをパワーメーターにした製品。ROTOR(ROTOR POWER)やパイオニア(SGY-PM910H2)、power2max、Stages(Stages Power)、4iiii Precision、Quarqがクランク用パワーメーターを出しています。

■クランク式パワーメーターの主なメーカー
ROTOR
パイオニア
power2max
4iiii Precision
Quarq

変わりモノ?パワーメーター

ユニークなパワーメーターはまだまだありまして、クランクとペダルの間に取り付ける「LIMITS」は面白いですね。そのほかにも、前述のROTORの「IN POWER」という、クランクのアクスルをパワメ化した製品もあります(IN POWERは未発売?)。また、キルシュベルクがチェーンリングで計測するパワーメーターを開発・発売しています(C1チェーンリング)。

■その他のパワーメーター
LIMITS
ROTOR
キルシュベルク


要注意! クランク式のパワー計測は2種類

調べておりますと、クランク式ではパワーの計測方法が2種類あるようですな?? メリット・デメリットは推測です(汗

片足のみを計るシングルパワー計測

片方のクランクのみにパワーメーターがついており、そのパワーを倍にしてW数を出す方式。メリットは軽くできること、安価にできること。逆にデメリットは左右のペダリングバランスが計測されないこと、でしょうか。

両足のパワーを計るデュアルパワー計測

クランクとチェーンリング両方に計測器がついていて、ペダリングのバランスを見たり、マイナス方向のパワーも計測できたりと、より詳細かつ多彩なパワー計測が可能。デメリットはシングル2個分のお値段・・かな?


今買える、主なパワーメーターのお値段と特徴のまとめ

僕が買える・買う訳じゃありませんyo! 買う・買わないは別にして、価格と特徴をチェックするのは消費者として当然じゃないですか、えぇ。メリット・デメリットは推測ですからね(汗

【ハブ式】パワータップ GSの特徴

powertap GS

まずはキルシュベルクのパワータップ GSから。DT Swiss製240SストレートプルハブにパワータップG3トルクチューブを組み込んだものだそうです。

パワータップの価格

◎価格:148,000円(税込・シマノ/スラム)
◎重量:327g
◎測定誤差:±1.5%

パワータップのメリット・デメリット

◎メリット:誤差が少なく、正確(らしい)。
◎デメリット:パワータップをつけたホイールでしか計測できない。

【クランク式】パイオニアSGY-PM910H2の特徴

パイオニアSGY-PM910H2

続いてクランク式のパワーメーターを代表して、パイオニアSGY-PM910H2の特徴をオサライ。クランク式(ペダル式も)はだいたい12~25万くらいのお値段ですねぇ。

パイオニアSGY-PM910H2の価格

◎価格:129,600円(税別)※クランク付属せず。
◎重量:約 62 g
◎測定誤差:±2%

パイオニアSGY-PM910H2のメリット・デメリット

◎メリット:両足計測なのに比較的安価。
◎デメリット:対応クランクがSHIMANO FC-9000/6800だけ。オレ君のターマックはFSAゴッサマーだったぜ(汗

【??式】LIMITSの特徴

limits

最後に取り上げるのは「LIMITS」。片足計測のようです。クラウドファンディングによる製品で個人輸入となります。クラウドファンディングがどういう仕組みなのかよく分かりません。資金が一定以上集まらないと製造・出荷されないのでしょうか??

LIMITSの価格

◎価格:289ドル(34,500円)+送料
◎重量:47 g
◎測定誤差:±2%

LIMITSのメリット・デメリット

◎メリット:お安い!
◎デメリット:Qファクター(ペダルの踏み幅)が広がる。サポートが不安。現時点(2015年9月)の注文で入荷が12月過ぎ。


ロードバイク初級者にパワーメーターは必要か?

パワーメーターの効果はTaQさんみつさんが高らかに証明しているところ。導入(して、ちゃんとトレーニング)すれば、絶対速くなるのです。

borikoにパワーメーターは必要か!?

PCを閉じるAA

・・・今回は考えないことにしよう・・・
ホイール買っちゃってスッカラカンなのだw


追記(2016年5月25日):パワーメーター買っちゃいました!

2016年5月25日の追記です。遂に、遂にパワーメーターを買ってしまいました(;´Д`) 取り付けからインプレまでは以下の記事でご紹介しています。パワーメーター、楽しいですぞ(・∀・)!

■購入編(重量測定あり)
ROTOR INPOWERでパワーメーターデビュー

■取り付け編
FSAのクランクが外れない!? 奇遇だね、僕もだよ(*´ω`)
さらばゴッサマー! FSAのクランクが取れました(*´ω`*)
ROTORのクランクはターマックにそのまま取り付けできるのか?
遂にROTOR INPOWERを取り付けました! よね?

■インプレ編
クランクとしてのROTOR IN POWERをインプレ!
パワーメーターとしてのROTOR IN POWER、すごくイイです(*´ω`)

■インプレ番外編(ペダル)
ペダル交換するならスピードプレイはどうでしょう?


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-Bicycle Components
-, ,