boriko's bunkum

ロードバイク初級者のスペシャライズド・ターマックと写真ブログ

Bicycle Components

タイムに伸び悩む初級者にオススメ! 『土井雪広の世界で戦うためのロードバイク・トレーニング』

2015/09/17

にほんブログ村 ロードバイク
『土井雪広の世界で戦うためのロードバイク・トレーニング』

『土井雪広の世界で戦うためのロードバイク・トレーニング』は絶対読むべし!

ヤビツ峠挑戦3回目にして、早くも壁にぶち当たってしまったborikoです、こんばんみ。どうすれば、この壁を越えることができるのか?? 思い悩んでいたところに、すっごい良書に出会いました! ロードバイクで伸び悩む、そこの僕やあそこのアナタ、土井さんの新しい本はぜひ読むべきだよ!

スポンサーリンク

土井雪広の世界で戦うためのロードバイク・トレーニング

土井雪広の世界で戦うためのロードバイク・トレーニング』は2015年8月発売のバリバリの新刊。しっかし、この内容が特にロードバイク初心者や(僕のように)トレーニングのやり方がチンプンカンプンな人に良いと思うんだ。

内容は、実は初心者向け!?

さて、ざっくり読んでみたところ、タイトルにあるように「世界で戦う」というよりは、むしろ速くなりたいと思っている初心者・初級者、中級者にピッタリな感じ。もちろん、本の中で「プロは『普通』を徹底している」ことが書かれているし、近道がないことは多分ホントにその通りだと思います。

言い換えれば、『土井雪広の世界で戦うためのロードバイク・トレーニング』に書いてあることをやっていれば、初級者なら絶対速くなれるし、(才能があれば)プロにだってなれちゃうかもしれない(言い過ぎか!?)。トレーニングをやり込んだ人には目新しいものはないかもしれないけど、初めての人にはとっても開眼な本なのです。


土井選手の新刊で印象に残ったこと

土井雪広の世界で戦うためのロードバイク・トレーニング』を読んでいて、特に「ヘェ~」と思ったのが、ポジションと機材、そしてTSS(FTP)について。

ホイールは30~50mm!!

ホイールは極端なヒルクライムじゃなければ、30~50mmあれば必要十分とのこと! むしろディープリムOKなニュアンス(もちろん、軽いカーボンディープリム)!! こ、こ、これは、コリマ47mmを買ったばかりのオレ君大正解!?

ポジションは普通を追求すべき

残念なことに本が手元になくって引用できないので、記憶を頼りにしています。土井選手によれば、ポジション(フレームサイズも)は「普通」であることが大事とのこと。プロとアマチュアの違いは・・・たしか筋力(体幹など)の違いだそうで、プロでもステムやサドル高が極端だったとしても、乗ってるポジションは「普通」なんだって。その「普通」が何かって!? 忘れたよwww 本買って読んでねwww

FTPとTSSは強くなるために欠かせない

一番の目から鱗は、FTPとTSSでした。FTPというのは「1時間走れる力」のこと。TSSは「FTPで1時間を走ったとき100になる」数値で、要は疲れ具合のこと。このTSSが今のトレーニングで大事なんだって! FTPじゃないよ、お間違えなく!

このTSSをしっかり管理しないと強くなれないんだそうな。ほぇえ、まったくどういうこったい!?


FTPとTSSで強くなるサイクルをつくる

なんでTSSが大事かというと、疲れ具合を知ることで休憩すべきタイミングが分かるから!

オーバートレーニングが分からない

アマチュアでやっていて、特にローラー練習を始めると、「いつ休息日を入れたらいいんだろう!?」というのが分かりません。「どれくらいの強度をどれくらいの頻度でトレーニングしたら休めばいいんだぜ?」というのが分からないのです。それを知る目安がTSSというやつ。

TSSが一定限度を超えたら休むべき

土井選手の本によれば、TSSが一定の限度を超えたら休息が必要とのこと。なお、土井選手によれば、ホビーライダーがその限度に達するのはかなり大変で、休息日はそんなに気にしなくていいそうな。

TSSを知るにはパワーメーターが不可欠!?

TSSのことを厳密に知るには、FTPを測るパワーメーターとTSSを教えてくれるアプリ(ゴールデンチーターのような)が不可欠。僕はそもそもパワーメーターがないので、FTPを知ることができません(滝汗)。あぁ、やっぱりパワーメーター買おうかな・・・。


次なるヤビツ峠挑戦と自分へのご褒美

土井選手の本を参考に、次のヤビツ峠挑戦をもくろみますよ! 自分にはニンジンが必要だw なので、ニンジンぶら下げて走るのだぁ。

目標はヤビツ峠40分切り!

目標はもちろんヤビツ峠40分切り! 4分近く短縮しないと達成できない、偉大なる挑戦ですf^^;) 4分なんて、そう簡単に縮まるもんじゃない。なので、ご褒美を考えましたよ!

ヤビツ峠40分切ったらフレーム買う!

特に意味はないのですが、ヤビツ峠(名古木から頂上まで)40分切ったらフレーム買うのだ!! フレームっていうのは、エライこったよ。本体買い直すのと同じ意味だもん。なので、ハードルをもっと上げようw 38分台をめざそうじゃないか! 39分じゃなくって、あくまでその上の38分台(38分59秒でOKw) 。40手前の今がラストチャンスさw なお、嫁様の承認はこれからです!!

万が一(!?)38分台になったら買ったる! S-Works買ったるど!! 4分じゃないよ、最大6分の短縮だ!! それまでは今のフレームが折れるまで使い込んだる! これがオラのニンジンだぁ!!
※今のフレームが折れた場合は除く・・・-_-;)


繰り返しますが、嫁様の承認はこれからです!!




土井雪広の世界で戦うためのロードバイク・トレーニング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-Bicycle Components
-, ,