boriko's bunkum

ロードバイク初級者のスペシャライズド・ターマックと写真ブログ

Road Bike

ロードバイクは軽いが正義!? S-WorksルーベSL4とターマックスポーツの重さを量ってみよう!

2016/04/21

にほんブログ村 ロードバイク
S-WorksルーベSL4とターマックスポーツの重さを量るよ!

S-WorksルーベSL4とターマックスポーツの重さを量るよ!

ワタクシ、かねてより気になっていたことがあるんです。それは多分、ロードバイク乗りなら誰もが一度は気にすること。そう、ロードバイクの重さです! 今回、遂にロードバイクの重量問題というパンドラの箱を開けてしまいました!

スポンサーリンク

ロードバイクの重さを知ろう!

最近、どんどん軽量化しているロードバイク。普段乗っているロードバイクの重さ、量ったことありますか?

UCIが定める重量は6.8kg以上

自転車の重量はUCIによって規定されています

自転車の重量はUCIによって規定されています

競技目的のロードバイクについてあれこれ規定しているのがUCI(国際自転車競技連合)です。『CLARIFICATION GUIDE OF THE UCI TECHNICAL REGULATION(技術規則の明確化ガイド)』という、サイクルロードレースで使用できる自転車のポジションや素材、形状を定めたガイドラインの中に、重量の規定(ARTICLE 1.3.019)もあります。

The minimum weight of the bicycle (in working order) is 6.800 kg, considered without on-board accessories in place, that is to say those items that may be removed during the event. The bottles, on-board computers and GPS systems must be removed during the weight check. However, the bottle cages, fixture systems and clipped -on extensions are part of the bicycle and stay in place during the weighing.

【翻訳】
自転車(使用状態)の最小重量は,競技中に取り外されるかもしれない種類の車載付属品なしで適切に考慮されて, 6.800kg である.ボトル,車載コンピュータおよびGPS システムは重量チェック中には取り外されなければならない.しかし,ボトルケージ,取付けシステムおよびクリップオン・エクステンションは自転車の一部であり,計量中は取付けておく.

出典:CLARIFICATION GUIDE OF THE UCI TECHNICAL REGULATION
※PDFが開きます。

最近のロードバイクは余裕で6.8kgを下回る

メリダのスクルトゥーラ

メリダのスクルトゥーラは完成車で4.5kg!

6.8kgの重さというのは、スーパーでお米とちょこっとビールを買い足したくらいの重量。片手でラクラク運べるくらいです。ところが、最近のロードバイクはどんどん軽量化していて、UCIの6.8kgを余裕で下回るものがいっぱい出てきています。

超軽量フレームとして、ちょっと思いつくだけでも、メリダのスクルトゥーラ(730g ※完成車で4.56kg!)、トレックのエモンダ(690g ※完成車で4.65kg!)やスコットのアディクト(710g ※完成車で5.86kg!)と、まぁあるわあるわwww 軒並み1~2kgも規定重量から軽いじゃないですか!


ロードバイクに軽さは必要か?

クマゴクリ

ロードバイクは軽いが正義じゃないの!?

どんどん軽くなるロードバイク(財布の負担は重くなる^^;)。そのトレンドにフタをするかのようなUCIルール。そもそもロードバイクに軽さは必要なんでしょうか(という、禁断の扉をノックするであります(`・ω・´)ゞ)?

軽量化なんかしても速くはならないよ?

クマー

2ch自転車版の煽りスレとして有名(!?)な「軽量化なんかしても速くはならないよ?」。重さと速度という、ロードバイク乗りならみんな気になる(?)キーワードで問題提起し、毎回小規模な炎上を繰り返しているエンターテインメントなスレです。それによると、

まず勘違いして欲しくないのは、 軽量化によってスピードアップはしません。常識的には信じられないかもしれませんが、物理的に証明できる事実です。カンタンに整理しますと重いより軽い方が、加速は良くなります。上りも速くなります。ここまでは当然です。ただし、平地の巡航速度は変わりません。

出典:軽量化なんかしても速くはならないよ?(20g)

さて、どうでしょう? 取りあえず、軽量化により上りと加速の速度は向上するというコンセンサスは形成されているようですが、平地巡航を含めた全体で見ると・・・?


ロードバイクの重さを量ってみよう!

ひょうたん型吊り下げ秤デジタルスケール

計量にはひょうたん型吊り下げ秤デジタルスケールを使用

話しが脱線しまくり! 本日の本題へ入りましょう! 我がスペシャライズドターマックスポーツとデゲンコルプさんのS-Worksルーベの重さを量ってみました!

重量を公表しない方針のスペシャライズド

ほかのメーカーと違って、スペシャライズドはロードバイクの重量を公開していません。公表値と実測値のズレに起因する訴訟の可能性や軽量化技術の競争力に課題があるのか、そもそもスペシャライズドの哲学として「重さよりも重要な指標がある」のか、定かではありませんが、とにかく重さは非公開。う~ん、気になっちゃうじゃないですか!

計量には「ひょうたん型吊り下げ秤デジタルスケール」を使用

計量に使ったのは「ひょうたん型吊り下げ秤デジタルスケール」。アマゾンにて1,200円也。秤量は20g~10kgで、5g単位で量れます。手などでぶら下げて量るため、厳密な計量には向きません。まぁ見た目もカワイイし、良いではないですかw 大まかな重量が知りたいだけなのですから^^


ターマックスポーツとS-Worksルーベの重さは!?

では、量ります! ドキドキ。まずはデゲンコルプさんのS-WorksルーベSL4から!

S-WorksルーベSL4のスペック

S-WorksルーベSL4の重さやいかに!?

S-WorksルーベSL4の重さやいかに!?

S-WorksルーベSL4のスペックは以下のとおりです。

◎フレーム:49
◎ハンドル:メーカー不明(デダ?)
◎ステム:デダ・ゼロ1
◎前後ブレーキ:アルテグラ
◎レバー:アルテグラ
◎前後ディレイラー:アルテグラ
◎スプロケ:11-28(アルテグラ)
◎クランク:アルテグラ
◎ペダル:Look Keo Classic 2(限定カラー)
◎シートポスト:Specialized CG-R
◎サドル:TOUPÉ EXPERT
◎ホイール:レーシング1
◎タイヤ:コンチネンタルGP4000S2
◎ボトルケージ(2個)、ライト、ガーミンマウント付き

S-WorksルーベSL4の重量は7.5kg

S-WorksルーベSL4の重さは全部込みで7.5kg!

S-WorksルーベSL4の重さは全部込みで7.5kg!

気になるS-WorksルーベSL4の重さはジャン! 全部込み込みで7.5kgでした!! おぉ~。こりゃぁちょっとがんばれば、あっという間に6kg台じゃ! どおりで持ったとき、軽いと思ってたんだわ~。納得の軽さでありました^^

ターマックスポーツのスペック

ターマックスポーツの重さやいかに!?

ターマックスポーツの重さやいかに!?

続いて、気になって気になってしょうがなかった(笑)オレ君のターマックスポーツ。2012年モデルで、一番下のグレードだけにどうでしょうか!? ドキドキ

◎フレーム:54
◎ハンドル:メーカー不明
◎ステム:S-Works Multi Stem
◎前後ブレーキ:アルテグラ
◎レバー:105
◎前後ディレイラー:105
◎スプロケ:12-25(アルテグラ)
◎クランク:FSAゴッサマー
◎ペダル:アルテグラ
◎シートポスト:スペシャライズド製(品名不明)
◎サドル:S-Works Romin
◎ホイール:Corima 47mm S
◎タイヤ:スプリンターゲータースキン(前)/スプリンター(後)
◎ボトルケージ(2個)、ガーミンマウント付き

ターマックスポーツの重量は約8.1kg

ターマックスポーツの重さは約8.1kg!

ターマックスポーツの重さは約8.1kg!

ジャジャン、8.08kgだ!! オレ君の2012年製ターマックスポーツは約8.1kgでした! おぉ~、思ったより重くないですな(軽くはない)^^ コンポを換えると、7.5kgくらいまではイキそうだ。ぬはは、あぁ~良かった。10kgとか出たら、どうしようかと思ったですわ^^

という訳で、スペシャライズドターマックとルーベの重量比べをお届けしました! 今週末は山いくどー!!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-Road Bike
-, ,