boriko's bunkum

ロードバイク初級者のスペシャライズド・ターマックと写真ブログ

Training

なんちゃってパワートレーニングでめざせ250W! ヒルクライムTTに必要な平均出力を考える

2016/04/21

にほんブログ村 ロードバイク
ヤビツ峠40分切りに必要なパワーを考える

ヤビツ峠40分切りに必要なパワーを考える

最近、ロードバイクの軽量化とかヤビツ峠TTとかに手を出し始めて、何をめざしているんだかワケワカメ君状態ですが、まぁいいのです。楽しいんだから! という訳で、飽きずに先日のヤビツ峠TTなどをもとに、ロードバイク脱初級者に必要なW数について考えてみました!

ちなみにワタクシ、パワーメーター持ってません。パワートレーニングの知識もありませんので、正確に知りたい人はちゃんとしたサイト『パワー・トレーニング・バイブル』などの書籍をご覧くださいませm(_ _)m

スポンサーリンク

タイムトライアルで必要なパワーの種類

ロードバイクの楽しみ方が数ある中で、タイムトライアルは正直地味(失礼!)でストイックな分野かもしれません。

持続的に高出力を維持する力が大事!

タイムトライアルですので、敵はタイム(経過時間)のみ。これがレースのTTだと、相手チームとの競り合いになりますが、いかんせん自分で勝手に目標立ててやってるもんですから、純粋なライバルは前回の自分のタイムとなります。当然、クリテなどのように、アタックがかかることもありません。なので、1人TTのときは、前回のタイムを上回るスピード(出力)を維持すればよい! ということですな!!

・・・という、ごく当たり前のことに、ワタクシ、この前のヤビツ峠でようやく理解したですよ、ホホ^^;)


ヤビツ峠&都民の森ヒルクライムTTのパワーを調べよう!

さて、それでは僕がよく行くヒルクライムスポットでTTをする際、どれくらいのパワーが必要なんでしょうね?

ヤビツ峠で40分切りするために必要なパワー

ヤビツ峠で40分切りを達成するために必要な平均パワー

ヤビツ峠で40分切りを達成するために必要な平均パワー

酒井 智巳のサイト」という個人?の方が作成したヒルクライムの出力計算をもとに、ヤビツ峠で40分切りに必要なパワーを計算してみました。コース全長、標高差、目標タイム、体重、自転車重量(携行品含む)を入力して、「計算」ボタンをポチットな。39分台を達成するのに必要な平均出力(パワー)は255Wと出た!

ヤビツ峠での実際の出力は?

ヤビツ峠の自己ベスト推定W数

ヤビツ峠の自己ベスト推定W数

一方、実走したときの出力はどうかというと・・・僕ぁ、パワーメーター持ってないので、正確に分からんのねん^^;)。ということで、STRAVAの推測値を使うと、227W! この出力で41分1秒でありました。先ほどの出力計算表で「目標タイム」に41分と入力すると240Wになります。まぁ近からず遠からず? 大まかな目安にはなる・・・かなぁ。

都民の森で1時間切りするために必要なパワー

都民の森TTで1時間切りに必要なパワー

都民の森TTで1時間切りに必要なパワー

続いて、檜原村役場から都民の森までの恒例ヒルクライムポイント。目安と言われる1時間(60分)切りに必要なパワーは214W! おぉぅ、案外低い!?

都民の森の自己ベストは??

都民の森の自己ベスト

都民の森の自己ベストは211W

一方、ワタクシの都民の森の自己ベストは1時間2分です。寿司屋さんのライドにお邪魔したときですな。もう2カ月か、懐かしいのぅ(^^)。そのときのSTRAVA推測パワーは211W! おぉ~っと、これはかなり近い!! ちなみに、都民の森を50分切りで上ろうとすると、同じ条件で必要なパワーは264Wになります。なるほどなるほど。


ロードバイクのトレーニングで大事なこと

やはり、具体的な数字(目標値)が見えてくると、トレーニングのやる気が出るのぅ。そこで、またしても当たり前のことにようやく気がついてしまいました(滝汗)

練習で出せないパワーは実戦でも出せない

もう、ホント当然っちゃ当然なのですが、練習で出せない(維持できない)出力を本番で出せるわけがありません! ヤビツ峠40分切りで必要(と推測される)な250W以上の出力なんて、今まで出したこともありませんでした。なので、8月末から始めた固定ローラーでのメディオ練を見直さなくては!

本番に近い出力を維持できるように練習メニューを変更

10月からトレーニングの出力を上げてみた

10月からトレーニングの出力を上げてみた

という訳で、最近はメディオ1本あたりの出力を(これもミノウラの推測値ながら)本番に近い数値に上げてみたのです。これがまた、ツラいのなんのwww 今まで20分×2本できて、まだゆとりがあったものが、高出力にした(ローラーの速度を上げた)ら15分×2本が精いっぱい。しかも、翌日もぼんやり筋肉痛(太ももと腹筋)が残るという。ひぃ~、こんなんでいいんかのぅ。。。(;´・ω・)

やればやるほど膨らむ疑問

ローラーの速度(負荷)とSTRAVA推定パワーという、非常にあやふやな数値をトレーニングの目安としておりますと、まぁ疑問続出。もぅ、わかんないことだらけだな、こりゃw

疑問1 トレーニング内容は正しいか?

今、ちょっと気になっているのがコレですな。間違った数値を頼りにして、まったく成果がなかったらどうしようwww 時間の無駄wwww メディオしかやってない(体力的にできない)ので、11月末にある大磯クリテの強烈な加減速に絶対対応できないという問題も。うぅ、どうしたもんか。

疑問2 休息日は必要か?

土井選手の本や、自転車ブログ界隈でお馴染みのお悩みネタ。まさか自分も真剣に悩むときがこようとはwww いやぁ、たまに本気で疲れが残るときがありますですよ。お腹もクレイジーに減るし。オラのTSSはなんぼなんじゃ・・・。

疑問3 出力が速度に直結するとは限らない?

いつも参考にさせていただいている寿司屋さんのブログで読んだ考察が、今もずっと頭に残っているであります。出力を速度に結びつけるために「効率」が必要というのは理解したですが、現状、パワー出すのに精いっぱい過ぎて「効率」のところまで思い至ってないですのぅ。

とまぁ、こんな感じで、トレーニングは順調(!?)ですwww あぁ、パワーメーターほしいわぁ(;´Д`) むしろ、デュラのクランクのほうがほしかったりして・・・


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-Training
-, ,