boriko's bunkum

ロードバイク初級者のスペシャライズド・ターマックと写真ブログ

Bicycle Components

パワーメーター導入を考えていたはずなのに! 思い浮かぶのはデュラエースのクランクのことばかり

2016/04/21

にほんブログ村 ロードバイク
ターマックスポーツにパワーメーターは導入できるのか?

ターマックスポーツにパワーメーターは導入できるのか?

先日のジャパンカップで試したパイオニアのペダリングモニター。そのときのバイクに装着されていたデュラエースのクランクの感触が忘れられないborikoです、こんばんみ。そこで、有り余る物欲にまかせて、パワーメーター導入で気をつけるべきことと、気になるクランクについて調べてみました。

スポンサーリンク

パワーメーターを導入するなら、やはりあのメーカー?

ペダリングモニターはとても楽しい自転車ガジェットだ!

ペダリングモニター、楽しいンゴ

まず、ワタクシ、パワーメーターを導入するとなったらパイオニアのペダリングモニターにしたいと思っております。

パイオニアのペダリングモニターが良いと思う理由

捕らぬ狸の皮算用ですが、もしパワーメーターを導入するなら、パイオニアのペダリングモニターはやっぱり魅力的。なぜって、パワーに加えてペダリング効率も計れるんですもの。効率=推進力?というのがどういうことか、数値でもって見てみたいというのがあります。

まだまだある、パイオニアペダリングモニターの魅力

パイオニアの魅力はペダリング効率だけではありません。左右に分けて取り付けることができるので、右側をデゲンコルプさん、左側を僕が使うなどの2人で1セットを共有することが可能なのです。僕だけが高い機材を導入すると反感を買うでしょうが、2人でシェアすればお互い満足。しかも、パワーメーターを2人分買うよりお買い得。まさにパワーメーターのハッピーセットでございます^^


パワーメーター導入の壁はコンポーネント

ターマックスポーツのコンポーネントは10速仕様で旧タイプ

ターマックスポーツのコンポーネントは10速仕様で旧タイプ

購入動機を満たすに十分な魅力を持つペダリングモニターですが、とても大きな問題がありました。それがワタクシのコンポーネント問題です(;´Д`)

ターマックスポーツのコンポーネントが旧型

ワタクシのターマックスポーツは、モデルとしては2013年モデル(購入は2012年暮れ)となっています。当時は10速から11速への過渡期で、一番下のグレードのターマックスポーツ(当時価格、割引込みで14万円ちょい)は105の10速仕様でした。時代は流れて、今や11速全盛期。デゲンコルプさんのS-Worksルーベも11速で、しかも総アルテグラ仕様です。僕のターマックとは変速機からクランクから、ぜーんぶ互換性がないのです( ;∀;) ※ホントは使えるのかもしれないけど、どうなんでしょうね。。。

コンポーネントの総入れ替えが必要

という訳で、パワーメーターを入れるなら、オレ君のターマックスポーツのコンポーネントを11速対応にしないといけません。まず話はそっからだ。最低限必要なのはSTIレバーとFD、RD、クランクセットでしょうか? ほとんど全部じゃないか・・・orz。こりゃぁ一大事。アルテグラでギリ。デュラエースにしたら購入時の車両価格を完璧超えてしまいますわぃ・・・(;´Д`)


クランクセットの剛性を比べてみよう!

クランクの剛性を比較しているサイトがありました

クランクの剛性を比較しているサイトがありました

どうせコンポーネントを入れ替えるなら、せっかくだから、あのデュラエースにしてみたい! と思うのは世の常!! そこでデュラエースのクランクを調べていた(笑)ところ、クランクの剛性を比較しているサイトを見つけました。一番と思っていたデュラエースのさらに上があるようですね!?

15種類のクランクセットの剛性を検証

とある海外サイトで、主要なクランクセットの剛性耐重量比や歪みが検証されていました。テスト対象はカンパニョーロのスーパーレコードやFSAのSL-K Light、Shimanoのデュラエース、SRAMのRed22など15種類。かなり広範なテストをやったようです。

As a lot of you tuning in already know, we’ve been working on our in-house road crank tests for the last 7 years, with our updates posted alongside all the previously tested cranks. One thing we’ve come to realize is that while some cranks have obvious changes over the years, others have quietly evolved behind the scenes. Because of this and a desire to build a new testing fixture, particularly one that would handle BB30 cranks as well, we decided it was time to retire the old tests and start again with a clean slate.

[抄訳] 過去7年、ロードバイクのクランクセットの室内テストを行い、その間劇的に変化したもの、徐々に向上したものなど、進化の度合いはさまざま。BB30が普及してきた今、これまでのテスト結果を離れ、新しいテストをすることにした。

クランクの剛性が高いと何が良いのか?

クランクの剛性が高いと、何が良いのでしょうか? 固いから効率が上がるというのは“主観”の問題と、件のサイトも述べております。

According to conventional wisdom, the more pedaling stiffness the better. Stiffness implies efficiency, along with the notion of a stiffer bike inspiring confident and responsive handling. As desirable as those traits are, and even after a crank’s stiffness is proven empirically, the outcome still seems subjective—we are simply going by how many people feel more efficient on a bike with a stiff drivetrain. But it’s far from clear whether that tactile, from-my-quads-directly-to-the-road sensation is actually faster. This is the question: is a stiffer drivetrain actually more efficient, or does it just feel that way?

[抄訳] 剛性の高さは効率の良さを意味し、固いほど扱いに自信が持てたり、ハンドリングがキビキビすることを示唆していた。ただ、クランクの剛性を体感できたとしても、結果は極めて主観的だ。ドライブトレインの剛性が上がったことで効率の良さを感じる人はいても、実際どれくらい速くなったのかは分からない。固いドライブトレインが本当に効率が良いのか、それとも、ただそう感じるだけなのか? それが問題だ。

デュラエースクランクの剛性は15種類中12位

という訳で、剛性≠速度という但し書きがありまして、純粋にクランクの剛性をテストしております。その結果、デュラエースクランクの剛性は15種類中12位だそうな。なんだってー!

However in the metrics we were measuring in this test the DA 9000 crank fell just short of mid field. 12th of 15 in total weight, 11th of 15 in deflection and 12th in terms of stiffness to weight.

[抄訳] 今回のテストの結果、デュラエースのクランクは真ん中より下になった。重量では12位、歪みでは11位、剛性耐重量比では12位だった。

すべてをカバーする万能な機材はない

デュラエースよりも固いクランクがあることに驚きましたです。自転車/ロードバイクの機材沼も、カメラのレンズ沼に似て深そうですなwww 一応、先ほどのサイトの結論を紹介しますと、

Well, we aren’t really going to offer much other than to say that when it comes to cycling there really isn’t a universal best. There is a best for a given set of circumstances. Each rider has to decide the aspects that are important for them and their needs, be it weight, aesthetics, price, size, BB compatibility etc…

[抄訳] サイクリングに限ってみれば、どれにでも当てはまる万能なものはない。個々の状況に応じてベストな組み合わせがあるだけだ。自分にとって何が重要か、決めるのは乗り手次第。重量だったり、造形の美しさだったり、価格だったり、サイズだったり、BBの互換性だったりと、さまざまだ。

だってw はぁ~奥が深いわ~www 引用したのは以下のサイト(英文)です。各クランクのレビューなどもあって、とても参考になります。ぜひご覧くださいされ^^ お気に入りのクランクも載ってるかもしれません!?

Fairwheel Bikes
出典:Road Bike Crank Test

取りあえずコンポーネントだけ入れ替えたい -_-;)

もうこうなったら、パワーメーターは取りあえず延期して、コンポだけデュラ、クランクはS-Worksにしちゃおうかしらwwww。それか、取りあえずコンポーネントをデュラエースにしちゃって、あとでデゲンコルプさんのクランク諸共ペダリングモニターを一気に(*`艸´)ウシシシ

ちなみに日本ではS-Worksのクランクは買えないようです。アメリカだと400ドルだって。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-Bicycle Components
-, ,