boriko's bunkum

ロードバイク初級者のスペシャライズド・ターマックと写真ブログ

Bicycle Components

S-Worksターマック限定フレームにやられました

2016/04/15

にほんブログ村 ロードバイク
S-Worksの限定モデルがカッコイイ!

S-Worksの限定モデルがカッコイイ!

数日前、Cyclowiredで取り上げられていたS-Works限定フレーム。ワタクシ、これを見て、久々にビビッときたでやんすよ(;´Д`) 。あぁ、S-Worksいいなというお話でやんす(´・ω・`)

スポンサーリンク

S-Works限定フレームとは?

スペシャライズドのフラッグシップモデルであるS-Works。巧みな商売戦略でしょうか? ちょくちょく限定モデルが出やがるワケです。

サガン・アルカンシェル限定モデルなどの巧みな“限定”カラー戦略

サガンのアルカンシェル限定S-Works

サガンのアルカンシェル限定S-Works

スペシャライズドはUCIワールドツアーのアスタナやティンコフ、クイックステップに車両を提供する、屈指の強豪メーカーです。そのため、強い選手が乗ることが多く、選手の名を冠した限定モデルが出ることも多々。サガンが世界選手権で勝ったのを記念して出た「アルカンシェル限定モデル」なんかはその典型。まさに自転車界のライカ商法ですわ(;´Д`)


一気に5種類の限定フレームを出してきたスペシャライズド

5種類の限定S-Worksフレーム

5種類の限定S-Worksフレーム

「アコギな“限定”商法なんかつられないクマー!」と思っていたら、スペシャライズドさんは畳みかけるように一気に5種類の限定フレームを出してきました(;´・ω・)

S-Worksって何ぞや?

ロードバイク乗っていて、S-Worksをご存じない方は少ないかもしれませんが、念のため。S-Worksはホント世界で勝ちまくっているフレームなのです!

「S-WORKS TARMAC」は重量剛性バランスや運動性能といったレーシングバイクの基本を追求し高性能を実現したオールラウンドロードレーサー。ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリア・ブエルタ・ア・エスパーニャの3大グランツールや世界選手権を筆頭に、数多くのビッグレースで勝利に貢献してきた、スペシャライズドが誇る1台である。

その特徴は、サイズごとにーから設計する「Rider-First Engineered」というコンセプトを取り入れたこと。技術面で協力関係にある英国マクラーレン社の製品開発手法をヒントに「サイズごとに乗り味が大きく異なる」というスポーツサイクルにおける永遠ともいえる課題を解決。ラインアップされる7サイズの全てで最適な乗り味を実現している。

出典:限定製品情報 スペシャライズド S-WORKS TARMACにプロチームモデルなど5つの限定色登場


特に気になったフレームはアスタナとLean!

5種類の限定フレームで特に目を引いたのが、アスタナカラーとLeanというヤツ。むむむ、今までのダサダサなデザインはどこ行ったズラ??

アスタナ限定S-Worksの魅力

洗練されたデザインのアスタナ限定S-Works

洗練されたデザインのアスタナ限定S-Works

アスタナはイタリア人のニバリやアルーが所属するカザフスタンのチーム。薄いブルーが特徴で、ビアンキ乗りの皆さんに怒られるかもしれませんが、少しだけチェレステに見えなくもない(;´Д`)。ちなみに、全然関係ないですけど、チェレステの色はPantone 333(C 38 / M 0 / Y 27 / K 0、3原色ならR171 / G255 / B187または#abffbb)だそうです。

Leanは都会的でカッコイイ

S-Works Leanも都会的で素敵!

S-Works Leanも都会的で素敵!

アスタナと並び、目を引いたのが「Lean」! BB付近の濃いブルーと白のコントラストが良いじゃありませんか! 「Lean」と似た系統で「Mean」というカラーリングもあります。これも中々アグレッシブな感じで素敵! むむむ、妄想が捗っちゃいますw これもどうでもいいことですが、「Lean and Mean」は英語の慣用句で、「野心的、しゃかりき、ギラギラ」という意味や「引き締まった」という意味があります。

スペシャライズドが独自にデザインを施した「Lean」と「Mean」は、それぞれに乗るライダーの世界観をカラーリングで表現。「Lean」は洗練された都会的なイメージに、「Mean」はクラックペイントを用いてアグレッシブなイメージに仕上げられている。限定数は「Lean」が25本、「Mean」が20本だ

出典:限定製品情報 スペシャライズド S-WORKS TARMACにプロチームモデルなど5つの限定色登場

ノーマルカラーのS-Worksも悪くない

S-Worksのノーマルカラーも悪くない

S-Worksのノーマルカラーも悪くない

限定モデルということで「急がなきゃ!」と、マンマと釣られてしまいますが、ちょっと待って。ノーマルカラーも悪くないと思うんですよ。特に、マットブラックや↑の写真のブラック&レッドはかなり好み。お世話になってるなるしまフレンドさんにブラック&レッドが吊るされていて、行くたびにガン見しておりますわ(;´Д`)


妄想と欲望は活力の源

QUATOMOさんのS-Worksを持ち上げて、ワシ大興奮w

QUATOMOさんのS-Worksを持ち上げて、ワシ大興奮w

はぁ、妄想は夢広がりングで楽しいです^^ コンポはどれにしようかなとか、フレームはワンサイズ小さくするとサドルを高くできるなとか、考えるだけでワクワクwww

まずは自分に課したノルマを果たしてから

しかししかし、ワタクシごとき貧脚がいきなりフラッグシップ乗るなんておこがましい・・・orz せめてもうちょっと速くなったら、今のターマックを乗り換えようと決意していたのでありました。その目安がヤビツTT! そう言えば、今年になって1回も行ってないのだ(;´Д`) 去年、ようやくギリで40分切りを果たしましたが、はてさて・・・。今週末、久しぶりにヤビツ行ってみるかのう^^

あぁ、ワシ、スペシャライズドの戦略に見事に釣られてるクマー(;´Д`)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-Bicycle Components
-, , , ,