必要ですか? 富士ヒルクライムに補給食?

富士ヒルの準備は抜かりなく!

富士ヒルの準備は抜かりなく!

ビッグレースに向けて準備は万端でしょうか?? かくいうワタクシも富士ヒルに向けて、着々と仕度を始めておりますよ(*´ω`*) たくさんの願いが通じたのか、5合目はともかく、河口湖の天気は何とか持ちそうだし、絶好のレース日和な予感。という訳で、富士ヒル最後の確認をするのです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目標に合わせたタイム表をつくろう!

まずはタイム表を準備しましょう!これがあるとないとで、エライ違い(*´ω`*)

初参加の富士ヒルで役立ったタイム表

バスさんがつくってくれたタイム表

バスさんがつくってくれたタイム表

去年が初参加だった富士ヒル。そのとき同じチームのバスさんがタイム表を用意してくださったのです。シルバーに必要な目安が2kmごとに記載されていて、とても便利だったのだ(*´ω`*)

シルバーを目標にタイム表をつくってみた

バスさんのをコピペした富士ヒルタイム表

バスさんのをコピペした富士ヒルタイム表

という訳で、今年は自分でタイム表をつくってみました。と言っても、バスさんがつくってくれたものを丸パクリしただけなんですが(;´Д`)

去年はしっかりラミネート加工までしていただいたのですが、僕の取り付けが甘くて途中で取れてしまったのでありました(せっかくつくっていただいたのにすみません(-_-;) なので、今年は紙のままセロハンテープなどでトップチューブにグルグル巻きにしたろっせ。

ヒルクライムってお腹空かない?

タイム表と並んで大事なのが補給食。えっ、ヒルクライムで補給食がいるんですか(゚Д゚;)

長いヒルクライムは腹が減る

佐久ヒルでは途中で補給食を注入

佐久ヒルでは途中で補給食を注入

ウソかホントか、それとも当日の朝ごはんや前日の夜ご飯が足りないのか、ワタクシ、富士ヒルのように長いヒルクライムだと、後半、お腹減ってエネルギーが出なくなるんですわw デゲメンに聞いても「そんなことない、朝ごはん足りない」って言われるですけど、現実にお腹減るんだよぅ(;´Д`)

去年の富士ヒルで初めて20km以上のロングなヒルクライムレースを体験し、後半ヘロヘロでしたでな。その経験を活かして、その年の9月に佐久で行われた「ヒルクライム佐久」(距離23km)では補給食を準備したのです。この作戦が奏功し、佐久ヒルでは後半も垂れずに走り切れましたですよ。

役立ったのはアスリチューン赤とBCAA

補給で役立ったのはアスリチューンとBCAA

補給で役立ったのはアスリチューンとBCAA

んで、このとき役立ったのがアスリチューンの赤とアミノバイタルスーパースポーツというBCAAのゼリー。アスリチューンはレース前、アミノバイタルはレース中盤でゲホゲホ言いながら飲み下しまして元気を維持・回復できました。

写真ではヴァームが写っておりますが、ワタクシの場合、どうもヴァームは入りどころがよろしくないのか、気持ち悪くなってしまいます(;´Д`) なので、最近、とんとヴァーム飲まなくなってしまいました・・・。

アミノバイタルゴールドはどうでしょう??

という訳で、補給食も準備するのです。アスリチューンはまだ在庫があったので、アミノバイタルを補充しなくては。

アミノバイタルゴールドには、さらに多くのBCAAが含まれるんですか!?

アミノバイタルゴールドはどうでしょう??

アミノバイタルゴールドはどうでしょう??

んでアマゾンでアミノバイタルスーパースポーツをゲットしようとしたところ。「こんな商品もあるよ」とオススメされたのが「アミノバイタルゴールド」なるモノ。

その説明書きを見ると・・・なんと、BCAAがスーパースポーツより多く含まれているですと!? BCAAで何度も脳内リミッターを解除されてきたBCAA信奉者のワタクシにとって、「より多い」BCAAの破壊力は凄まじ過ぎました(;´Д`) 迷うことなく、ポチッとな。

運動後って何ですか、運動中じゃダメなんですか(# ゚Д゚)

ゴールドは運動後がおすすめですと!?

ゴールドは運動後がおすすめですと!?

後先考えずにポチッとして現物が無事届きましたぞ。どんな味なのか、どんな効果があるのかワクワク期待に胸を膨らませていた昨夜、おもむろに製造元の味の素HPをチェックしてみたところ・・・

運動後がおすすめ!!! ななな、なんですと、なぜ運動後!? 運動中じゃダメなんですか!? ぐぬぬ、これはワタクシ、またしてもやってしまったのか・・・(-_-;) 同じBCAAでも効果が違うのかしらん? 奥が深いぜ、機能性食品・・・。

という訳で、泣いても笑っても、富士ヒル本番まであと2日。できる限りの準備をして、本番で悔いなく全力でベストを尽くしましょう! えいえいおー!

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
レビュー・インプレ
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    タダノブさん、ありがとうございます!

    今日は富士ヒルでしたね! いかがでしたか??
    1万人以上の参加者というのはすごいものでしたなぁ(;´Д`)

    とにもかくにも今日はお疲れ様でした!

  2. タダノブ より:

    レース観戦のアドバイスありがとうございました.いやもうあっという間に通り過ぎますよね~

    富士ヒル私も出ます!東京ヒルクライムHINOHARAステージとほぼ距離は同じですが,単調な登りが続くのではないかと思います.昔富士山に登ったときに飽きてきてしまったので,飽きが来ない工夫が必要だと感じました.私も美味しい物を携えて行こうと思います.お互い頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました