最近のペダリングモニターは整備不良も教えてくれるようです(´_ゝ`)

パイオニアペダリングモニターはポジション不具合発見器だった!

パイオニアペダリングモニターはポジション不具合発見器だった!

パイオニアペダリングモニターを導入してから此の方、気づきがいっぱい(*´ω`)ペダリングから見えてくることがいっぱいあるものでございます。という訳で、今回はペダリングモニターで分かった、ポジションのズレについて~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペダリングの違和感はどこから?

「左右揃っていれば本当に良いのか!?」という根幹問題はさておき、ペダリングモニター導入当初、ワタクシは右足の違和感(?)に悩んだものでございます(´_ゝ`)

接線方向、広がり過ぎ??

右足のベクトルが外に広がり過ぎ?

右足のベクトルが外に広がり過ぎ?

↑のベクトル画像はペダモニ導入から数日後にローラー練したときのヤツ。このときも磁石擦ってたと思うですが、左右のパワー差はほぼなし。

気になったのは右足のベクトルでございます。何でこんなに外に向かって蹴り出してんねん?? ボーンッと、チェーンリングの外側に力が向かっておりますのですよ。校正もしっかりしておったはずですし、はてさて、何で??

原因はポジションかもしれない

右足が短いのかな?? それで足の長さがクランク回し切るまで足りてないのかな?? と適当に検討つけたみたのであります。

んん、サドルこんなに後ろだったっけ

私のサドル、下がり過ぎ!?

私のサドル、下がり過ぎ!?

ベクトルが伸びてるのと反対方向が足の付け根でありましょうから、右足はペダルに対してかなり後ろから出ているはず。つまり、座る場所=サドル位置が後ろ過ぎるのが問題と睨んだ訳であります。

んで、キャニオンを調べてみたところ・・・。およよ、あれあれ、サドルこんなに後ろにしてたっけな??

自動でサドル後退させるマン

キャニオン乗り始めたばかりの頃はサドルもっと前だった

キャニオン乗り始めたばかりの頃はサドルもっと前だった

気になったのでキャニオン乗り始めた初期の写真を漁ってみますと・・・ありゃりゃ! サドル勝手に後退してる!! 以前はもっとサドル前だったんかwww どおりで、最近やけにキャニオンのハンドル遠く感じるなぁと思ったものでしたよ((´∀`*))ヶラヶラ

サドルを直したらベクトルもきれいになった

原因(?)が分かったらあとは簡単。サドル位置を直せばよいのです(〃艸〃)ムフッ

サドル位置を直してみたマン

サドルを前にずらしてみた

サドルを前にずらしてみた

という訳でサドル位置を直してみました。何度か試乗して調整したのでありますが、気持ち、もうちょっと前でもいいかなぁ・・・

いつ頃からサドルが後退していたのでしょう。気になったので過去画像を遡ってみたところ、どうやら富士チャレの前みたい。200km練とかいう、効果あるんだかないんだか分からず、結局補給不足で死にかけた9月頭のライドで激しくサドルが後退したみたいですな。ネジ緩んじゃったのねm9(^Д^)プギャー

ベクトルがきれいになった

サドル位置を整えたらベクトルもきれいになった

サドル位置を整えたらベクトルもきれいになった

サドル位置を直してローラーしてみた結果! おぉ、右足、きれいに下に踏み下ろせるようになったではありませんか(*´ω`)

その反動でしょうか、今度は左足の力が内側に向かうようになってしまっております・・・・。左右の足の長さの違いなのか、得手不得手なのか、左右は揃わぬものでございます(;´Д`)

もっと実戦でペダリングモニターを試したい

以上、「ペダリングモニター導入したら“おかしくなった”ポジションが分かった」という、整備不良のお話でしたw あぁ良かった、走行中にサドル取れなくて(;´Д`)

タイム測りたいぞぅ。。。

キャニオン&ペダモニでタイムを測りたい

キャニオン&ペダモニでタイムを測りたい

こうもペダリングモニターの話題が続くのは、ネタがない・・・のもありますが、データ集めがまだまだ足りないことの現れ。インパワーは1年かけて得た知識だけど、ペダモニは導入してまだ1ヵ月だもの。そりゃぁ足りない足りない(*´ω`)

そして今一番足りないと思うのは、あそこの峠のあのタイム・・・。測りたい、測りたいぞ、とても測りたいムラムラ”(-“”-)”

という訳で、borikoのペダリングモニター奮闘記はまだまだ続くのでありました(´_ゝ`) あ、でもその前にキャニオン、オーバーホールのメンテナンスに出したいのだった。早く部品届かないかなぁ。。。ウフフ(〃艸〃)ムフッ

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    匿名さん、ありがとうございます!

    修正前のほうが1~2時の効率が良いですかね??
    てっきり3時付近のベクトルが下に向いてればいいのかと・・・。
    うむ~イマイチ見方を理解できておりませぬ(;´Д`)

    ペダリングモニターのグラフの読み方講座に参加したいものでございます。。。

  2. boriko より:

    kumakumaさん、ありがとうございます!

    >コックピット周りのビスは汗で錆びる
    ギクー:(;゙゚”ω゚”): どどど、どうして錆びていると分かったんですか!?

    いや~よもやサドルが緩んでいたとは・・・いずれシートポストがストンと抜け落ちそうで怖いです。
    増し締め、しっかりいたしますだ~(;´Д`)

  3. 匿名 より:

    ポジションの事はおいといて、1時〜2時あたりのベクトルは、修正前のほうが接線方向に近く高効率なのではないですか?

  4. kumakuma より:

    ペダリングの不具合はサドルのポジションのせいやったんですね〜( ̄▽ ̄)
    サドルも含めてですが、ビス留めしてあるとこはちょいちょいトルク管理して締め直してあげないと、走行中に外れたりするんで気をつけてくださいね〜。
    あと、コックピット周りのビスは汗で錆びるので、一年に一度くらいで良いので交換して上げると良いかと思います〜。
    それにしてもパワーの高さが羨ましいです( ̄▽ ̄;)

タイトルとURLをコピーしました