土井雪広選手曰く「ホビーレーサーの分かれ目は2分!」 ならば2分走トレーニングをやってみよう!

1分走を2分にしたら視界が真っ白になったよ
1分走を2分にしたら視界が真っ白になったよ

さて今回も引き続き、ロードバイクのトレーニングのお話。前回、「これが足りない!」と言われた練習(L6・1分走)の結果を書いてたら、それだけでいっぱいになってしまったので、その続きであります。題して、「1分走楽だったから、倍の2分に伸ばしてみたら事象の地平線を見たよ(゚∀゚)」なお話です。

■ローディーに足りない練習を続けた成果
“ロードバイク乗りに足りない”と言われた練習をやったらヒルクライムのタイムが伸びました(゚∀゚)

スポンサーリンク

『土井雪広のロードバイクトレーニング』を引っ張り出す

1分走が効果ありそうなんだから、それで満足して続ければいいのに、人間は欲張りなもの(*´ω`*) もっと欲しい、アレも欲しい、とないものねだりをするのです。

ロードバイクの勝負を分かつ“2分”

懐かしの『土井雪広のロードバイクトレーニング』を引っ張り出す
懐かしの『土井雪広のロードバイクトレーニング』を引っ張り出す

土井選手の本によれば、プロとホビーレーサーの違いは「2分」にあるらしい。FTPがすごいホビーレーサーはすごいいるけど、プロとの違いは「2分」のパワーなんだと。

ワタクシ、ホビーレーサーでも最底辺を彷徨う部類なので、2分の分かれ目は雲の上の上の成層圏を越えたお話。正直「ふ~ん(´・ω・`)」という感じであります。

んがしかし、せっかく1分走を続けてきて、微妙に効果があるようなないような予感があるこの頃。「1分も2分もたいして違いはあるめぇ(゚∀゚)」と、安易に1分走を倍にしてみることにしました。


ロードバイクの勝負を分ける「2分走」の方法

引き続き、土井選手の本を参考にして、2分走のやり方を学びます。なんだ、めっちゃ簡単じゃん(゚∀゚)

2分全力、2分レストでいいですか?そうですか?

2分走は2分全力、2分レストでいいですか?そうですか?
2分走は2分全力、2分レストでいいですか?そうですか?

土井選手の本によれば、2分走のやり方はいたって簡単。2分全力、2分レストだって。

本数はどれくらいやればいいかというと、なんと、“たった”の5本(゚Д゚;)!

ワタクシ、1分全力走(レスト2分)は15、6本くらいなら余裕でできそうな気配(`・∀・´)エッヘン!! ですから、「なんだ、たった5本、10分だけか。余裕じゃん((´∀`))ケラケラ」と思ったのであります。


2分走(全力)の練習をやってみた

満を持して、早速やってみました、2分走(*´ω`*) L6領域とは言え、トータル10分の持続時間は1分走のときに余裕でクリアしております。だから、余裕だと思うじゃないですか。

ちょ、2分走、おまっ、〇す気か!?:(;゙゚”ω゚”):

最初の1本目。10秒、30秒・・・50秒・・はまだ余裕。1分5秒・・・1分10秒・・・アレ呼吸デキナイ、ゼーハー:(;゙゚”ω゚”):

1分18秒・・・1分19秒・・・時計が全然進まんじゃんけ(# ゚Д゚)!

キツい、キツい、キツ過ぎるお(;・∀・) 1分走より強度低い(というか、1分走と同じパワー出せない)のに、キツさが全然違い過ぎる(◎_◎;)

土井選手の本のとおり、5本やるのが精いっぱい(◎_◎;) 何とかやり切ったけど、脚はパンパン、肩で息しても酸素が足りないほど。これは今までの1分走とは全然違う種類の練習じゃないか(;・∀・)

1分走(レスト2分)はやっぱりできる

2分走×5分だと持続時間が10分しかないので、もうちょっと欲張りマンボしようと、1分走(レスト2分)を5本だけ追加してみました。

2分走×5本のあと、1分走×5本を追加してみた
2分走×5本のあと、1分走×5本を追加してみた

するとまぁ、1分走は全然できるじゃないですか(◎_◎;) 前段の2分走にやられてパワーが出なくなっちゃったけど、心肺的なキツさの差は歴然

普段やっている1分走のパワーが低すぎるのか、2分走がずば抜けてキツいのか、1分走と2分走の心拍がエラい違います(2分走のほうが高い)。

L6以上の持続時間が素晴らしい(゚∀゚)

L6以上の持続時間は素晴らしい(゚∀゚)
L6以上の持続時間は素晴らしい(゚∀゚)

一方、気になっていたL5・L6以上の持続時間でありますが・・・

おおぉ、しっかり15分以上になってる! わーいわーい(∩´∀`)∩

1分走と2分走のトレーニング効果が同じなのか、それとも異なるかは不明ですが、トレーニング効率で見るとなかなかヨロシイでありますな(゚∀゚)

1分走・2分走のコンビネーションを週2回やるだけで、L5以上が週30分とは素晴らしいではないですか(*´ω`*) 2分走がツラければ2分の本数減らして、代わりに1分走の本数増やせばいいし、これはちょっと続けてみようそうしよう(* ´艸`)


以上、ロードバイクの勝負を分かつ「2分走」の練習をやってみたら、想像以上にL5・L6の練習効率が良かった! なお話でした。ところで、なんで僕はこんなL5・L6練をやってるんだっけ!? 次回は今のトレーニングの課題と今後のメニューなどを検討してまいりましょうぞ(`・ω・´)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ