ロードバイクが遂に12速に! 新登場SRAM RED eTAP AXSのスゴサをGCN動画で確認しよう(゚∀゚)!

SRAM RED eTAP AXS、12速・最新コンポーネントがでた~!!!
SRAM RED eTAP AXS、12速・最新コンポーネントがでた~!!!

おぉ~遂に出た! 12速の新コンポーネント、SRAM eTAP AXS(アクセス)! ほしい(゚∀゚)! カッコいい(゚∀゚)! でも、どんな何が、どう新しいの!? 我らがGCNがいち早く SRAM eTAP AXS(アクセス) レポートしていたので、ざっくりかいつまんで要約します!

New SRAM RED eTAP AXS – Detailed & Demoedを見てみよう

2月7日未明に発表されたばかりのSRAM RED eTAP AXS。12速化した最新コンポーネントの詳細を我らがGCNがレポートしています!

GCNが解説するSRAM RED eTAP AXS

ご紹介する動画はこちら! 2月6日(日本時間7日)に公開されたばかりで、公開数時間で3万ビューを超える大人気動画になっています。それだけSRAMの新コンポーネントに対する関心が高いのでしょうね(*´ω`*)

実際、どんなコンポーネントなのか、発売前からワタクシも興味津々でありました(゚∀゚)!

SRAM RED eTAP AXSのポイント

ではでは、早速に動画のポイントをかいつまんでみていきましょう。新コンポーネント自体の詳細は、シクロワイアードが日本語でカバーしているので、そちらもご覧くださいませ。

■シクロワイアードの記事
スラム RED eTAP AXS正式デビュー ロードギアの概念を覆す新世代12速コンポーネント

ギア比がeTAP AXSのミソ

12速化のメリットの大きさを伝えるGCN
12速化のメリットの大きさを伝えるGCN

GCNによると12速化のメリットは、ギアの飛びが少なくなって、変速がよりスムーズになること。その一方でギア比は従来と比べてワイドレンジをカバーするので、幅広い状況に対応できます。

SRAM謹製ギアの対応表。どんな坂もいけるでコリャ(゚∀゚)!
SRAM謹製ギアの対応表。どんな坂もいけるでコリャ(゚∀゚)!

こちらSRAMから拝借したギア比の早見表。(前)50/37×(後ろ)10/26はプロが使う仕様だそうで、5.0が重く、1.0が軽いギア比です。12速化したことで、より軽く、またはより重く回せるようになったのが分かりますな。

耐久性が50%アップしたチェーンリング

チェーンリングも大幅進化
チェーンリングも大幅進化

12速化に伴ってフリーハブボディがXDRドライバーになったり、チェーンが薄くなったり、リアディレイラーに油圧ダンバーが内蔵されたりと、随所に進化が見られるAXS。チェーンリングも同様に、夢のある進化がてんこ盛り!

チェーンリングが1つの素材からの削り出しって凄くない!? まるで鰹節www

それによって50%耐久性がアップしたのだそう。摩耗したら丸ごと交換ですが、そのときはSRAM(の販売店?)に連絡することで半額で交換品を購入できるだけでなく、古いチェーンリングはリサイクルで引き取ってくれるのだそう。このサービスは日本でもあるのかしら??

パワーメーター搭載で左右も計測可能

クォーク製パワーメーターも標準装備
クォーク製パワーメーターも標準装備

パワーメーターはクォーク製が装着可能。スパイダー部分に計測部分がついていて、重さは36g。全体のパワーはもちろん、左右のパワーもそれぞれ計測できます。動画だと左右は“推定”と言っておりますが・・・。

ちなみに、SRAMの公式オンラインショッピングで見ると、パワーメーター付きクランクは1200ドル(約13万円 ※シングルも同じ値段)で、パワーメーター“なし”のクランクは690ドル(約7.6万円 ※シングルも同じ)です。 

グラベルを視野に入れた静粛性

油圧ダンパー(クラッチ機能)がついたリアディレイラー
油圧ダンパー(クラッチ機能)がついたリアディレイラー

SRAM公式の動画でも「グラベル」がいきなり出てくることから、AXSはロード“だけ”を意識したコンポーネントでないことが伝わってきます。GCNもその点をメンション。油圧ダンパーのおかげで、苦労なく、舗装路からグラベルと言ったダイナミックな走りができるそう。

大きなギャップを乗り越えたりすると、チェーンが暴れて脱落したり、フレームを傷つけたりするじゃないですか。グラベルも同じで、チェーンが暴れるのだそう。

アラブるチェーンを油圧ダンパーが抑えてくれるのだそうです。ワシ、グラベルや荒れた路面を走ったことないから分からないけど、きっとすごいメリットがあることなのでしょう?? GCNでは「バンプを乗り越えるときの音がすごい静かになった」と言っていますね。

SRAM RED eTAP AXSのお値段をどう見るか

まだまだ、ポイントはいっぱいありますが、最後にまとめたいのはお値段の話! 消費者の我々はここら辺を賢く算盤弾きたいものなのです(`・ω・´)

ディスク仕様とリム仕様の重さは?

まずは重さから。GCNとシクロワイアードの重さに関する数値が若干異なっています。どちらもパワーメーター込みの重さです。パワメなしの場合は36g差し引いてください。

AXSのディスク仕様とリム仕様の重さ

グループセットGCN情報シクロワイアード情報
ディスクブレーキ2,553g2,553g
リムブレーキ2,139g2,290g

ディスク仕様とリム仕様のお値段は?

さぁさぁ、気になるのはお値段です! う~ん、高いwwww でも使ってみたい!

AXSのディスク仕様とリム仕様のお値段

グループセットGCN情報シクロワイアード情報
ディスクブレーキ4158ドル(45.7万円※パワメ込み)40万円(パワメ除く)
リムブレーキ3488ドル(38.3万円 ※パワメ込み)28.8万円(パワメ除く)

日本の販売価格は何でクランクセットを除いているんでしょう?? AXSのクランクセットがないと12速化使えないのでは??

SRAM RED eTAP AXSのキャニオン完成車がスーパーカッコいい!

eTAP AXSを搭載した完成車もすでに登場しています。さすが我らがキャニオン! 早い! そしてめっちゃカッコイイ!!!

AXS搭載エアロード・カチューシャカラーが最高にカッコいい!!!

AXS搭載エアロード・カチューシャカラーが最高にカッコいい!!!
AXS搭載エアロード・カチューシャカラーが最高にカッコいい!!!

みてください、このエアロード! カチューシャ・カラーで最高にカッコ良過ぎ問題(≧∇≦)

全身ブラックな真っ黒自転車もいいけど、カラーもいいねぇ、いいねぇ(*´ω`*) やっぱキャニオンは動きが早くて、僕的消費者心理をグイグイついてくるのがニクいw

エアロード、カッコいいなぁ。。。と思って、AXS搭載のアルティメットも見てみたら、 アルティメット もいいじゃない(゚∀゚)! あぁ、企業マーケティングに踊らされるの、楽しいですwww

以上、GCNが解説する新登場SRAM RED eTAP AXSのご紹介でした! eTAP AXSがリムブレーキ仕様で出るとは思わなかったので、ディスクの波に乗り遅れたワタクシ・リム派にも非常に朗報! 今のコンポーネントを載せ換えるという選択肢がプラスされて、う~ん、これは正直、ほしい(゚∀゚)!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ