ヒョットシテ日本最長ヒルクライム!? Sea To Summit、海抜0mから富士山五合目までロードバイクで上ってみた!

海抜0mから日本一の山をヒルクライムしよう!
海抜0mから日本一の山をヒルクライムしよう!

海から日本の一番高いところまで、一気に上ったらどうなるの!? Sea To Summit(海から山頂へ)、新富士から富士山富士宮五合目にロードバイクで上ってみました!ひょっとしてまさかして、これって日本最長ヒルクライムでしょうか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

標高ゼロから日本一の富士山へ

海抜0Mから山頂をめざすことを「Sea To Summit」というそう。もともともはトレラン(?)の言葉でしょうか!? それをロードバイクで行けるところまで行ってみようと思い立ちました。

Sea To Summitのスタート地点は田子の浦

Sea To Summitのスタート地点は田子の浦
Sea To Summitのスタート地点は田子の浦

思い立ったが吉日。日頃のSSTの成果も少しは確認できることでしょう。という訳でSea To Summitをロードバイクでやってみることにしたのです。

スタート地点は田子の浦。ここから単純経路で富士山の富士宮五合目(標高2400m)をめざします。

ZAPPEIのミワさんとご一緒に

ZAPPEIのミワさんとご一緒に
ZAPPEIのミワさんとご一緒に

1回の上りで獲得標高2400m以上というのは未経験。こんなの1人で経験するのはもったいない(゚∀゚)! という訳で旅は道連れ世は情け。せっかくなのでZAPPEIメンに声かけしてみたところ・・・

おぉ、何とありがたいことにZAPPEIマウンテンバイク部のミワさんが参加表明! ありがたやありがたや、我が野望の巻き添えと道連れに感謝感謝でございますm(_ _)m

富士山まで50㎞をひたすら上り

ではでは早速にスタート! 海抜0mの田子の浦港公園を出発して富士宮五合目をめざします!

スタートからずっと上り(´_ゝ`)

市街地から本当にずっと上りで乾いた笑いしか出ない
市街地から本当にずっと上りで乾いた笑いしか出ない

富士宮五合目までは約50kmの道のり。そして驚くことに、全線ほぼ上り! なんなら市街地からずっと上り基調。

「1ヵ月ぶりの実走ロードバイクでいきなり50㎞上り続けるのは酷だったかもしれない」と、スタート直後から後悔の念がよぎります(;^_^A

伝説のヒルクライムイベント・富士山KOHのスタート地点!

伝説のヒルクライムイベント・富士山KOHのスタート地点を発見
伝説のヒルクライムイベント・富士山KOHのスタート地点を発見

ゆるゆる市街地からひたすら上り続けますと、んん、あのお店は見覚えがあるぞ!? あれは、伝説のヒルクライムイベント「富士山KOH」のスタート地点として有名なTOP GUNではありませんか(◎_◎;)!

そうです、今回のSea to Summitはまんま「富士山KOH」のコースをたどるのであります。

富士山・富士宮五合目は果てしなく遠い

富士山KOHの入り口まで、すでにそこそこ上ってきていて、これからが本番だったとは・・・Summitへの道は果てしなく遠いぞ:(;゙゚”ω゚”):

ゆるゆる上るのが精いっぱい

ひたすら上るのがツラい
ひたすら上るのがツラい

KOHは単純計算2時間はかかるヒルクライム。うへぇ、そんなの今の気力体力脚力では無理(;´Д`) なんとかギリギリ、ゾーン3をキープするペースで進みます。

料金所で疲れ果てました(;^_^A

料金所に近づくころにはもう疲れ果てました(´_ゝ`)
料金所に近づくころにはもう疲れ果てました(´_ゝ`)

だがしかし、僕の体力ではゾーン3でもキツカッタ(;´Д`)料金所手前で、ミワさんについていけなくなり、料金所以降はもう無理ぽ。

秋晴れの紅葉は残酷なくらいキレイだった

抜けるような青空と美しい紅葉のもと、富士山KOHはなぜこうも過酷なのか
抜けるような青空と美しい紅葉のもと、富士山KOHはなぜこうも過酷なのか

2時間以上も上り続けて、もうヘトヘト。だがしかし、この日は抜けるような晴天に恵まれ、しかも富士山はちょうど紅葉が色づいてきた最中。

うへぇ、キレイだなぁ。早く頂上着かないかなぁと、残りの距離を教えてくれるキロポストを恨めしく眺めます。

Sea To Summit、無事ゴール?

富士宮口の道中はもう200W出すのもヤットの状態。しかし、地味に後半のほうが斜度がキツイのですね、これはツラい(;^_^A

海から山頂へたどり着いたぞ~

海から山頂へたどり着いたぞ~
海から山頂へたどり着いたぞ~

まぁでも、ペダルを漕いでいれば進んでくれるのは自転車の良いところ。日頃のSSTの成果はまったく感じられず、ヘトヘトになって山頂にたどり着きました。

1人脱落しましたけど(´_ゝ`)

1人脱落したけど、Sea To Summit、ゴールしました
1人脱落したけど、Sea To Summit、ゴールしました

山頂でお待たせしたミワさんと合流しSea To Summit、無事ゴール! おやおや、1人足りなくありませんか!?

うふふ、デゲメン氏は途中の料金所でDNFですよ(´_ゝ`)

2017年以来の富士山・富士宮五合目だった

いや~もう疲れた、Sea To Summit。1年分のヒルクライムをやった気分です。エベレスティングとか、皆さんよくやるなぁ(;´Д`)

1回の上りで獲得標高2500m超達成(∩´∀`)∩ワーイ

1回の上りで獲得標高2500m超達成(∩´∀`)∩ワーイ
1回の上りで獲得標高2500m超達成(∩´∀`)∩ワーイ

Sea To Summitの醍醐味と喜びは、何といっても1回のヒルクライムで最大獲得標高を稼げること。さすが富士山、1回の上りで獲得標高2,500m超だって(◎_◎;)!

これより長いヒルクライムって日本にあるのかな!? うふふ、ひょっとして日本最長!?(〃艸〃)ムフッ

あぁ、でもツラかったw もうやらねww

4年ぶりの富士山KOHだった

4年前から9分落ちのタイムでした
4年前から9分落ちのタイムでした

ちなみに、このルートの一部である富士山KOHは、以前にもレースイベントで上ったことがあります。いつだったかなぁと振り返ってみたところ、2017年だったらしい。

レースとゆるポタという違いはあっても、4年前から9分落ちとはw

昔の自分は速かったんだなぁ。。。(・_・;) 翻って、今やってる練習、全然効果出てないのではw

以上、Sea To Summit、田子の浦から富士山・富士宮五合目までロードバイクで上ってみた! なお話でした。ミワさん、ご一緒していただき、ありがとうございます。次はZAPPEIマウンテンバイク部で!

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました