赤城山1周は千変万化の景色が楽しめるオススメサイクリングルート

赤城山の裏に行ってみよう!

赤城山の裏に行ってみよう!

赤城山ヒルクライムの試走を終えた我々。次に向かうはのぼうさんとスカイロードさんオススメの裏赤城! これがまた、表(?)の赤城山とは似ても似つかない(失礼!)雄大な景色でありました(*´ω`) 群馬、面白いな!
クマや野犬と遭遇した情報が寄せられています。走行には十分ご注意ください(;゚Д゚)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

知ってるようで知らない赤城山

「赤城山」というからにはそういう名前の山があると思うでしょう?僕もそう思っていたときがありました(´_ゝ`)

「赤城山」という名の山はない!?

どれが赤城山??

どれが赤城山??

「赤城山」と名がついていますが、そもそも「赤城」と名の付く峰があるわけではありません(マジか(;´Д`))。いくつかの山を十把一絡げに総称して「赤城山」と呼んでいるのだそうな・・・マジか(;´Д`)

実は、赤城山と呼ばれる峰があるのではなく、標高1,828mの主峰・黒檜山と、駒ケ岳、地蔵岳、荒山、鍋割山、鈴ヶ岳、長七郎山などからなる山々の総称で、それぞれの山に個性的な魅力がある。

出典:都心から気軽に目指せる日本百名山|群馬県赤城山ポータルサイト

活火山だよ赤城山(゚Д゚;)

赤城山にはカルデラ湖があるんです

赤城山にはカルデラ湖があるんです

しかもしかも、赤城山って活火山なのです! 1000年ほど前にドカンと噴火し、山頂部分が吹き飛んでカルデラになったのだそうな。だから赤城山の頂上には湖(大沼と小沼)があるのですね。いやぁ、シランカッタヨ(;^_^A

「吾妻鏡」の中に「建長三年四月十九日(1251年5月11日)赤木嶽焼」とある(赤木嶽は当時の呼び名)。この記述を根拠に気象庁は活火山に指定しているが、噴火に相当する堆積物は見つかっていない。

出典:赤城山|ウィキペディア

赤城の名物・名産を味わおう!

赤城ヒルクライムの試走を終えたのでお腹ペコペコ^^ ご飯だ、ご飯だ~!

赤城の名物は蕎麦・・・なのか?

風の庵で蕎麦を食べよう!

風の庵で蕎麦を食べよう!


注文したのはなぜかけんちんうどん

注文したのはなぜかけんちんうどん

という訳でランチは大沼の近くの「風の庵(かぜのいおり)」というお蕎麦屋さん! あとの行程でもいろいろな蕎麦屋を見つけましたが、はてさて赤城は蕎麦が有名なのかしらん??? 「風の庵」も十割蕎麦で、メチャクチャ美味しそう!(^ω^) ワ、ワシ、そんなことまったく知らなくて「けんちんうどん」頼んじゃった(;^_^A まぁ良いのです、とても美味しかったから(^ω^)

謎のデザート「シラカバ樹液ゼリー」

デゲンコさんのデザート、もつ煮(;^_^A

デゲンコさんのデザート、もつ煮(;^_^A


僕のデザートはシラカバ樹液ゼリー

僕のデザートはシラカバ樹液ゼリー

風の庵にはユニークなデザートがありましてね。その名も もつ煮!! はデゲンコさん用。そのデザートとはシラカバ樹液ゼリー! その名のとおり、樹液を使ったゼリーで、チラシにものすごい健康効果が謳われておりました(すべて失念(;^_^A)。気になるお味は・・・・カブトムシの気持ちがよく分かるスッキリサッパリとした味わい(樹液の感じはよく分かりませんでした(;´Д`))でありました。

裏赤城の絶景を楽しもう!

食事を終えたら、グルッと赤城山の裏側に抜けるルートへGO! いやぁ、これが素晴らしかった!

裏赤城は、冒険を予感させる広大な景色!

裏赤城のすそ野は非常に雄大

裏赤城のすそ野は非常に雄大


赤城山を豪快にダウンヒル

赤城山を豪快にダウンヒル

赤城山から沼田方面へ下っていく道(県道251線)、下りの急勾配九十九折は砂利が浮いていて怖かったですが、ひとたび裾野に出て開けると、これがまぁ雄大! きっと晴れ渡れば北アルプスを一望できるんだろうな。ホント山際の開けた景色って最高です(*´▽`*) ここはぜひとも探検しにきたい!

利根川沿いの県道をグルっとまわって前橋へ

利根川沿いの県道を進む

利根川沿いの県道を進む


小さな隧道もあったりして(^ω^)

小さな隧道もあったりして(^ω^)

その後、どういうルートをたどったか、国道17号線と利根川が並行しているルートに出ましたぞ。ここで国道ではなく、1本入った県道を進むと、これまた良い感じの細い道(^ω^) 車はほとんど通らないですし、ほどよいアップダウンはあるし、景色も変化に富んでいるしで、楽しめます。赤城山はホントいろいろな表情があるんだなぁ

赤城山のサイクリングは楽しいぞ!

という訳で、無事、赤城山をグルッと1周してスタート地点に戻ってきました! 榛名山とは景色がまったく違うものですな。赤城山のサイクリング、楽しいぞ!

赤城を楽しむならポタリングがベスト

赤城山をまわるならユックリサイクリングがちょうどよい

赤城山をまわるならユックリサイクリングがちょうどよい


多少、交通量が多いところがあるので要注意

多少、交通量が多いところがあるので要注意


ご一緒してくださった皆さん、ありがとうございました!

ご一緒してくださった皆さん、ありがとうございました!

ヒルクライムの試走はともかくとして、赤城山ってホント変化に富んでいて面白いのです^^奥に進んでいけば尾瀬や北アルプスのほうに出られるし、ルートの選択肢は非常に豊富。ここはぜひともゆっくりサイクリングしたい感じ。食事や休憩場所も多分困ることはないだろうし、素晴らしいじゃないですか(^ω^) たまに交通量が多いときがあるので、そこだけ要注意でしょうか。

あと、今回は地元ののぼうさんとスカイロードさんが案内してくださったおかげで、土地勘のない人間はまず選択しないであろうルートを走れました(*´▽`*) のぼうさんとスカイロードさんに、改めて感謝感謝でございますm(_ _)m

〆は群馬のB級グルメで!

遂に食べたぞ、群馬名物焼きまんじゅう!

遂に食べたぞ、群馬名物焼きまんじゅう!

という訳で、赤城の試走も景色もしっかり満喫してしまいました(^ω^)〆は群馬が誇るB級グルメですな! その名も「焼きまんじゅう」!! おぉ、ホントでっかい饅頭の皮だwww 甘しょっぱくて疲れが一気に吹き飛びますな(*´ω`) よもや群馬に、こうも頻繁に来るようになるとは・・・群馬、恐るべし(◎_◎;)

ところで、群馬の名物と言われるソースカツ丼や焼きまんじゅう、こんにゃく、もつ煮を食べて感じましたが、甘めのタレや味噌、ソースによる濃い味付けが多い印象これはやっぱり暑さに関係しているのでしょうか??? むむむ、要検証ですな、こりゃ(^ω^)

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    スカイロードさん、ありがとうございます!

    日曜日はホントにありがとうございました! おかげさまで、僕もデゲンコさんも赤城をたっぷり堪能できました^^

    焼きまんじゅう、とってもおいしかったですよ! 僕、てっきり五平餅みたいなのを想像してたんですが、ホントにお饅頭の皮(?)なんですね!
    ぜひともまた群馬のグルメを探検しに行きたいと思います!

  2. boriko より:

    あこがれさん、たびたびありがとうございます!

    旧道の情報、ありがとうございます!とても参考になります!
    すっごい急な坂なんですね(;゚Д゚) ストリートビューで確認したところ、道幅もないように見受けました。

    交通量が少ないと聞いて安心しました^^ 次回はぜひとも16号線に挑戦したいです(`・ω・´)ゞ

  3. boriko より:

    あこがれさん、ありがとうございます!

    焼きまんじゅう、美味しかったですよ~(^ω^)
    前橋近くの国道17号線沿いにあったお店で、人気店だったのか、ひっきりなしにお客さんが入ってきてました。
    しかも、皆さん大量に購入してくんですね! すっごいソウルフードなんだなぁと感心した次第デス^^

    そうそう、利根川のサガンというのは、多分僕たちが通ったところです!
    あそこ、すっごい気持ち良い道ですね!

    群馬は榛名山方面と赤城山で全然景色が違うし、赤城山の裏側でさらに景色が違うので、とても面白いです!
    今度は旧道にぜひ挑戦したいです!

  4. この間の赤城ライドではお世話になりました!記事を書くのが速い&お山の的確な分析には、只々驚かされるばかりです。

    焼きまんじゅう、食されたのですね。何だか見ていたら僕も久しぶりに食べたくなりました(笑)
    また群馬に来られる機会がありましたら是非!

  5. あこがれ より:

    連投失礼します。

    赤城旧道(県道16号)について

    赤城ヒル本道(県道4号)の畜産試験場交差点を右へ。アップダウンを15分くらいで「三夜沢交差点(みよさわ)」。ここを左折すると赤城旧道のスタート。
    概数ですが、距離15㎞、平均9%くらいでしょうか。途中に長ーーーい下りがあります。そのぶん平均値に対してしわよせがあります。後半はずーーっと10%超がつづきます。

    交通量がほとんどなく、僕のドコモは圏外なので、単独行動はご注意を。

  6. あこがれ より:

    何度も群馬を宣伝していただいてありがとうございます。

    焼きまんじゅうについては、非常に評価がわかれますね。
    県外出身者の方々は、ことごとく「おいしくない」といいますが、
    群馬県出身者はほとんどが「非常においしい」と言います。(僕も群馬出身です。)

    赤城を堪能するならポタリング。まさにその通りでしょうね。
    沼田から前橋までは利根川の左岸(下流に向かって左)を通ったのでしょうか。
    崖っぷちの細い道やトンネルで、楽しかったのではないでしょうか。(冬は国道17号の抜け道になるので交通量が増えます。)

    赤城ヒルクライムも楽しんでください。
    せっかくなら、前日に「赤城旧道」でも登ってみてはいかがでしょう?

  7. boriko より:

    にゃにゃきさん、ありがとうございます!

    県道16号線ですね!? 昨日コーラさんも16号線が良いと仰っていたので、気になって調べてみました。
    すごい道ですねwww 仰るとおり下りでは避けたい道ですが、上りは楽しそう!
    今度ぜひとも挑戦したいです!

    クマや野犬がいるのですか・・・クマはもちろん、野犬って徒党を組んでくるから危ないんですよね(;´Д`)
    注意喚起をしておきます!

  8. にゃにゃき より:

    こんにちは
    赤城この前いいました
    赤ヒルコースのもう1本右側からのぼれる旧道の16号のルートを今度上って見てください
    あまりないタイプの峠なので面白いです。ただ、集団でダウンヒルはしないほうがいいとこです。
    赤城で熊と野犬に遭遇したのでお気をつけてください

タイトルとURLをコピーしました