決戦ホイール「Roval(ロヴァール)CLX 32」の評価に困惑(゚Д゚;) 重量測定から再検証

遂にキャニオンにロヴァールを履かせるときがやってきた・・・
遂にキャニオンにロヴァールを履かせるときがやってきた・・・

デゲメン用決戦ホイールとして鳴り物入りで導入したRoval CLX 32。焼津エンデューロ・ソロ100kmで見事2位を獲得したものの、その後、肝心のヒルクライム練では鳴かず飛ばず(-_-;)

仕舞いには「固い、進まない。マビックより重いんじゃないの!?」と言われるほど低評価が付きかけているロヴァール。果たして挽回の余地はあるのか!? まずはロヴァールの重量を正式に測ってみて、本当に「重い」か確かめてみました!

ロヴァールは本当にダメなホイールなのか!?

デゲメン氏が困惑する使用感のロヴァール。ありゃりゃ、焼津エンデューロでは大活躍だったのに、なぜどうして!?

デゲメン氏によるロヴァールの評価

焼津以降、ヒルクライム練でロヴァールを試したデゲメン氏が言うには、「重く感じてまったく進まない」ですと・・・(;´Д`) 実際、デゲメン氏と一緒に走ると、ものすごい重そうにペダルを回しています。

おかしいでござるな。ロヴァールは物理的に軽くなったはずなのに、なぜそんなに脚が重そうなのか!?

よくよくデゲメン氏の話を聞いてみると、焼津以降、慢性的な筋肉痛が取れないみたい。そのせいでしょうか、自転車が重く感じる = 速度が出ない = ロヴァール遅い、となっているようです(推測)

ざ、坐骨神経痛だって~(゚Д゚;)

kuma_46

ロヴァールの評価はさておき、慢性的な筋肉痛は運動する人にとって大敵中の大敵。きっと何かあるに違いない! という訳で、お医者さんに行ってみたところ・・・

なに~、坐骨神経痛となぁ!?

ヘルニアみたいなもので、神経が圧迫されて痺れや鈍さを感じるもので、デゲメン氏の慢性疲労がまさにドンピシャの症状だった模様(;´Д`)

聞けば、焼津が終わってからずっと鈍痛があったそうで、おおぅ(-_-;) それはどうもすまんかった・・・(;´Д`)


ロヴァールの評価は振り出しに戻る

という訳で、デゲメン氏には早く良くなっていただくことにして、ロヴァールは再評価が必要であることが分かりました(゚∀゚)

まずはホイールの重さ比べから!

まずはロヴァールの重さを測るところから始めたいと思います
まずはロヴァールの重さを測るところから始めたいと思います

まずは何と言っても、ホイール重量を実測してみなくては! 購入から1ヵ月経ってようやく計測とは、まったくこのワタクシとしたことが。この瞬間が一番楽しくドーパミン出るというのにヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ

ちなみに、もうタイヤが貼り付けられてる状態なので、実際はホイール+タイヤ+スプロケ+クイックでの計測です。やる気あるのか!と怒られそうで、ごめんなさい(-_-;)

もう一つちなみに、比較対象は我が愛しのコリマです。これがまた、結構違うんですよΣ( ̄□ ̄|||)


ロヴァールとコリマの前輪の重さを比較

ではロヴァールとコリマの前輪から比べてみましょう! ひょっとして1つずつやっていくつもりか!?

Roval CLX 32の前輪重量は驚きの!!!

 Roval CLX 32の前輪重量は驚きの875g(タイヤ・クイック込み)
Roval CLX 32の前輪重量は驚きの875g(タイヤ・クイック込み)

まずはロヴァールから!! ほわわわわ~、何とビックリ、タイヤとクイックが付いた状態で1kg切ってる!!

875gだとぅ!? 軽い、軽いぞロヴァール(;´Д`)

タイヤとホイール、クイックのカタログ値を調べてみましょう。タイヤはスペシャライズドターボコットンでカタログ値約285g。ホイールはカタログ値490g。クイックはDT SWISS RWSでこれだけ実測値55g

実測値でみると(875g-55g=45g)、45gの誤差があるようです。ただし、ロヴァールはホイールバランスを取ってもらってまして、錘が付けられています。それを考慮すると、ホイールおよびタイヤの重さはカタログ値とほとんど差がないようです。

コリマの前輪はタイヤ込みで1,010g

コリマの前輪はタイヤ込みで1,010g
コリマの前輪はタイヤ込みで1,010g

一方のコリマ。これは購入時にホイール単体で計測したことがありまして、前輪は実測555gでした

続いてタイヤはビットリアコルサでカタログ値265g・・・なんですが、およよ、あれあれ!? タイヤとクイック、ホイール込々の重さが1,010gもある

ホイール実測値とコルサのカタログ値足しても820gしかならないのに・・・。残りの190gってクイックの重さ!?


後輪の重さはさらに顕著

前輪だけで135gも違ってビックリでありますが、後輪はもっと違った(゚Д゚;)

タイヤ・クイック・スプロケ込みでロヴァールは1,320g

ロヴァール後輪はタイヤ・クイック・スプロケ込みで1,320g
ロヴァール後輪はタイヤ・クイック・スプロケ込みで1,320g

有無を言わせず見てまいりましょう。まずはロヴァールから! タイヤ、クイック、スプロケ込々での実測値は・・・

1,320g!! 軽っw

コリマの後輪は1,505g

 コリマの後輪は1,505g
コリマの後輪は1,505g

一方のコリマでありますが、ロヴァールと同じ条件で計測しましたところ!!

1,505g! 十分軽いけど、ロヴァールにはとても及びません(;´Д`)

見た目がデブっちぃ(失礼!)からあんまり感じなかったですが、ロヴァールってやっぱり軽いんだなぁ(゚Д゚;)


キャニオン・アルティメットのホイールをロヴァールにしてみたら・・・

しっかし、ロヴァールの軽さはエラいこと。コリマ前後輪と比べて320gも軽いんですもの! これをキャニオンにつけたら・・・(;゚д゚)ゴクリ…

キャニオン + ロヴァールにしたら6.7kg!!

 キャニオン + ロヴァールにしたら6.72kg!!
キャニオン + ロヴァールにしたら6.72kg!!

誘惑に勝てず、ついコリマに戻すフリをして、バレないようにロヴァールをキャニオンにセット。こっそり重量を測ってみたところ・・・

6.72kg!! ||||||||||凹[◎凸◎;]凹||||||||||ガビーン!

まさかのUCI/JCFの規定オーバーwww この装備じゃJBCF出られませんなwww ※自転車重量の規定は『JCF競技規則第5章第16条』参照。

ちなみに、ロヴァールにして6.72kgということは、コリマのときのキャニオンは7.04kg(=6.72kg + 0.32kg)ということですな。それでも十分軽いものでございます。


キャニオンにローハイトのホイールも悪くない

いやぁロヴァール恐るべし。やっぱりデゲメン氏が「重い」と感じていたのは、氏の不調に原因があったようです(;´Д`)

今週末はロヴァールを借りて・・・(-_-;)

キャニオンとロヴァールの組み合わせがなかなかどうしてカッコいいのだが・・・
キャニオンとロヴァールの組み合わせがなかなかどうしてカッコいいのだが・・・

取りあえず、ロヴァールが「重い」のは誤解だと分かって良かった。ただ、実際に重いのと「重く感じる」のは雲泥の差。これはロヴァールで走ってみないと分かりません・・・。

という訳で、いよいよお借りしますか、ロヴァールを・・・

思いのほか見た目もカッコイイし (´∀`*)ウフフ


以上、稀に見る低評価なロヴァールを再検証する第一弾。まずはコリマとの重量比較から! なお話でした。ロヴァールにしたことでヒルクライムの各種データがどれくらい変わるのか!? 週末がいよいよ待ち遠しい(*`艸´)ウシシシ

ん!? 大丈夫、ちゃんと返すよ、ちゃんとお返ししますから! 安心して、早く怪我を治してくださいよ、デゲンコさん。1日も早い復帰をお待ちしていますよ(*`艸´)ウシシシ


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ