ロードバイクあるある!? 「高いに越したことはない」のは給料、ボーナス、FTP(´_ゝ`)

レースに出ようが、ゆるポタだろうが、高いに越したことはないFTP

「ツールドおきなわ」が終わって早3週間。虚無になって仕事に飲み込まれる日常が戻ってきました。んがしかし、2019年最大目標のイベントが教えてくれた教訓は強烈だった。曰く、「やっぱFTP上げなきゃダメなのではないでしょうか?」 という訳で、来年の目標に向け、「次のレベル」=FTPの向上を目指したいと思うのです。

FTPを上げたいと思った理由

そもそも、なぜFTPを上げたいのか!? という話。そりゃぁ簡単であります。

FTPが低いと、そもそもレースに参加できない(´_ゝ`)

もっと体力があったら、レースはもっと楽しめる、はず

レースの醍醐味、楽しさは、切磋琢磨のしのぎを削った先にあるもの。ところがどっこい、「しのぎを削る」レベルは遥か上にあることを沖縄でまざまざと感じました。

沖縄は完走が目標だったとはいえ、圧倒的体力不足によりサイクリングになってしまったのは残念というか、心残りというか。。。

残り30~40kmくらいで一緒の集団にいたマスターズの方々が、快適な集団を抜けだして厳しい勝負に挑んでいった後ろ姿は今も脳裏を離れません。

いや~、ついていきたかった、追いかけたかった。でも体は動かず・・・。気力・体力ともまったく足りませんでした(;´Д`)クヤシイ

2020年の目標イベントに向けてFTPを上げたい

なので、ツールドおきなわをゴールする前から来年の目標は決まっておりました。体力つけて(=FTP上げて)もちょっと長く、もう少し長くレースできるようになりたい

2020年は富士ヒルとツールドおきなわを目標に

2020年の目標を立てて、TSSのプランをつくってみた

という訳で、気が早い話ではありますが、来年2020年の目標であります。上半期は富士ヒル、下半期はツールドおきなわの2本立て。

富士ヒルとツールドおきなわに向けて、トレーニングピークスで目標CTLと週間TSS予定も算出。

ひぇ~、富士ヒル67分だってΣ( ̄□ ̄|||) 一応、1時間7分59秒になればOKとして(やさしい・・・)、それでも自己ベストから3分半も縮めるでごじゃるか・・・

富士ヒル67分台(68分切り)に必要なパワー

富士ヒル67分台(68分切り)に必要なパワー
富士ヒル67分台(68分切り)に必要なパワー

68分切りをめざすには、はてさてどれくらいパワーが必要なのでしょう。。。脳内サイクリングで計算してみたところ・・・

ひょ~、274W(◎_◎;)

現在のトレーニングピークスによる閾値が273Wなので、う~ん、あと半年あればイケるようなイケないような・・・。

体力を下げるのだけは自信があります(´_ゝ`)

まぁでもせっかく始めたことですし、年老いていく体ではあるけれど、どこまでいけるか見てみたい気もするし、頑張ってみるか・・・

SSTすら完遂できなくなってワロウタ(´_ゝ`)

SSTが完遂できなくなりました

と思って、雨にまみれた11月最後の日曜日、2週間ぶりにローラー練をやったのです。メニューは定番SST、ただしFTP設定は新しく更新した273Wにて。

そうしたら、もうビックリ! 完遂できないでやんのm9(^Д^)プギャー

沖縄からたった2~3週間でこの有り様。体力の下がる速度だけは超一流でした(;´Д`) なので、68分切りじゃなくて70分切りを目下の目標に下方修正しよう、そうしよう・・・。

以上、「FTPを上げよう(゚∀゚)!」と口で言うのは容易いけれど・・・。道遥か遠くなり、なお話でした。千里の道も一歩より。仕事がひと段落したら、高望みしないでコツコツ再スタートするべぇ(・_・;)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ