クリートが外れなくて危険! MTBのSPDペダル運用を、もう1つのSPDクリートSM-SH56は解決してくれるのか?

SPDクリートは2種類あることを知った2022年冬
SPDクリートは2種類あることを知った2022年冬

SPDって着脱が超簡単なイメージ・・・だったのですが、自分が試したXTR PD-M9100(SPDペダル)が超硬くてハメづらくて咄嗟の瞬間に外せなくて、これはもう危な過ぎてトレイル行けないじゃん(;´Д`) さて困ったと途方に暮れていたら、おやおや、ひょっとしてSPDのクリートって2種類あるんです?? もう1種類は着脱があらゆる方向から可能で、瞬時に外せることも可能!?

マジかよシマノ、先言ってくれよ(-_-;) という訳で、マルチ方向に外せるとウワサのSPDクリート「SM-SH56 SPDクリート」を買ってみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SPDクリート、着脱方向の違いで2種類あるんですか(◎_◎;)

まず驚きましたね、まさかSPDクリートに2種類あるとは! しかも、種類によって着脱方向に違いがあるとは!!

先に言ってよ、SPDクリートの違い

SPDクリートは2種類あるんです!
SPDクリートは2種類あるんです!

どうして我が家のXTR PD-M9100ペダルはこんなに硬いのかねぇ・・・とデゲメン氏と頭を抱えていたある日あるとき、当ブログにコメントをいただき驚愕。なんと、「SPDクリートには2種類ある」というではありませんか(◎_◎;)!

そもそもSPDクリートに種類があるとは知らなんだ(;´Д`) 早速に本家本元シマノのサイトを探しますと・・・

ぬぬ、シマノのサイトって何でどうして製品名を入力してもトップで検索に出てこないのねん。アマゾンやその他有象無象のショッピングサイトにSEO完敗してるとはコレ如何に(; ・`д・´)

地味にシマノ製品の検索にストレスを覚えながら何とかシマノHPに到達。ほほぅ、それによると、確かにSPDクリートには2種類ある。しかも、着脱方向が1方向のものと多方向のものがあって、ひょっとしてこのクリートの違いのせいで我が家のXTR PD-M9100は難儀していたのではなかろうか!?

多方向に着脱できるSM-SH56 SPDクリートを買ってみた

SPDペダルの使いやすさを改善できる可能性があるなら善は急げ。早速に、多方向に着脱可能というSM-SH56 SPDクリートを買ってみたのであります。

すごいシンプルパッケージは実は模倣品対策だそうです

逆に模倣品かと思ってしまったパッケージ(;^_^A
逆に模倣品かと思ってしまったパッケージ(;^_^A

アマゾンで注文して速攻ゲット。届いたパッケージを見てみると、むむ、エラいシンプルな厚紙の箱でありますな。最近アマゾンの評価が自分の中でイマイチよろしくありませんで、イチマツニマツの不安がよぎります(・_・;)

念のためシマノのサイトで確認してみますと、このシンプルなパッケージは「模倣品対策」だそうな。

とても簡素に見える箱ながら特殊素材、さらにアプリとQRコードによる真贋証明もできるとか。マジか、QRコード確認もせず箱を捨ててしまった(;^_^A

SM-SH56とSM-SH51の違いを確認

PD-M9100に付属していたのはシングル方向にしか着脱できないクリート(SM-SH51)だったのですな。そのせいでハメづらさや外しずらさがあったのかも!? SM-SH51とSM-SH56を比べてみますと・・・

SM-SH56は銀色カラー

小さな封筒に入っていたSM-SH56
小さな封筒に入っていたSM-SH56

SM-SH51とSM-SH56の違いは、パッと見、SM-SH56が銀色であるくらいしか分かりません。あと、SM-SH56にはデカデカと「M」の文字が刻印されています。

シャープなエッジのSM-SH51と、緩やかエッジのSM-SH56

シャープなエッジのSM-SH51と、緩やかエッジのSM-SH56
シャープなエッジのSM-SH51と、緩やかエッジのSM-SH56

もう1つの違いはペダルにはめ込む箇所。エッジが立っているのが今まで使っていたSM-SH51。斜めになっているのがSM-SH56で、この角の違いが着脱のしやすさに影響している模様です。

実際にSM-SH56を使って・・・

ではでは、実際にマルチ方向へ着脱可能なSM-SH56を使ってみたらどうなるか!? どうなるの??

細かな検証はまた次回(;^_^A

最近自転車乗れてなくて検証はまだ(;^_^A
最近自転車乗れてなくて検証はまだ(;^_^A

え~と、実は先週・今週と立て込んでおりMTB乗れてない状況でして、せっかくのSM-SH56を詳しく検証できておりません(;´Д`)

未検証なのを記事にするなよ!という感じで恐縮、申し訳ございません(-_-;)

室内で試しにSM-SH56を試したところ、これまで使っていたSM-SH51より、どちらの足もハメやすく外しやすいのは確認。きっと実走でも今までの苦労は減るのでは・・・と期待しております。

以上、SPDのクリートに種類があることに驚いた! SM-SH56 マルチモードクリートって何ですの(・_・;)なお話でした。通勤やキレイ目グラベルがメインだからビンディング使ってるけど、トレイル走るならフラットペダルが一番でありますな(;^_^A

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
レビュー・インプレ
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました