ロードバイク乗ったら一度は走ってみたい琵琶湖! 知る人ぞ知る絶景&美味スポットを巡るサイクリングが最高だった

琵琶湖&余呉湖が素敵すぎました
琵琶湖&余呉湖が素敵すぎました

自転車で一度は走ってみたい場所の双璧を成すのが「しまなみ海道」と「琵琶湖」ではないでしょうか!? ローディーをはじめ、自転車乗りなら誰もが憧れる「琵琶湖」、ワタクシもとてもとても走ってみたかったんです! という訳で、伊吹山ヒルクライムを口実に、念願だった琵琶湖サイクリングをすることにしました! 凄かった・・・もう、ちょっと滋賀最高ですか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

琵琶湖サイクリングを動画にしました!

記事の内容をデゲメン氏が動画に編集しました! デゲメン氏による初ロードバイク動画、ぜひご覧ください!

デゲメン氏作、琵琶湖サイクリング動画

近江牛で琵琶湖サイクリングに備える

ではでは動画に沿ってご紹介。でもその前に! 琵琶湖サイクリングの前日、伊吹山ヒルクライムが終わった後に遡ります。憧れの琵琶湖サイクリングに向けて、エネルギーを補給しなくては!

デゲメン氏のお祝で近江牛祭り

カメチク 近江八幡店が凄かった
カメチク 近江八幡店が凄かった
近江牛、美味しすぎw
近江牛、美味しすぎw

日曜がレースだったので月曜日に有給を発動。宿を近江八幡に取りまして、伊吹山ヒルクライムで3位に入ったデゲメン氏のお祝いを盛大にやります、近江牛で(*´ω`)

選んだお店はカメチク 近江八幡店。いやぁ、このお店が凄かった(◎_◎;)

近江牛ってコース料理だったり料亭で食べたりするイメージで、ちょっと庶民離れしている印象でしたが、カメチクは違った。とてもとてもリーズナブルかつカジュアルに“焼き肉”スタイルで、あの近江牛をたらふく、本当にたらふく食べられるではありませんか!!

美味い、マジで美味い。デゲメン氏も僕も容赦しませんでしたよ!? 近江牛まるごと1頭食べ尽くす勢いで注文に次ぐ注文。お店の人も驚いたのでしょうか、だんだんサービスが良くなった気がします(;^_^A

そして驚くべきはお値段でした。東京だったら最低3万円以上、5万円台も覚悟しておりましたら、お会計なんとたったの1.2万円也(◎_◎;) 計算間違いがないか聞き直してしまったほどであります。

こんな美味しくて安くていいのか、近江牛(; ・`д・´)

琵琶湖の東~北を走るロードバイク旅

これはもう宣伝するしかありません。近江八幡に来たらぜひカメチク 近江八幡店へ! という訳で、近江牛でエネルギーを蓄えたら、いよいよ本題の琵琶湖サイクリングであります!

近江八幡の街並みが素敵

近江八幡は近江商人発祥の地
近江八幡は近江商人発祥の地

琵琶湖サイクリングにあたり、この地域に詳しいZAPPEI極メンにお勧めの場所を教えていただきまして、「余呉湖」と長浜のビールが良いらしい(他にも池田山温泉も紹介いただいたので、これは次回以降の楽しみに)。どちらもぜひとも行きたいということで、今回の琵琶湖サイクリングの目的地は余呉湖と長浜ビールであります。

でも僕らが泊まった宿は近江八幡・・・。なぜか!? その理由がこの!!

近江八幡の街並みを見てみたかった
近江八幡の街並みを見てみたかった
旧八幡郵便局は現在はカフェだそう
旧八幡郵便局は現在はカフェだそう

この、とても素敵な街並みです(*´ω`) 近江八幡は近江商人発祥の地だそうで、古い商家が立ち並ぶ街並みをぜひとも観てみたいとデゲメン氏が仰る。

近江八幡は豊臣秀次が築いた街だそう。秀次はわずか5年で近江八幡に繁栄をもたらしたそうで、そんな優秀な人(しかも後継者のはずだったのに)を自害させるなんて、晩年の秀吉の狂気を感じます:(;゙゚”ω゚”):

初めて走る琵琶湖沿い

さざなみ街道を一本入ると琵琶湖のギリギリを走れます
さざなみ街道を一本入ると琵琶湖のギリギリを走れます

近江八幡を出るとすぐに琵琶湖の沿岸に到着。琵琶湖に沿って延びる県道25号線(さざなみ街道)は信号少なく快適路なものの、平日だったせいか交通量があり、大型車両が多めな印象

琵琶湖を一度走ってみたかった
琵琶湖を一度走ってみたかった

ドライバーな皆さん、ビワイチ・サイクリストに慣れているのでしょうか? 大型車でも車間広めにとってくれるのは有り難くも嬉しいけれど、やっぱちょっと怖いでありますね(;^_^A

湖北に近づくにつれ桜が満開

湖北は桜が満開から散り始め!
湖北は桜が満開から散り始め!

近江八幡から長浜までは琵琶湖を左手に交通量多めなさざなみ街道を北上。長浜を過ぎると一気にクルマが減りまして、代わりに広がる桜並木!!

長浜の桜と走る琵琶湖サイクリング
長浜の桜と走る琵琶湖サイクリング

近江八幡はかなり散っていたけれど、長浜近辺はちょうど散り始めな雰囲気。今年は東京で桜を見る機会がありませんでしたで、琵琶湖で桜を堪能できるとは(*´ω`)

バグる距離感、日本海が近い!?

日本海近いの??
日本海近いの??

さざなみ街道をさらに北上しますと、( ,,`・ω・´)ンンン? 敦賀の案内標識があるぞ!? その距離、たったの28km!!

えぇ!? 琵琶湖って日本海に近いの!? 30kmもないなんて、行って帰ってこれるじゃん(◎_◎;)

越前市の看板まで出てきて戸惑うw
越前市の看板まで出てきて戸惑うw

余呉湖に近づくと越前市の文字も出てきたりして、自分がどこにいるのか分からなくなってきます。敦賀も越前市も、どちらもとても遠い土地だと思っていたのに、よもやまさか自分がその近くにいるとは・・・距離感がまったくつかめないでございますな(;´Д`)

余呉湖に到着、そして琵琶湖グルメを満喫

琵琶湖を走っているだけでも夢のようなのに、日本海にも近いなんてちょっと信じられません。北陸とかも行けるぞ、ここから(; ・`д・´)

本日の目的地・余呉湖に到着

余呉湖に到着
余呉湖に到着

このままどこまで北上したい気持ちをこらえて、本日の目的地・教えていただいた余呉湖に到着。ちょwww この余呉湖、とても閑静でのどかで、素敵が過ぎるぞ(◎_◎;)

余呉湖は桜が満開
余呉湖は桜が満開

湖沿いは桜が満開で、春の暖かさがとても気持ちいい。

余呉湖、これは素晴らしい。初見ではまず絶対来れないデスティネーションではありませんか(◎_◎;) こんな素晴らしい場所を教えていただいて、感謝も感謝でございますm(_ _)m

余呉湖でこれまた念願のサラダパン!

余呉湖で念願のサラダパンを発見
余呉湖で念願のサラダパンを発見

余呉湖の入り口に、地元の御姉様方が開いている売店がありまして、そこでサラダパンを発見!! 滋賀と言えばサラダパン! 近江八幡では売っていなかった幻の逸品がここ余呉湖で買えるとは(◎_◎;)

サラダパンと言えば、中身の具
サラダパンと言えば、中身の具

聞けば、サラダパンは余呉湖近くの木ノ本にある「つるやパン」で作られているのだそう。サラダパンは中身がたくあんとマヨネーズでありまして、いつか絶対食べたいグルメだったのです。

うわ~うわ~、琵琶湖走ってこんな素敵な余呉湖に来れただけでも幸せなのに、その上サラダパンまで食べられるなんて!! ロードバイク乗っててよかった~、サラダパン美味しいよぅ(´;ω;`)ブワッ

琵琶湖サイクリングの次なる目的地・長浜ビールをめざします

コレは北陸本線でしょうか!?
コレは北陸本線でしょうか!?
余呉川の桜も素晴らしかった
余呉川の桜も素晴らしかった

余呉湖のあまりの素敵さに、帰るのが嫌になってきそう(;´Д`) お尻から根が出る前に出発しなければ! 次なる目的地は、これまた教えていただいた長浜ビール長濱浪漫ビール)。

長浜浪漫ビールをお土産にしたい所存
長浜浪漫ビールをお土産にしたい所存
長浜浪漫ビールではウイスキーも醸造している
長浜浪漫ビールではウイスキーも醸造している

お土産にビールを買って帰るのだよ(*´ω`)

教えていただき、さらに気になって調べてみたところ、滋賀はクラフトビールがとても多いらしい?? 日本酒の酒蔵もたくさんあるそうで、水処なのでしょうか!?

ご当地のビールと日本酒なんて、最高のお土産であります。

伊吹山(関ケ原)・近江八幡・長浜の成果

長浜でクラフトビールを大量にゲットしたら、近江八幡までさざなみ街道で帰ります! 背中に感じるビール瓶の重さが、今回の琵琶湖サイクリングの楽しさを物語る。来てよかったなぁ、琵琶湖(*´ω`)

鮒ずしも赤こんにゃくも日本酒も忘れずゲット!

鮒ずしと赤こんにゃくと日本酒もしっかりゲット
鮒ずしと赤こんにゃくと日本酒もしっかりゲット
長浜浪漫ビールの特にエールが美味しかった
長浜浪漫ビールの特にエールが美味しかった

今回は残念ながら日本酒の酒蔵に寄れなかったので、次回の楽しみに。一応、近江八幡駅前のイオンで滋賀の地酒と名物の鮒ずし、赤こんにゃくをゲット。ついでにクラフトビールも追加して、初めての琵琶湖サイクリングは大団円!

長らくコロナで控えていたけれど、ようやく「今まで行ったことがない場所をサイクリングする」、かつての日常が戻りつつあるでしょうか!?

琵琶湖、めっちゃ良かったなぁ。早くもまた行きたい気持ちでいっぱい。今度は敦賀とか舞鶴のほうまで足を延ばしてみたいぞい!

以上、サイクリストの憧れ・琵琶湖を走ってみたら、憧れる理由がよ~く分かったライドなお話でした。早々は日程的・経済的にできないかもですが、JBCFで各地を転戦して、その後に開催地付近をサイクリングはなかなか良いかもしれません。てゆーか、それをやりたいがためにJBCF入ったのは内緒です(;^_^A

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました