激坂・子の権現も腹ペコ・ローディーには敵わない(´_ゝ`) 幻のブドウ・ちちぶ山ルビーを求めて出会った埼玉B級グルメの元祖

埼玉県のブドウを買いに行こう!
埼玉県のブドウを買いに行こう!

夏の後半を彩る味覚と言えば「ブドウ」! ブドウと言えば・・・山梨だけじゃないんです(◎_◎;) えぇ、埼玉もブドウつくっているところあるの? なになに、「ちちぶ山ルビー」が美味しいらしい!? それはぜひとも食べてみたい! という訳で、埼玉県秩父へウワサの「ちちぶ山ルビー」を求めてロードバイクで出発しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

秩父のぶどう園だけで栽培されているちちぶ山ルビーを求めて

聞くところによると「ちちぶ山ルビー」なる品種は秩父地域のぶどう園だけで栽培されているそう。それはぜひとも食べてみたいということで、飯能からロードバイクで出発しました。

子の権現を越えるのはナゼ?

子の権現を経由します
子の権現を経由します

飯能から秩父へ真っすぐ走っただけではツマラナイ。という訳で、久しぶり、超久しぶりに飯能が誇る激坂・子の権現を経由することにしました。

どれくらい久しぶりか調べてみたところ、まぁビックリ。ワタクシたち、あれだけ飯能走っているけど、子の権現を正面から上ったの過去1回しかないそうな。へぇ、これは意外や意外でありました。

通算2回目の子の権現をクリア

子の権現ってこんな道だったっけ?
子の権現ってこんな道だったっけ?

初めて子の権現上ったのが2016年だそう(⇒参考記事)。ほぇ~、ほんと意外だわ(・_・;) もっと上ってるかと思ってたのに・・・。

子の権現と言えばこの斜度!
子の権現と言えばこの斜度!

んで、その子の権現でありますが、「あぁやっぱり凄い激坂だなぁ」と思っていたら、あっという間に終わってしまった。ツラいのは一瞬だけで、タイムアタックしている訳でもないので超気楽だったのが良かったのかもしれません。

子の権現で「ツールドおきなわ」に出るZAPPEI極メンの武運を祈願
子の権現で「ツールドおきなわ」に出るZAPPEI極メンの武運を祈願

むしろ6年ぶりの子の権現は楽しかったですわ(*´ω`)

秩父のぶどう園にちちぶ山ルビーの姿はなかった

子の権現をサクッとクリアしたら奥武蔵グリーンライン方面へ。そこからグルっと寄居方面に回って北側から秩父に侵入する計画です。

ぶどう園を渡り歩くも全滅

ブドウ園めざしてグリーンライン越えます
ブドウ園めざしてグリーンライン越えます

期待にワクワク胸を膨らませて299号線を越え、グリーンラインを越え、寄居で少し道に迷って、ぶどう園が密集している皆野町へ上陸。ここで待っていたのが!!

寄居のブドウ園はやっていたけどちちぶ山ルビーはなし
寄居のブドウ園はやっていたけどちちぶ山ルビーはなし
秩父・皆野町のブドウ園はお休み
秩父・皆野町のブドウ園はお休み
コチラのブドウ園も閉園
コチラのブドウ園も閉園

がが~ん、ぶどう園軒並み閉店中(◎_◎;)!

「ちちぶ山ルビー売切れ」の立て札とともに、シャッターが下りているではありませんか。ぐぬぬ、まさかこんな結末になろうとは・・・ブログネタにならないじゃん(;´Д`)

いいえ、実は僕の本命はコチラでした(^ω^)

ちちぶ山ルビーはおろか秩父産のブドウを買えず、ガックリ肩を落とすデゲメン氏。道の駅みなのに売っていたブドウに手を出すも、「山梨産」の表示をうっかり見逃す痛恨のミス(* ´艸`)クスクス そんなデゲメン氏を尻目に一方のワタクシは・・・

ブドウはいいからヤマザキ行こうぜ(゚∀゚)!

僕の狙いはコチラでした
僕の狙いはコチラでした

実はワタクシ、端からブドウが買えるとはあまり思ってなかった(オイ)。それよりもコッチ、本命はコッチ。ココだよココだよ、ココに来たかったのさ、皆野町のヤマザキショップ!

このヤマザキショップ、ちょっとそんじょそこらのデイリーヤマザキやヤマザキショップとは違うんですぜ!? なぜなら!!

みそポテト元祖がココなんです!

みそポテトの元祖がココなんです!
みそポテトの元祖がココなんです!

なんと、ウソかホントか、このヤマザキショップ、あの秩父の超ド定番B級グルメとしてポテトチップスにまでなってしまった、あの“みそポテト”元祖がココなんです!!

ほ、ほ、ほんとかな(・_・;) 農林水産省によると

「みそポテト」は、「第5回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦inちちぶ」(平成21年)で優勝したことから知名度が上がったが、実は秩父地方に古くから伝わる郷土料理である。平地の少ない秩父地方では、古くから畑作が行われてきた。収穫したジャガイモのうち小ぶりなものをいろりで焼き、味噌だれをぬって食べたのが「みそポテト」の始まりだと言われている。農家では、農作業の合間に「小昼飯(こぢゅうはん)」として食べられてきた。

農林水産省

さすが元祖は違うぞ(゚∀゚)!

これが元祖のみそポテト
これが元祖のみそポテト

ずっと食べられてきたけど、商品として売りに出したのはこのヤマザキが最初とか、そういうことなのかな?? 詳しい経緯は不明ながら、きっと何かの歴史がありそう。でなければ、そうそう「元祖」の看板を掲げることはできますまい。

帰りの電車でみそポテトパーティー!
帰りの電車でみそポテトパーティー!

そんな不思議なヤマザキショップ(そもそも何でヤマザキショップがみそポテト!?)に思いを馳せながら、帰りのラビューで早速にいただきましたところ!!

むは~、なんだココ(ヤマザキショップ)のみそポテト、全然ほかの場所のものとは比べ物にならないくらい美味しいではありませんか(◎_◎;)!!

元祖はポテトフライなみそポテト
元祖はポテトフライなみそポテト

よくあるみそポテトは天ぷらのように小麦粉を絡めて揚げておりますが、ヤマザキショップの元祖みそポテトはフライ=パン粉を使っておりまして、これがまぁ甘辛い味噌ダレによく絡むこと絡むこと。

やばい、めっちゃ美味い、めっちゃ美味い(; ・`д・´)ほぼ売切れ状態で、2本入りしか買えなかったのが納得も納得の美味しさ。

実はこのヤマザキショップ、みそポテトだけじゃなく他の手作り総菜も全部絶品クラスの美味しさ。凄い凄い、凄すぎるよこのヤマザキショップ!

もし皆さんも秩父・皆野町へお越しの際は、ぜひこのヤマザキのみそポテトをお試しあれ! 驚きますぞ(◎_◎;)

以上、食の都・埼玉県で、元祖の破壊力を知る! ちちぶ山ルビーを求める旅のゴールはみそポテト! なお話でした。

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました