ロードバイクは食べるために乗っています(´_ゝ`) 腹ペコローディーを120%満足させる超絶品八戸グルメ!

ロードバイク乗った後は八戸グルメ
ロードバイク乗った後は八戸グルメ

八戸ロードバイクの旅がなぜこんなにも心に残っているのか!? 美しぎる景色と素晴らしい道・・・だけではありません。やっぱり八戸は、青森は美味かった(*´ω`) 八戸サイクリングを締めくくるのは、八戸でトコトン味わった地元の美味たち。もうねぇ、ほんと青森美味しすぎだわ(;´Д`)

スポンサーリンク

本八戸の章が凄い、凄すぎた(◎_◎;)

新幹線が停まる八戸を拠点にした我々。美味しい食事を探すには、中心街の本八戸へ移動しないといけません。

本八戸の章をめざします

晩ご飯求めて八戸から本八戸の中心街へ電車で移動
晩ご飯求めて八戸から本八戸の中心街へ電車で移動

グーグルマップや食べログのお店評価を見比べて、狙いを定めたのは本八戸の中心街にある「というお店。どうやら夜はコース料理しかないらしく、一見さんかつ八戸初心者の我々が入れるだろうか!?とドキドキしながらお店へ向かいます。

本八戸の中心街にある章の入り口
本八戸の中心街にある章の入り口

↑の写真が章の入り口。ガッツポーズをしているデゲメン氏が被ってしまって見づらいですが、入り口は暗く、ぱっと見、営業しているか分かりづらく、ますます一見さんが入っていいか躊躇われてきました(;´Д`)

料理はお任せ、これが本当に凄かった

しかし、せっかくここまで来たのです。勇気を振り絞って章の暖簾を潜り、ギリギリ2人、滑り込みセーフで入店。ウワサ通り、メニューは一切なく1人4000円のお任せコースのみ。一体どんな料理が出るんだろうと、ドキドキとワクワクが入り混じる思いで料理を待っていたら・・・

超新鮮なイカがドーン!
超新鮮なイカがドーン!

まだ動いている超新鮮なイカがドーン!

新鮮で臭みがない極上の馬刺しがドドーン!!
新鮮で臭みがない極上の馬刺しがドドーン!!

刺身のフルコースが来るのかと思ったら、続いてやってきたのは、これまた食べたことがないくらい新鮮で臭みがない極上の馬刺しがドドーン!!

お刺身、超新鮮&怒涛のボリューム、ドドドーン!!!

イカに続いて馬刺しとは、次のメニューは何だ!? と思ったら来ました、お刺身、超新鮮&怒涛のボリューム、ドドドーン!!!

超絶メインディッシュ「トマトのすき焼き」ドドドドーン!!!!
超絶メインディッシュ「トマトのすき焼き」ドドドドーン!!!!

ここまででかなりのボリューム。東京で食べたら諭吉が軽く何枚か飛んでいくほどのハイクオリティです。だがしかし、終わらないのが八戸の章。超絶メインディッシュ「トマトのすき焼き」がやってきたドドドドーン!!!!

お米美味しすぎ~ドドドドドーン!!!!!

さすが港町な八戸だけあってイカや刺身が極上に美味いのだけれども、馬刺しやすき焼き(牛肉)までとろけるように美味しいとは腰が抜けます。でもここで終わらないのが八戸の章。〆は先ほどのトマトすき焼きのスープを使ったオジヤ! お米超絶美味すぎ~ドドドドドーン!!!!!

デゲメン氏は地元の日本酒をたっぷりたっぷりいただき、さらにお隣の秋田県から来たという超リッチな人たちからも秋田や青森の日本酒をおすそ分けしていただりして、めちゃくちゃご満悦。

追加でいただいたおひたしも美味しかった
追加でいただいたおひたしも美味しかった

コース料理に1品だけ追加で注文した菊の花のおひたしも日本酒にピッタリのさっぱり感で、章、素晴らしすぎだよ(;´Д`)

しかも驚いたのがお会計。あれだけ飲んで食べたのに、2人で1.1万円ってどういうこと(◎_◎;)!? 伊吹山ヒルクライムの近江牛でも腰抜かした(⇒参考記事)けど、地方の料理の美味しさとプライスのアンバランスに、超絶有り難く感謝しつつ戸惑いをぬぐい切れません(;^_^A

もう、こんな美味しい料理を本当にありがとうございますm(_ _)m 入ってよかった、入れてよかった、八戸の章。八戸にお越しの際はぜひ!

八戸と言えば八食センターに来たかった!

章だけで1本のブログ記事になってしまいそうな熱量とボリュームですが、まだ続きます。ツイッターでご紹介いただき、八戸に来たらぜひとも来たかった八食センター! 来ちゃった(〃艸〃)ムフッ

八食センターの七厘村に来たかった

観光名所な八食センター
観光名所な八食センター
七厘村がアトラクション
七厘村がアトラクション

八食センターはいわゆる市場のような場所でありまして、ココの特徴は買った食材をその場で豪快にBBQできる七厘村!

市場で食材を買います
市場で食材を買います
新鮮なホヤとカキ
新鮮なホヤとカキ
イカも丸焼き
イカも丸焼き
お肉も焼いちゃうw
お肉も焼いちゃうw

デゲメン氏は八戸に来たらぜひとも食べたかった新鮮なホヤとカキを堪能し、ワタクシはなぜか焼肉パーティーを開始(´_ゝ`)

食材は美味しいし、何よりその場で買ってその場で食べるというのが楽しいアトラクション。THE・観光という感じでよろしいではありませんかw

八戸のお土産を買おう!

八戸の美味をたくさんいただいた後は、お土産をゲットして東京へ。八戸駅のすぐ隣にあるユートリーという施設が便利です。

ユートリーにある日本酒試飲で味を確認

ユートリーで日本酒を試飲
ユートリーで日本酒を試飲
試しにコレを飲んでみよう! ができます
試しにコレを飲んでみよう! ができます

青森と言えば日本酒がたくさん。どれが美味しいか、試してみないことには分からん! という方にはユートリーの有料試飲コーナーがお勧め(゚∀゚)!

試飲してお土産を厳選するデゲメン氏
試飲してお土産を厳選するデゲメン氏

今年の冬、新潟に旅行したとき、コロナで有料試飲コーナーが閉鎖されていたことに超絶ガッカリしたデゲメン氏。その借りと仇をココ八戸で無事返すことができました(*´ω`)

青森土産と言えば!! イギリストースト(*´ω`)

八戸サイクリングのお土産(一部)
八戸サイクリングのお土産(一部)

試飲で味を確認したら、あとは青森の美味しいお酒をゲットするのみ。↑は今回の八戸サイクリングの成果のごく一部であります(*´ω`)

僕のお目当てはイギリストースト
僕のお目当てはイギリストースト

日本酒や酒の肴が並ぶ中、ワタクシのお目当てはコチラ! 青森に来たらぜひとも食べてみたかった「イギリストースト」! ウソかホントか、月間50万個も売れている大人気商品なんですと(◎_◎;)(⇒出典

パンの間にマーガリンと砂糖が入ったシンプルで素朴な美味しさ
パンの間にマーガリンと砂糖が入ったシンプルで素朴な美味しさ

気になるお味は・・・パンとパンの間にマーガリンと砂糖がたっぷり入って、食感はジャリジャリ。素朴な甘さで何個でも食べられてしまいそうであります。

でも、ヒルクライムやレース前のローディーはご用心。なぜならこのイギリストースト、見た目と食感の軽さとは裏腹にカロリーキング。1個あたり428kcalはなかなか効率が良いカロリー源かもしれません(´_ゝ`)

でも、美味しいからしょうがないですね。ご当地の美味しいものをいっぱい味わうためにロードバイクに乗っているのですから(´_ゝ`) いやぁ、八戸最高だったわ、また来たい! 次回こそは朝市をまわってみたいでございます。

以上、ロードバイクは食べるために乗っています! 腹ペコローディーを120%満足させる超絶品八戸グルメ! なお話でした。

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました