練習した“つもり”になっていた!? 2019年上半期のレースを総括しよう(゚∀゚)!

2019年上半期のレースを総括しよう!
2019年上半期のレースを総括しよう!

2019年も半分が過ぎ去ろうとする今、やはりこれをやらなければなりますまい。2019年上半期のレース結果の棚卸(; ・`д・´) 何が上手くいき、何が上手くいかなかったのか!? 目標と結果のギャップの原因となったものは何か!? 2019年上半期のレース結果で足りなかったものを振り返ります(`・ω・´)

2019年上半期のレース結果は残念だった

まずは上半期のレースを総括しましょう、そうしましょう。結論から申し上げますと「残念(´・ω・`)」であります。

レースの未熟さが際立った

転んじゃったけどJBCF宇都宮ロードは絶好調だった
転んじゃったけどJBCF宇都宮ロードは絶好調だった

2019年上半期の目標レースは5月末の「ツールド宮古島」でありました。宮古島に向けて、冬から春にかけて、今まで逃げていた短時間・高強度のインターバル練を増やしておりました

その甲斐あって、JBCF第1戦の修善寺は手も足も出ず足切り(;^_^A はさておき、修善寺から2か月後の5月11日の宇都宮ロードはとても絶好調(゚∀゚) だったにもかかわらず、単独自爆落車で台無し(〃艸〃)ムフッ

ツールド宮古島は悔しさが残る
ツールド宮古島は悔しさが残る

まともに自転車乗れるようになるまで2週間かかり、目標レースの宮古島へはまったくの練習なしで挑戦。さらに、宮古島ではスタート直後の落車に巻き込まれて単独走でフィニッシュ

カーブの曲がり方、位置取り、ブレーキングなど、とにもかくにも自転車の乗り方やレースの未熟さが際立った上半期でした(´・ω・`)

(当然ながら)伸び悩むヒルクライム(;´Д`)

富士ヒルと富士国際のタイムは残念だったなぁ(;´Д`)
富士ヒルと富士国際のタイムは残念だったなぁ(;´Д`)

そして、地味にショックだったのが、富士ヒルと富士国際のタイムの伸び悩み。富士ヒルは何とかタイム更新しつつ、それでも30秒ほど。富士国際はむしろタイムを落としました(;´Д`)

“地味”というか、結構というか、むしろ、かなりショックかもしれません(´・ω・`)

でもでも、伸び悩んだ理由、思い当たる節があるんだな・・・。

「練習したつもり」になってた問題

ロードレースとヒルクライムでは求められる要素が違うかもしれないので、アレもコレも、は無理だとしても!! 練習が正しくなかったかなぁ、という気がしないでもありません

TSSでは分からない

去年よりも練習はしていた「つもり」
去年よりも練習はしていた「つもり」

練習量(TSSや時間)だけで見ると、2018年と今年ではそん色ないか、2019年のほうが多いくらい。それでも、2018年のようにグワッと(山の)タイムが更新するようなことが今年は一切なかったのは、時間/TSSが大幅に増えていないからなのか、それとも!?

ただ、1週間の練習日は今年のほうが多いのです(-_-;)

ということは・・・一体僕は何をやっていたんだろう(・_・;)

2019年上半期の練習における反省点または失敗

去年と今年で、はて何がそんなに違ったかな?? あ、練習方法や練習内容が全然違うわ(; ・`д・´)

1分走や2分走、5分走がほとんど

2019年は1分走や2分走しかしてなかった
2019年は1分走や2分走しかしてなかった

今年の冬は1分走や2分走、5分走など、今までツラくて避けていた練習ばかりをしておりました。それはそれで、しっかりコツコツ続けたおかげで宇都宮ロードで大いに役立ったのでは!?と思いつつ・・・。

ちょっと練習内容が偏り過ぎちゃったかも!? ツールド宮古島や富士ヒル、富士国際で後半息切れ、脚がなくなっちゃったりしたのはご愛敬では済まないかもしれません(-_-;)

パワメ不信に陥る

ハッピーメーターは百害あって一利なし
ハッピーメーターは百害あって一利なし

そして混乱を生んだのが、春から始めたZWIFT・・・で明らかになったハッピーパワーメーター

ズイフトレースに出るたびにFTP更新するのはおかしすぎ(-_-;) とは言いつつ、ハッピーメーターから、より厳しいタックスネオ2に切り替えるまで丸々1ヵ月かかってしまいました。

完遂できないメニューをそのままにした:(;゙゚”ω゚”):

メニュー完遂できてないけど、それでいいのか!?
メニュー完遂できてないけど、それでいいのか!?

さらにさらに、ハッピーメーターからタックスネオ2にしたことで、完遂できないメニューが激増w FTPを下げたり、やり直すなどして、しっかり完遂すべきだったかも・・・。う~ん、そのままにしちゃった。。。(;´Д`)

タックスネオ2にしてから、特にクリスクロス系のメニューが何一つ完遂できなくなりましたなm9(^Д^)プギャー

2019年下半期に向けて再スタート

という訳で、残念でちょっと悔しさ残る上半期でありました。とは言え、これが現実。現在の実力であります。下半期はスッキリ終われるよう、今から準備してまいりましょう(`・ω・´)

ベースをしっかり、ベース、ベース

SSTでベースづくりから再スタート
SSTでベースづくりから再スタート

宮古島、富士ヒル、富士国際を振り返って、特に足りないと感じたのは「走り切る体力」であります(;´Д`) レース時間が1時間超えると途端に息切れ・・・

ペース走、してないもんなぁ。。。去年は60分とか90分のペース走しておりましたが、今年はものの見事に一切しておりませんw

ジテとれやパワートレーニングバイブルを読んでいても、「ベース」「ビルド」と、目標レースに向けて段階的に練習を組み立てる「ピリオダイゼーション」が大事とあります。次なる目標レースの沖縄まで4ヵ月(16週間)ありますので、まずは8週間、この夏しっかりベースを鍛えなおすところから始めよう、そうしよう、なのであります(`・ω・´)

しっかし、タックスネオ2でやるSSTは鬼のようなツラさでござる(-_-;) SSTでこんなにツラいということは、とてもじゃないけどFTPとかL4の20分走とか完遂できる気がしませんな(;´Д`)

という訳で、2019年上半期のレースの棚卸! なお話でした。一歩進んで二歩下がる(゚∀゚)! 焦らず地道に、下半期も練習とレースとサイクリングを楽しんでまいりましょう!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ