iPhoneはロードバイク用カメラになり得るか? 時坂峠でiPhone 11 Proの真価を問う

時坂峠でiPhone 11 Proを試し撮り
時坂峠でiPhone 11 Proを試し撮り

秋のヒルクライムレースがテンコ盛りだった週末、僕らも・・・!!! 特にどのイベントにも参加しませんでした(´_ゝ`) 出張だったからね、しょうがないしょうがない。という訳で、ゲットしたばかりのロードバイク用カメラiPhone 11 Proの試写に時坂峠に行くことにしましたぞ。

iPhone 11 Pro片手に時坂峠(とっさかとうげ)をめざす

ではでは早速に出発進行! めざすは我が家から最も近い峠のひとつ、時坂峠(とっさかとうげ)です!

iPhone 11 Proの広角が広角(@_@;)

iPhone 11 Proの広角が広角(@_@;)
iPhone 11 Proの広角が広角(@_@;)
アクションカメラ並みの広角
アクションカメラ並みの広角

多摩サイを遡上して武蔵五日市方面を目指すのです。その間、iPhone 11 Proのスムーズな取り出し方法や操作方法を確認

それにしてもこの広角、すごいですな(@_@;) HDRと相まって、不思議な写真であります。

葉っぱのディテールもなかなか出ていて繊細・高解像度。ふむふむ、これはなかなか良いではありませんか(゚∀゚)!

1年ぶりの時坂峠はやっぱり都会のオアシスだった

前回、時坂峠に来たのは2018年5月だそうな。ほぇ~、時が経つのは早いねぇ(・_・;)

お祭りの武蔵五日市を抜けてちとせ屋へ

武蔵五日市はお祭り開催中
武蔵五日市はお祭り開催中
いつもの交差点を右折
いつもの交差点を右折
檜原村の住宅街を抜けて
檜原村の住宅街を抜けて
ちとせ屋の角を左に入ると時坂峠
ちとせ屋の角を左に入ると時坂峠

武蔵五日市に着くと何やら大きなお祭り模様。長らくこっち方面に来ていますが、こんなお祭りがあったとは知らなんだ(;^_^A

市街地を抜けたらいつもの交差点を右折し林道方面へ。んで、すぐ左手に現れる豆腐屋さんの脇の路地が、本日めざす時坂峠の入り口であります。

時坂峠で頑張るデゲメン氏をiPhone 11 Proで追う

時坂峠はTT
時坂峠はTT
4倍以上でグイグイ上っていくデゲメン氏
4倍以上でグイグイ上っていくデゲメン氏
この日の時坂峠トップ3に入る速さ
この日の時坂峠トップ3に入る速さ
半分を過ぎてもまだペースは衰えず
半分を過ぎてもまだペースは衰えず
景色が抜群に良い時坂峠
景色が抜群に良い時坂峠
間もなく時坂峠のゴール
間もなく時坂峠のゴール
時坂峠にたどり着きました
時坂峠にたどり着きました

時坂峠に入ったら、ここからは各自のペース。最近めっきり走行距離が減りつつあるデゲメン氏は時坂峠でガンバルマンに。4倍くらいでグイグイ上っていきます(; ・`д・´)

時坂峠は都内屈指の激坂・和田峠と似た距離・平均斜度なのだけれども、上りやすさと景色の良さは段違い。淡々と同じ斜度が続くので攻略しやすく感じるのかもしれません(*´ω`)

スマホのカメラの進化に驚いた

という訳で、時坂峠でiPhone 11 Proの試写をしてきたのでありました。しっかし、スマホのカメラがここまで進化していたとは嬉しい限り(*´ω`)

iPhone 11 Proでいいのではないでしょうか?

ロードバイク用カメラは iPhone 11 Proでいいのではないでしょうか?
ロードバイク用カメラは iPhone 11 Proでいいのではないでしょうか?

写真はブログの生命線。今まではスマホのカメラに納得できず、GRをプラスアルファで持ち運んでおりました。しかし、この度、iPhone 11を導入してみて思った。

ロードバイク用のカメラはiPhone 11でいいかな?

解像度や速写性、使いやすさはGRに一日の長ありですが、今回iPhone 11 Proを使ってみて、これならカメラの呪縛から解き放たれるかなと、ようやく安堵の思いです。HDRな画像も時代の潮流とみれば、まぁ良し。

もちろん、ロングライドや遠征等々ではGRを必ず携行しますが、ガチ練習や強度高めになりそうなときはiPhoneのみで対応できそう。そんなiPhone 11の可能性を確認できて万々歳でありました(*´ω`)

以上、iPhone 11 Proの試写をかねて時坂峠に行ってみた! なお話でした。あぁ、僕も赤城山ヒルクライム出たかったなぁ(´;ω;`)ウッ… 今週末のふじあざみラインのレースは先週走れなかった分、頑張るぞぅ(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ