PVアクセスランキング にほんブログ村

んん、ZWIFT値上げするん!? 突如現れたズイフトの謎の料金体系に、ニワカ・ズイフターのワシ動揺す(; ・`д・´)

2020/08/06

ZWIFTが実質値上げに!? 謎の料金体系が出回る
ZWIFTが実質値上げに!? 謎の料金体系が出回る

ツイッターをツラツラ眺めていたら、あら大変! みんな大好きZWIFTの料金体系が変わるかもしれないのかしらん!? もしこれが現実化したら、実質値上げという感じかしら(・_・;)

突如現れたZWIFTの謎の料金体系

CBN経由で知ったZWIFTの料金体系に関する情報。元ネタはツイッターで、それを見つけた人がZWIFTフォーラムに掲載したようです(ZWIFTフォーラムの記事はこちら)。

9.99~29.99ドルの3つの料金体系になる?

ZWIFTの謎の料金体系
ZWIFTの謎の料金体系

ZWIFTフォーラムに掲示された画像は、3つの料金体系を示したもの。最も安価なものが月額9.99ドル相当のプラン(年間契約)で、一番高いのが月額29.99ドルです。

9.99ドル相当のプランは現行のトレーニング(※トレーニングプランはなし)とレース機能を使用でき、ステージイベントやステアリング、ブレーキなどの機能はなし。今大流行のミートアップもできない模様

29.99ドルのプランはワークアウトが動画・音声付きになったり、トレーニングプランが使えたり、レースも「プレミアム(リーグ戦!? シーズン戦!?)」になったり、ミートアップできたり、ブレーキ機能が付いたりと盛りだくさん。「ZWIFTコンパニオンを使えない」というのは、ちょっと謎であります。

ちなみに、真ん中の月額19.99ドル相当(年間契約)はカスタマイズ可能なトレーニングプランがあったり、グループアクティビティが「プレミアム(クラブ!? スペシャルイベント!?)」があったり、ステアリングとブレーキが使えたりと、こちらも充実の内容・・・なんですが、なぜかレース機能はないらしい。謎だ(・_・;)

※追記(8月6日):料金体系(案?)は、どうやら何種類もあるみたいで、↑のものはその中の1つのようです。全種類はコチラで見られます。

ZWIFTの謎の料金体系に対する反応

ツイッターに投稿された↑の料金体系(案?)、現在は削除されてしまっていて見られないようです。んで、ZWIFTコミュニティの反応は・・・

“実質値上げ”に残念な声

ミートアップが使えないなど、実質値上げに等しいこの料金体系。やはり反応は芳しくなく、

  • 悪夢だ
  • ストラバを思い出す
  • どのプランも自分の目的にはそぐわない
  • 早速解約だ(゚∀゚)!

など、否定的な意見がほとんど

ZWIFTフォーラムでは、この料金体系に関するアンケートが届いていることが報告されています。なので、ZWIFTが真剣に3階層の料金体系を検討しているのは間違いなさそうです。

もしZWIFTが値上げされたらどうする?

仮に↑の料金体系になったとすると、9.99ドル×12-1ヵ月分=109.89ドル、29.99×12=359.88ドルとなります。現在は1650円×12=19800円なので、最安プランだと割安か同等に、最高プランだと1.5倍以上になりますな。

続けるか、続けるならどのプランにするか?

僕はズイフトでワークアウトさえできれば満足なのだが・・・
僕はズイフトでワークアウトさえできれば満足なのだが・・・

これはとても悩ましい(;´Д`) まず、ズイフトを続けるか、止めるかということが頭をよぎります。続けるとしても、どのプランを選ぶかがまた悩ましい。

「プレミアム」なレースとミートアップで年間360ドルだと、日本円にすると4万円近いのでは!? おおぅ、これはなかなかの出費でありますな。。。

目下、雨の日しかズイフトしない、しかもワークアウトしかしないワタクシにとって、ズイフトは必要なのか考えるときがきたかもしれません。。。

以上、ウソ?ホント!? みんな大好き僕も大好きZWIFTが新しい料金体系を検討しているようです、なお話でした。トレーニングピークスにズイフトにストラバに・・・ロードバイクって実はサブスクリプションがかなりいっぱいあるのですね。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ