【動画あり】サンタクルズブラー(MTB)で林道真名井線を上ってみた

マウンテンバイクで林道真名井線を走ってみた!
マウンテンバイクで林道真名井線を走ってみた!

林道真名井線が未知なる道を示してくれそうな気配を感じた2021年春。これはもう自分の目と脚で確かめてみるしかない(゚∀゚)! という訳で、会社を半休して林道真名井線を調査してみました! うひ~、グラベル林道、半端なかった(;´Д`) 林道真名井線を動画付きでご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

林道真名井線にマウンテンバイクで行ってみよう!

思い立ったら居ても立っても居られなくなるのが我が性分。会社休んじゃおっと(*`艸´)ウシシ

自走で林道真名井線へやってきた

林道真名井線をMTBで調査します
林道真名井線をMTBで調査します

東京都の森林事務所HPをチェックして、林道真名井線はどうやら通行止めの柵があるらしい。が、林道系バイクYouTubeなどを観るに、その柵はかなり奥まったところにあるそうな。

どこまで行けるのか、行けるところまで行ってみようという魂胆でいざ出発!

池袋から林道真名井線の入り口まで自走でひたすら約60㎞。たどり着くまでに、もうヘトヘトです(-_-;)

サンタクルーズブラーの本領発揮! 林道真名井線を上る

林道の入り口ですでに脚完売状態で、「自走で来るんじゃなかった」と大後悔。だがしかし、本当の目的はここからであります!

林道真名井線、いざ突入!

林道真名井線に突入します!
林道真名井線に突入します!

起点となる川(大丹波川の支流)と林道看板を過ぎたら、いよいよ待ちに待った林道真名井線に突入! 林道入り口のゲートもワイドオープンで、ひょひょひょ、気持ち高鳴る(゚∀゚)!

グラベルのヒルクライム難しすぎ/(^o^)\

砂利のヒルクライム、難しすぎ/(^o^)\
砂利のヒルクライム、難しすぎ/(^o^)\

よくよく考えたら、グラベルのヒルクライムは今回が初めて。これがまぁ難しいのなんの(; ・`д・´) (僕にとっては)大きい石にハンドルを取られないようにしているとケイデンスが落ちてしまったり、パワーを出そうとすると後輪がスリップしてしまったり・・・。

淡々とペダルに集中してペースを守るのが大事なロードバイクとはエラい違いだ。真名井線を上り始めて最初の数分で、「今のスキルでは王滝の上りクリアできない!」と気付きました(-_-;)

舗装路が神

舗装路が神
舗装路が神

真名井線は斜度的に和田峠に近いかもしれません。かなりの勾配(8~12%)があって、しかも全部(当然ながら)グラベルで、ロードバイクのときとは比べ物にならないほどの疲労感。

「もう、この砂利道、いつまで続くの~ヽ(*`Д´)ノ」と、正直グラベルが嫌になってきたところに、なんと舗装路が!

これが超神! やばい、休める、舗装路最高! どうかこのまま最後まで舗装されていてくれ~

また転んだ(-_-;)

願いは虚しく、すぐにグラベルに戻る
願いは虚しく、すぐにグラベルに戻る

そんな僕の願いは虚しく、舗装路はあっという間にガレキ道に早戻り。しかも、真名井線は進めば進むほど斜度が上がり、砂利も大きくなってくる感じ。

もうヘトヘト・・・足つきたい(;´Д`) 弱音を隠さず、すでに最大ローに入っていたギアをもう1段、ローに入れようとしたところ!!

ガチャン、ガラガラガラ!!! ありゃりゃ、スプロケの内側にチェーンが落ちちゃった(◎_◎;)! そして、困った! ここは凄い斜度! さらに、右足のクリートが外れない!!!

またしても転倒
またしても転倒
マウンテンバイクで転ぶ回数多いなぁ。。。
マウンテンバイクで転ぶ回数多いなぁ。。。

あああああぁ~(;´Д`)

情けない悲鳴をあげながらガッシャ―ン・・・また転んでしまった

林道真名井線の終点(柵)に到着

心が折れて押し歩きます。。。
心が折れて押し歩きます。。。

マウンテンバイク乗ると、毎回転倒している気がします。「めちゃくちゃ才能ないのでは(-_-;)」と思いつつ、再スタート。

途中、何度か押し歩きをして(安全対策w)、おぉ、先に何か見えるぞ!

道の先に柵が見える
道の先に柵が見える
通行止めの柵にたどり着きました
通行止めの柵にたどり着きました

これが森林事務所の言っていた「柵」でござるか。あぁ、何とかたどり着けて良かった~(;´Д`)

マウンテンバイクは下りも大変だぞ

通行止めの柵をわざわざ突破するつもりは毛頭ございません。もう帰る、帰りたい。だがしかし、マウンテンバイクは一筋縄では終わりません。ダウンヒルも大変なんだぞぅ(; ・`д・´)

下りは休めません

マウンテンバイクは下りも休めない
マウンテンバイクは下りも休めない

ロードバイクであれば下りは休憩区間でありましょうが、マウンテンバイクは休めませんよ!?

おぉぉおおぉ、グラベルの下り、めっちゃ怖いやんけ(; ・`д・´) ドロッパーシートポストのおかげで自由な姿勢を取ることができるものの、とにかく気を抜けない。景色を眺めるゆとりはありません。

ガタガタの振動で手が痛くなるし、脳みそが揺さぶられるしで、まぁエライこと。上りはユックリしか上れず、下りでも速度を稼ぐことができないとは、こりゃぁ王滝、相当難しいぞ!?

林道真名井線のマウンテンバイク動画を撮ってみた

無事、林道起点に戻ってきたときは心底ホッとしました。最後に、林道真名井線のスペックなどをご紹介。GoProでMTBヒルクライム動画も撮りましたで、ご参考にどうぞ~

林道真名井線のスペック

林道真名井線は約5km、8%のグラベル林道
林道真名井線は約5km、8%のグラベル林道

林道真名井線のスペックはストラバにはありませんで、手元データでザックリ集計。それによると、距離は約4.8kmで、380mほど上ります。

なので平均斜度は7.9%でありますな。最大は17%があったかな? 後半にかけて10%を下回らなくなってくるのがエグいところ。

わずか30分少々のヒルクライムですが、こんなに疲れたのは久しぶりです。グラベルのヒルクライム、厳しいな(;´Д`)

動画でみる林道真名井線

【MTB動画】東京のグラベル林道「林道真名井線」をマウンテンバイクで走ってみた

最後に林道真名井線、起点から柵までの動画をどうぞ! 王滝対策で、何とかグラベルの上りをスムーズにこなせるようになりたい。

王滝、40km部門にしておけばよかった~.˚‧º·(ฅωฅ*)‧º·˚.

以上、林道真名井線をマウンテンバイクで走ってみた! なお話でした。真名井線のあと、別の林道を探検しようと思ったけど、そんな気力・体力はなかった(;´Д`) マウンテンバイク、物凄いフィジカルが必要ですな。とりあえず、自走で体力を消耗するのは止めるようにしよう。。。

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
マウンテンバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました