デュラエース品薄で半年待ったS-Works Tarmac SL7、遂に納車

 S-Works Tarmac SL7、納車されました!
S-Works Tarmac SL7、納車されました!

「ロードバイクで素敵な賞品生活」を夢見るborikoです、こんにちは(´_ゝ`) なんと、この度、我が家の賞金王にして賞品王、出るレースはだいたい入賞のデゲメン氏が新車をゲットしましてね。“遂にMTBキタカコレ(゚∀゚)!”と思いきや、ロードバイクの新しいのヽ(・ω・)/ズコー S-Works Tarmac SL7、半年待ってようやく納車されました(*´ω`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

選ばれたのはS-Works Tarmac SL7

S-Worksルーベの2014年モデル(だったかな?)を愛用していたデゲメン氏。約6年ぶりに新しいロードバイクに乗ることになりました。

半年待ったS-Works Tarmac SL7

SpecializedのS-Works Tarmac SL7、納車まで半年かかりました(;´Д`)
SpecializedのS-Works Tarmac SL7、納車まで半年かかりました(;´Д`)

選ばれたのはお馴染みSpecializedのS-Works Tarmac SL7。実は去年の9月に発注しておりまして、その後、フレーム、パーツ、ホイールとほぼすべての部品の調達に難航し、半年待っての納車となりました(;^_^A

中でもSTIレバーの調達が大変で、片方ずつ、どこかしこからかき集めてくださったのだそう。日本だけでなく、世界的に品薄とは、スポーツバイクの人気の高まりを象徴しております。

品薄の背景には、皆さん期待の新しいコンポのために在庫整理とか製造ラインが絞られているとか、100周年写真集の編集で忙しかったとか、そういったウワサもあるようですが、はてさて(´_ゝ`)

何はともあれ、辛抱強くパーツを見つけ出してくださったショップに感謝感謝でございますm(_ _)m

しっかし黒いな、S-Works Tarmac SL7

「遂にパーツ入荷で完成間近!」の連絡を受けたときは小躍りしたものです。速攻仕事を切り上げて早速にS-Works Tarmac SL7とご対面!

黒い、黒すぎるよ、S-Works Tarmac SL7

S-Works Tarmac SL7とご対面
S-Works Tarmac SL7とご対面

出来上がったS-Works Tarmac SL7を見て、(ワタクシは)ビックリ(デゲメン氏は超ご満悦)。めっちゃ真っ黒だなw

唯一のアクセントのバーテープとBBの差し色を除いて、全部ブラックであります。色選びが渋いのか、冒険しないタイプなのか。。。個々人の個性と感性が出ますですな(・_・;)

調達に難航したホイールも、白ラベルならすぐ手に入ったそうですが、あくまで漆黒の黒ラベルにこだわって待ち続けたデゲメン氏。並々ならぬコダワリが垣間見えます(; ・`д・´)

よく見ると“緑”なんです

デゲメン氏のS-Works Tarmac SL7は黒いけどグリーンなんです
デゲメン氏のS-Works Tarmac SL7は黒いけどグリーンなんです

オールブラックかと思いきや、実はよく見ると、日差しの下で見ると、グリーンに見えたりします。

↑の写真では分かりづらいかもしれません。シートチューブがグリーンのラメっぽく光っているのが見えますでしょうか。ラメを吹き付けたような塗装で、ややもすると素材のカーボンむき出しに見えたりしなくもない、不思議な塗り方であります。

S-Works Tarmac SL7のコンポーネント

んで、気になるコンポーネントでありますが、初めてのDi2(◎_◎;) しかもデュラエースかよ(; ・`д・´)

パワメもあるでよ

BLTのパワーメーター付きでZWIFTし放題(゚∀゚)!
BLTのパワーメーター付きでZWIFTし放題(゚∀゚)!

コンポーネントはレバー、ブレーキ、クランク、前後ディレイラーが全部デュラエース。シマノ純正パワーメーター付きで、これでZWIFTやり放題!?

ビッグプーリーってどうなの?

ビックプーリーってどうよ?
ビックプーリーってどうよ?

そして注目がこのビックプーリー。お勧めされるがままに取り付けていただきましたが、見るからにデカい。倒して、ポッキリ折ってしまいそう(; ・`д・´)

ビックプーリー、ワタクシは使ったことがありませんが、はてさて、何のメリットがあるんでしたっけ(;^_^A 聞いたけど忘れてしまった。。。(-_-;)

実測、S-Works Tarmac SL7の重さ

デュラエース + Rapide CLX(タイヤGP5000)+ ペダル(ルック?)で重量を測ってみましたアル。まだまだ改善の余地はありそうな重さでありましたよ!?

実測7.35kgでした

S-Works Tarmac SL7の重さは約7.3kgだった
S-Works Tarmac SL7の重さは約7.3kgだった

吊下げ式のデジタル測りで重さを測ってみたところ、実測7.35㎏(ペダル、ボトルケージ含む)でありました。

S-Works ルーベは7.6kg(ペダル、ケージ込み)ほどなので、重さ的メリットは当初期待していたほどはないみたい(;^_^A 改善するなら、その余地はたっぷりありそうで、特に怪しいのがハンドル回りでしょうか。

エアロフライⅡ、公称235g(サイズ42)だそうですが、はてさて。ステムと合わせるとガッチリした造りで、ハンドル回りはそれなりに重量ありそうな気がしなくもありません。

おこぼれにあずかって幸せです(*´ω`)

そんなこんなで、デゲメン氏に6年ぶりの新車が納車されたのでありました。うっしっし、これで氏にはどんどんレースに出てもらって、コロナでしばらくご無沙汰していた「素敵な賞品生活」を満喫しちゃうぞ(*`艸´)ウシシ

ホイールバッグいただき!

僕のご褒美はホイールバッグ!
僕のご褒美はホイールバッグ!

しっかし、デゲメン氏だけ新しいのゲットは羨ましい。。。なんか僕にもないの!? と思ったら、おぉ、Rapide CLXのホイールバッグくれるって(゚∀゚)!

ナニコレ、このホイールバッグめっちゃデカくて丈夫! マウンテンバイクのホイールも楽々収納できるじゃん! しかも肩で吊り下げるショルダーバッグ方式になっていて、持ち運びに超便利!

もう返さない、返さないよ! このホイールバッグ、僕のだからね!

ウッシッシ、賞品生活だけじゃなく、新車納車でもおこぼれにあずかれるなんて最高だわい。持つべきものはデゲメンです(*`艸´)ウシシ

以上、デゲメン氏に漆黒グリーンのS-Works Tarmac SL7が納車されました! なお話でした。まだマトモな実走はできておらず、ローラーで調整している真っ最中。週末が楽しみ、ヤビツとか行っちゃおうかな(*´ω`)まさかのタイム激落ちしちゃったりして(* ´艸`)クスクス

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    壁ちゃんこそ新車おめでとう(*´ω`)

    まさかSL7とはビックリしましたわいw インプレとか気になるから、ヤビツとかとか行きましょう。
    大磯も出るでよ、もしそこで会えたらみんなに見せびらかそうw

  2. ちょうなん より:

    (´・ω・`)人(´・ω・`)SL7ナカーマ

タイトルとURLをコピーしました