今やるべきロードバイクトレーニングはコレだ(ドレだ?)! ポラライズドトレーニングの賛否両論に見る最適な練習とは?

結局ポラライズドトレーニングってどうなの?
結局ポラライズドトレーニングってどうなの?

間もなくロードバイクもシーズンインで、トレーニング熱が盛り上がってきているところでありますが! 「どの練習方法が一番効果あるのねん!?」は、我らローディーが一番知りたい・気になるところ。ピラミッド、閾値、ポラライズドなどなど、数々ある練習方法の中で最も最適なものはどれなのか!?

ツイッターでフォローしている方が今最も話題の「ポラライズドトレーニング」に関する記事を紹介していたので、その内容をざっくりご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

The Case For (and Against) Polarized Training(POLトレーニングへの支持・反論)

我らがじてトレもRTしていたので気付いた人も多いのでは!? ご紹介されていたのは「The Case For (and Against) Polarized Training」と題した記事であります。和訳するなら、さしずめ「POLトレーニングへの支持または反論」という感じでしょうか?

The Case For (and Against) Polarized Trainingの内容

ではでは、記事がどのようなことを訴えているのか、その内容をざっくり、超ザックリ要約します。ポラライズドトレーニングは長いので「POLトレーニング」と省略しますのでご注意を。

箇条書きで記事の流れを追いますと、だいたい以下の通り。

記事の要約

  • POLトレーニングは約20年前、アメリカ生まれのノルウェー人、Stephen Seilerが持久系トップアスリートの練習内容を観察して発見。
  • POLトレーニングの定義が時間の経過とともに変化。その過程で強度分布が少し異なる「ピラミッド法」が出てくる。POLが70:10:20に対し、ピラミッドは70:20:10で真ん中(閾値)の強度が多いのが特徴。
  • POLとピラミッドの、どっちが最適論争が勃発。
  • 実際はPOLとピラミッドの分類はとても曖昧。ランニングの研究では、速度で分類するとPOLだが、心拍を基準にするとピラミッドになったりする。
  • POLにはカルシウム系・AMPK系を通じてミトコンドリアを刺激すると主張する人も。一方、POL反論派は、それを単なる推測と一蹴。
  • POL反論派は、「どの研究も適切に分類・定量化したらPOLじゃなくてピラミッドじゃん!」というのが論点。

The Case For (and Against) Polarized Trainingの(残念な)結論

記事のおおまかな流れは上記の感じで、詳しいデータや意見などは本文をご参照くだされ。しかし、これでは議論の応酬を俯瞰したにすぎません。知りたいのはソレじゃない。一番知りたいのは「どっち!?」なんです

残滓の閾値(THR)トレーニングに光あり?

POLへの賛同・反論を俯瞰したところで、起承転結の「転」が登場! それが、置き去りにされた「閾値(THR)トレーニング」であります。

えぇ・・・、なんで今さら。POL賛同派(にしろピラミッド賛同派にしろ)、散々THRを唾棄してきたじゃないですか(;´Д`)

That question is particularly interesting at the moment, because there are some notable examples of current athletes who believe that threshold training—the forbidden zone, in a strict definition of polarized training—is actually the most important focus of their training.

[抄訳] 「POLまたはピラミッドが本当に最適なトレーニングなのか?」という問題は、このタイミングで非常に興味深いものになる。というのも、POLでは厳格に“禁じられたゾーン”である「THRトレーニング」を信じて、集中的に閾値を鍛え成功したアスリートがいるからだ。

The Case For (and Against) Polarized Training

somewhere in the middleはズルいぞ

記事では続いて、THRトレーニングを実践し、オリンピックで活躍した選手の事例を紹介。まさに起承転結の「転」。「POLトレーニングへの賛否両論」に対する結論はどうなってしまうのか!?

と思ったら、結論は(やっぱり?)まさかの「somewhere in the middle」。(POL、ピラミッド、THRの)「真ん中くらい」ってナニ~(;´Д`)

somewhereなんて愛の流刑地かよ、川の真ん中の中洲かよ、そうじゃない、そうかもしれないし、正しいのだろうけど、そこで敢えて一歩踏み出して、「いや実は最適なのはPOLでもピラミッドでもなくて、ひたすらZWIFTレース出まくることです」くらい言ってほしかった(それが後から分析したら結果的にPOLとかになるなら万々歳ではありませんか)(;´Д`)

But after watching Ingebritsen, Blummenfelt, and van der Poel demolish their by-the-book rivals, there’s no way I’d stick my neck out and declare any particular training approach as the one true path.

[抄訳] THRばかりをやってライバルを打ち負かした選手の事例を見てみると、とてもじゃないが1つのトレーニング方法が真実の方法だと断言することはできない。

The Case For (and Against) Polarized Training

変わりゆくトレーニング論から何を学ぶべきか

という訳で、今大人気(?)のPOLトレーニングの賛否両論を俯瞰した「The Case For (and Against) Polarized Training」のお話でありました。閾値トレーニングも捨てたものじゃない!? そう思ってしまっても、それはあながち間違いではないのかもしれません。

めざすところを見よう

ワタクシは2022年は閾値トレーニングしかしてませんが何か
ワタクシは2022年は閾値トレーニングしかしてませんが何か

POLやピラミッドやTHRや、何ならHIITなんてのもあったりして、トレーニング方法は盛りだくさん。どれを選べばいいんじゃい!? と悩みまくってたどり着いたのが、「somewhere in the middle」という正論過ぎるド正論では、肩を落とさざるを得ない( *´艸`)

「コレが最適な方法です」とズバリ言ってくれるライザップが流行るのも納得です。考えるの面倒だし大変だし、何より正解が見えないので必ず路頭に迷うし。

そんな迷える子羊だからこそ、せめて「自分がどんなレース(やイベント)でどんな結果を手にしたいか」だけは忘れたくないもの。指針というか目標というかゴールになりますでな。そこから逆算していけば、きっと、自ずから、自然に適切・最適な練習方法が見えてくる・・・と思いたい。

信じる者は救われる。それこそがトレーニングなのかもしれません。

で、富士ヒル70分切るにはどのトレーニング方法が良いんだい!?

以上、今話題のPOLトレーニングの賛否両論を俯瞰して、ローディーに最も最適なトレーニングを考えよう!なお話でした。

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
トレーニングロードバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました