シマノのことも思い出してあげて! 冬用ジャージにACCU3D サブゼロジャケットはどうでしょう??

ACCU3Dサブゼロジャケットで走ってみた!

ACCU3Dサブゼロジャケットで走ってみた!

予定より早く仕事が終わりそうなので、今日こそはローラーできるぞ!!と、その前に、忘れぬうちに、我が愛しのシマノ謹製ACCU3D サブゼロジャケットをインプレするよ! みんなも、シマノ、大好きだよね!?

[ad]

スポンサーリンク

ACCU3Dはシマノサイクリングウェアの最高峰

 ACCU3Dはシマノサイクリングウェアの最高峰

ACCU3Dはシマノサイクリングウェアの最高峰

ACCU3D・・・そもそも何て読めばいいのか分かりませんが、どうやらスゴイ技術でつくられているらしいのです!

最高レベルで競い合うライダーのためのウィンタージャケット

ACCU3D サブゼロジャケットの特長は、何と言っても体幹温度を37度に保つように設計されていること! 何で37度??

シマノのサイクリングウェアはSTRVコンセプトのもと、ライダーの体幹温度を37℃に保つように設計されています。徹底した社内試験により、ライダーの筋肉が最も活発に機能するのが37℃であると証明されているからです。STRVでは、運動強度、風速、外気温にも着目し、寒い季節のライディングパフォーマンスと快適さをさらに高めようとしています。

出典:STRVテクノロジー

だそうです。しかも、それだけじゃありません! 何と言っても、この殺し文句!!

最高レベルで競い合うライダーにとっては、寒い冬でも暖かくドライな状態を保つことが大きな課題です。シマノのハイパフォーマンスACCU3Dレイヤリングシステムは、すぐれた透湿性と吸湿発熱機能で、パフォーマンスを最大限に発揮するための理想的な体温維持を可能にします。

出典:運動強度

最高レベルで競い合う・・・ぼ、ぼくのことかな?? でゅふふ(´◉◞౪◟◉)


ACCU3D サブゼロジャケットのサイズ感はどうだろう??

シマノのサイズはアジアサイズを見よう!

シマノのサイズはアジアサイズを見よう!

さて、気になるのは、やはり着心地とサイズ感ですな。デザインは問題ないでしょう、皆さんシマノが大好きなはず!

178cmでアジアサイズL(ヨーロッパサイズM)がジャストフィット

ワタクシ、身長178cm・体重64kgで、お腹ポヨポヨのビール腹^^;) これで、アジアサイズのL(ヨーロッパサイズのM)が一応のジャストフィットです。手があと1~2cmほど長いと嬉しいなぁという感じですが、ウエストや胸まわりも問題なし。ひとつ上のサイズだと、ぶかぶかかもしれません。

通販ではヨーロッパサイズで表示されることが多い

Amazonなどの通販でいっつも迷うんですけど、シマノ(やほかのメーカーも)ってヨーロッパサイズでサイズを選択するようになっています。日本人をはじめとするアジア人は「アジアサイズ」を見ないといけんですな。ひとつサイズが違うとダメージでかいので、くれぐれもご注意くださいませ。


晩秋の尾根幹でウィンタージャケットを試してみた!

では、お待ちかね!? 10度以下に冷え込んだ11月22日の尾根幹でACCU3D サブゼロジャケットを試してみました!

気温10度以下なのに暑い!!

この日の服装は、インナーにパールイズミのサーマフリース ロングスリーブを着て、ACCU3D Rタイプ ウインドレジスタントビブタイツ、そして、このACCU3D サブゼロジャケットという格好でありました。そうすると、ですね、もう暑くて暑くて!ものすごい保温力と防風性ですよ! 寒がりの僕が2枚だけで10度以下の中を走り回れたのはすごいことでございますよ・・・。シマノさん、すごいです・・・。

ロードバイクに適した動きやすさ

縫製が前傾姿勢に合うようになっているのでしょうね。下ハン持っても、まったく違和感ありません。むしろ、何だか体を支えられているような感じで楽なくらい。普段のように直立しているほうが肩凝るかも!? ロードバイクに適した動作のしやすさでした。

悩みは、抜群の保温性から来る汗冷え

廃熱用の穴はあるけれど

廃熱用の穴はあるけれど・・・

一方、困ったのは、汗冷えがすごかったこと。当日はやっぱり暑かったのかな?? バックポケットに大きな通気口が設けられていますが、これだけでは廃熱が十分じゃなかったようで、汗が止まらぬ。いや、汗が出ているうちはいいのだけれど、停止した後の汗冷えが地獄のよう。外気温よりも汗冷えが堪えますわ。これは、もっとしっかりしたインナーを用意しないといけないのかなぁ・・・。今度、ファイントラックのヤツで試してみましょう、そうしましょう。

という感じで、あまりに気に入ったので、最近は会社にも着てってるyo!これなら、真冬の奥多摩も問題なくイケるよ! シマノ、かわいいよ、シマノ( *´艸`)


Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
レビュー・インプレ
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    コーラさん、ありがとうございます。

    ファイントラック、僕も1枚持っておりますよ~^^
    汗冷え防止に、素晴らしいですよね^^

    いつも重ね着しすぎで、暑くて汗ダーダーのため、
    せっかくのファイントラックが意味を成しておりませんが・・・(; ・`д・´)

  2. コーラ より:

    borikoさんより12cmも小さいのに、体重は2kgも重いコーラです(´Д`)
    めっさ凹みました(T^T)

    ファイントラック愛用者でもあるです♪
    こちらは絶賛お勧めでーす\(^o^)/
    おいら夏でも冬でも着てますです☆彡

タイトルとURLをコピーしました