ロードバイク

レビュー・インプレ

なんでこんなにお安いの!? アマゾンで超激安ケイデンス・スピードセンサーを買ってみた

ロードバイクのデータ取りで最もベーシックな機材と言えば、ケイデンス・スピードセンサー。ガーミン純正品は1万円弱する中で、アマゾンに出品されているスピードセンサーの多くが、その半額から最大1/5の驚き安値プライス! なぜ、同じスピードセンサーでこんなにも価格差があるのか!? 怖いもの見たさで、試しに激安ケイデンス・スピードセンサーを買ってみました。
ブログ運営

セッション、PV、グーグル砲、全部公開! 2021年のロードバイク&マウンテンバイクブログを赤裸々に振り返る

ロードバイクブログやマウンテンバイクブログは数あれど、いったいどれくらいアクセスはあるものなの!? これからロードバイクブログを始めたい、あるいはすでに始めていて、さらなる目標や目安が欲しい人のために、当ブログ「Boriko Cycle」の2021年のアクセス数を一挙大公開! グーグルアナリティクスの基本データ、さらにはグーグル砲がさく裂した記事の紹介まで、できるだけ詳しく分かりやすくロードバイクブログの実情を赤裸々に公開します。自転車ブログを始めるときの参考にぜひご活用ください!
マウンテンバイク

2021年はどんな1年だった? boriko的2021年のロードバイク&マウンテンバイク生活を振り返る

2021年も残すところあと2週間を切りました。という訳で、クリスマスにもなっていないというのに、ひと足早く我がロードバイク&マウンテンバイク的2021年を振り返ってまいりたいと思います。今年2021年もたくさん自転車楽しんでしまった(〃艸〃)ムフッ
スポンサーリンク
ロードバイク

MTBのペダルはフラペとビンディングどっちがいいの? S-Works Epic HTにXTR PD-M9100を導入したら大変だった件

ロードバイクにビンディングペダルが必須なように、マウンテンバイクにもビンディングペダルが必要なのではないか!? そう思ってしまうのがロード脳の悲しい性癖なのかもしれません。マウンテンバイクなS-Works Epic HTのペダルをフラットペダルからシマノ謹製XTR PD-M9100に交換したら大変なことになりました。マウンテンバイクはフラットペダルとビンディングペダル、どっちがいいのか!? 検証します。
トレーニング

12月はFTP更新月間ですか(∩´∀`)∩ 富士ヒル70分切りに必要な条件クリアまであと半分(先は長い

来年2022年の大いなる目標・それがMt.富士ヒルクライムで70分を切ること。体重65kgの人間が富士ヒルで70分切るのに必要なパワーは270W。70分270Wまで、どのくらい近づいているのか? Zwift謹製SST(Short)を使ったほぼほぼ全力走で、40分の持続パワーを測定しました。
トレーニング

SSTはやはりFTP向上に効果あり!? 週5回ZWIFT謹製SST(Short)続けたらFTPが上がったそうなんです(・_・;)

SST(スイートスポットトレーニング)に効果はある! いや、SSTだけでは足りない! 高強度をやれ!! さて、一体どちらのトレーニング理論が正しいのでしょう!? SST・閾値トレーニング派とポーラライズド・トレーニング派の間で引き裂かれるローディーに、この度、面白い結果が現れました。SST、週5ペースで続けたらFTP更新が検知されたんですけど・・・今まで全然上がらなかったのに(・_・;)
ロードバイク

賛否両論、JBCF2022年クラスタ振分け! 最高成績・完走のワタクシ、昇格してよろしいのでしょうか(・_・;)

日本ロードバイク界で屈指の実力者が揃うJBCF 全日本実業団自転車競技連盟。2022年クラスタ振分けをめぐって賛否両論が飛び交っています。その原因は「E3上位200人」という大人数を一気にE2へ昇格させるという大胆な措置。E2昇格の対象になってしまった、E3完走が最高成績の当事者の声をご紹介します。
トレーニング

SSTだけでFTP上がるといいなぁ(* ´艸`) 2021年12月のロードバイクトレーニングはSSTオンリー(しかできない)

ロードバイクの冬の基本トレーニングと言えば!!! これはもうSST(スイートスポットトレーニング)しかありません。最近のトレーニング理論は「冬でも高強度」が主流になりつつありますが、やっぱり押さえておきたいSST。そんな冬の風物詩なロードバイク・トレーニングに、2021年の12月も取り組みます。
レビュー・インプレ

ロードバイク用リュックの最小・最軽量クラス!? ドイター・ウルトラライド6を使ってみた

ロードバイクやマウンテンバイクでも、荷物は何かと増えるもの。そんなときに便利なのが小型軽量なバックパック(リュック)です。ドイターのウルトラライド6は容量6リットルで、おそらく業界最軽量・最小クラスのロードバイク用リュック。かつての最軽量リュック・シマノU-2と比べて、ドイターのウルトラライド6はどう違うのか? ドイターウルトラライド6の特長やインプレッションをご紹介します。
レビュー・インプレ

ロードバイクもMTBも! 電動コンポ「SRAM AXS」を使いこなすためにSRAM AXSアプリを使ってみよう!

ロードバイクのみならず、マウンテンバイクでも一大勢力となったSRAMの電動コンポーネントAXS。SRAM AXS電動コンポーネントはアプリで設定管理することができます。SRAM AXSコンポーネントの管理を行うアプリが「SRAM AXSアプリ」です。SRAM AXSアプリでできることや、初歩的な使い方を、マウンテンバイクの電動コンポーネントSRAM GX Eagle AXSを例にご紹介します。
ロードバイク

さすが飯能、山もすごけりゃビールも美味い! 「CARVAAN」で飯能ならではのクラフトビールを味わってみた

ロードバイクで全国各地をサイクリングしたら、その土地ならではの美味しい美味しい・・・クラフトビールを味わってみたい! そんな願いをかなえるべく、ロードバイク乗りが集う埼玉県は飯能へGO。飯能ならではのサイクリングを堪能し、飯能ならではのクラフトビール「CARVAAN」を味わってみました。
マウンテンバイク

マチュー・ファン・デル・プールの意外な答え。GCNが明かす、自転車界のスーパースターの素顔

ロードバイク界のみならず、すべての自転車界のスーパースターと言ってもいいMathieu Van Der Poel(マチュー・ファン・デル・プール)。そのマチューに、みんな大好き我らがGCNが突撃独占インタビューをしていました。マチューはGCNのタフな質問になんと答えたのか!? GCNのマチュー・ファン・デル・プールに対するインタビューの概要をご紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました