boriko's bunkum

ロードバイク初級者のスペシャライズド・ターマックと写真ブログ

Road Bike

前日試走で分かった衝撃の事実! 「ヒルクライム佐久2015」に参加しました(1)

にほんブログ村 ロードバイク
ヒルクライム佐久2015に参加しました!

ヒルクライム佐久2015に参加しました!

佐久市の市制10周年を記念するイベントの締めくくりとして行われた「ヒルクライム佐久2015」に参加してきました! 初めてヒルクライムイベントに出ましたが、こりゃぁすごい! まずはコースのおさらいから~

スポンサーリンク

コースは23.0km、斜度5.7%の長い上り

ヒルクライム佐久のコース

ヒルクライム佐久のアタックポイント!

ヒルクライム佐久2015」のコースは全長23kmを平均斜度5.7%で上り続けるコース。途中、いくつか斜度が変わるところがありました。

スタート地点からいきなり10%超!

佐久ヒルのスタート地点

スタート地点はのどかな田園風景


スタートからいきなり10%超!

スタートからいきなり10%超!


あっという間に佐久市が眼下に

序盤の激坂であっという間に佐久市が眼下に

まず特筆すべきはスタート直後の急坂! 激坂というレベルではないですが、10%を超える坂がいきなり2~3km続きます。初っ端からふるい落としが始まるワケですな(((( ;゚д゚)))

序盤の急坂以降はアウターで

激坂を越えるとアウター区間に

激坂終了まであと少し。その後はアウター区間

序盤の10%超の坂をクリアして、採石場(?)を通り過ぎる頃から斜度が緩やかに。牧場付近から別荘地まで2~4%程度の勾配で、感覚的にはほぼ平坦。僕のような貧脚でもアウターでイケたので、速い人たちは40km/h近く出せるのでは?

中盤は6~9%の坂が延々と続く

別荘地帯を過ぎると中盤に差し掛かり、6~9%の坂が10km以上延々と続きます。道幅が広く、直線的な坂なので、かなり見通しが良い・・・。先を見通せるため、疲れ具合によっては心が折れるかもしれません(-_-;) ちなみに中盤は風景の変化が乏しいため、ほとんど写真撮らなかったyo(汗)。

ラスト4kmでまた急坂!

ラスト4kmの激坂!

ラスト4kmの激坂! マジつらい。。。


ガーミン読みで10~15%の坂がラストまで続く

ガーミン読みで9~15%の坂がラストまで続く

標高が1,700m(かな??)を超えたあたり、距離にして18kmくらいから、また別荘地帯になります。ところが、そこの斜度がひと際ツラい!! ガーミン読みで10~15%! 急坂が始まる手前で視界がひらけて突然下りが始まるので、そこが急坂のサインです。クタクタの足腰に応えます。本番では、ここが勝負の分かれ目になるんだろうなぁ・・・。

フィニッシュは蓼科仙境都市

蓼科仙境都市がゴール

蓼科仙境都市の広場がゴール

残り4kmは急坂を含め、9~15%くらいの坂が続いています。九十九折が出てきたりして、ホントにしんどw そこをエッチラオッチラ最後の力を振り絞ると、蓼科仙境都市というゴール地点に到着します。仙境都市とありますが、広場があるだけで、ほかは何もありませぬ。ちなみに、試走したときのタイムは1時間40分切るくらい。本番では1時間20分台を目指したいところでごわす。


大河原峠に直結して標高2,000mを超える!

大河原峠をめざす

大河原峠をめざす

「ヒルクライム佐久2015」のゴール地点から少し進むと、大河原峠というところに出られます。そこから別ルートで佐久に下りられるので、頂上をめざすことに。

久しぶりに標高2,000mを超えた~

大河原峠制覇! 久しぶりに2,000m上ったどぉ~^^

大河原峠制覇! 久しぶりに2,000m上ったどぉ~^^

デゲンコルプさんがゴールしたら、そのまま大河原峠に向けて出発。斜度はきつくないので、淡々と上れます。そして、遂に頂上へ! 僕にとっては久しぶり(大弛峠以来?)、デゲンコルプさんにとっては初めての標高2,000m超となりましたぞぉ~!!


前日受付で戦意喪失の大ショック!!

受付からして気合の入り方が感じられるヒルクライム佐久

受付で衝撃の事実が判明!!

下山したら、前日受付を済ませます。んが、ここでとんでもない事実が判明!!

チャンピオンクラスって何ですか??

ワタクシ、今回が初めてのヒルクライムイベントで、クラス分けの基準(や暗黙の了解)をまったく理解しておりませんでした。しかも、「ヒルクライム佐久2015」は、「チャンピオン」と「年齢別」の2つしかクラスがない。。大磯クリテや富士チャレでは「自分の走力」の自己申告にもとづく、さまざまなクラスがあるのに、「ヒルクライム佐久2015」にはそれがないのです。はて、なんで???

そんなワケで、どえらいことに! 「『年齢別』じゃなくて『全体(総合)』の順位が知りたいなぁ」と思い、つい「チャンピオンクラス」にエントリーしちゃったのですyo!!

プロ(?)か実業団、超ガチ勢しかいない

エントリーリストを見たとき、そりゃあもう腰抜かしましたねwww チーム名「Trek」って何ですか?? 「イナーメ信濃山形」って、アレ? この前全日本で優勝したとこじゃね??? 同じ組のアマチュアの人たちの自転車を見たら、アレアレ? バーテープもボトルゲージも付いてなくね!? 20gの軽量化?? はっ!? 何のことですかwwww

てゆーか「チャンピオンクラス」のエントリー数、25人ってどういうことですかwwww オレ君、この人たちと一緒に走るんですかwwww 帰っていいすかwwwwwwwwww

こんな感じで「ヒルクライム佐久」、いよいよスタートォォオ! 続きます^^


ヒルクライムトレーニングの極意 [ 村山利男 ]

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-Road Bike
-, , ,