ビットリア・コルサスピードの衝撃(゚Д゚;) ロードバイク世界最速・決戦用タイヤの洗礼を受ける

決戦タイヤ、ビットリア・コルサスピードをゲットしたぞ!!
決戦タイヤ、ビットリア・コルサスピードをゲットしたぞ!!

「レースなんか出ませんよぅ、私ガチ勢じゃありませんから(*´艸`*)」と、あくまで“borikoがレース出るから仕方なく付き合う”体裁のデゲメン氏。じゃぁ聞きますがね、あなた、レース出ないのになんで決戦タイヤ買ってるんですか!?

デゲメン氏、赤城山ヒルクライム直前にスーパー決戦タイヤ、ビットリア・コルサスピードを買っちゃった(; ・`д・´)

赤城山ヒルクライムに向けて、急きょホイール交換を決意!

そもそも、なんでタイヤを交換することにしたのでしょう? デゲメン氏に聞いてみると、氏なりの作戦と思惑があったよう。

ブレーキ性能重視、でも軽く、よく転がるようにしたい!

普段はチューブラーのコリマを履くデゲメン氏、急きょクリンチャーのマビックに変更を決意
普段はチューブラーのコリマを履くデゲメン氏、急きょクリンチャーのマビックに変更を決意

もともとデゲメン氏のS-Worksにはチューブラーのコリマが付いています。これはこれで良かったそうですが、気になったのが赤城山ヒルクライム当日の天気。大雨で下りが危険(; ・`д・´) という理由で、ブレーキにより安心感のあるマビック・キシリウムを選択することにしたそう。

ただ、アルミリムのクリンチャー+普通のクリンチャータイヤだと、コリマの軽さが失われてしまう。それならば、せめてタイヤを良いものにして、マビックのデメリットを補おうではないか(゚∀゚)

という理由で、急きょキシリウムに定評のあるコルサスピードを履かせることを決意し、会社を早退する勢いでショップに買いに行ったのだそうです。すごい、「レースなんて、とてもとても(* ´艸`)」と普段言っているのに、全然ガチな選択じゃないですか(゚Д゚;)


決戦タイヤの頂点を極めるビットリア・コルサスピード!

ビットリアのコルサスピードは、それはもうとにかく凄いんです! 何がスゴイって、その転がり抵抗の低さ!

コルサスピード、群を抜く転がり抵抗の低さ!

コルサスピード、群を抜く転がり抵抗の低さ!
コルサスピード、群を抜く転がり抵抗の低さ!

ロードバイク用タイヤ(やMTB用タイヤなど)の転がり抵抗を広範にテストしているサイトがあります。それがBicycle Rolling Resistanceというウェブサイト。

テストされたタイヤは、各メーカー、ほぼ網羅されているのではないでしょうか!? その中で特に、群を抜いて、ダントツに、頭抜けて、4馬身くらいの差をつけて、凄まじい転がり抵抗の低さを示しているのがビットリア・コルサスピードなのです(; ・`д・´)

試験装置で120 psi / 8.3 Barでの抵抗を測ったところ、 7.7 Wattsと他のタイヤを凌駕する転がり抵抗の低さを示しました。このサイトの結論として「世界最速」の太鼓判が押されています

ちなみに、ワタクシ大絶賛のスペシャライズド・ターボコットンもこっそり5位にランクインしてました。ターボ、めっちゃ良いタイヤですの(*´ω`*)

It has taken a long time for this tire to arrive, but the final version of the Vittoria Corsa Speed Open TLR truly is the fastest road bike tire in the world.

[抄訳]タイヤが届くまで時間がかかったけど、いざ届いてみたら、このビットリア・コルサスピードは世界最速のタイヤだということが分かった。

出典: Tire Test – Vittoria Corsa Speed (open TLR)


ラテックスチューブも導入しちゃうぞ(゚∀゚)

せっかくの決戦タイヤでございます。乗り味の良さで名高いラテックスチューブも買ってきちゃった(゚∀゚)

ラテックスチューブをゲット!

初めてのラテックスチューブもゲット
初めてのラテックスチューブもゲット

コルサスピードに合わせて、ビットリアのラテックスチューブもゲットしましたぞ(゚∀゚) うふひ、ラテックスチューブを使うなんて初めて!

ちょっとふにゃふにゃしているけど、普通のブチルチューブと変わらんだろう! と、陽気にタイヤを交換することにしましたぞ(*´ω`*)


コルサスピード、まったくハマらなくてワロウタwww

赤城山ヒルクライムに出発する前夜に急きょ、タイヤ交換を仰せつかったワタクシ。熟練の技術を披露しようじゃありませんか(゚Д゚)クワッ

渾身の力で何とかコルサスピードを装着

うぉりゃぁあああああ~!!!!

あああぁぁぁぁぁ・・・・・

はぁはぁ(;´Д`)

何このコルサスピード、めっちゃビード硬くて、まったく全然入らないじゃない:(;゙゚”ω゚”): どどど、どうしよ・・・ぅ。

死ぬ思いでビードを持ち上げること数回。何とか前後輪、タイヤをハメることができました。まさか、こんなに苦労するとは、一体全体どうなってるんだい!?

ラテックスチューブが・・・空気入れが・・・

ようやくハマったコルサスピード。いざ前輪から空気を入れてみたところ!!!

前輪に入れたラテックスチューブがパンク!
前輪に入れたラテックスチューブがパンク!

ぶしょしょしょしょ・・・・

:(;゙゚”ω゚”): ぱぱぱ、パンクしちゃった・・・

だ、大丈夫。まだ後輪が残っているから(;´Д`)

・・・・ゴリ、ゴキ!!!

ヒラメポンプが折れた!
ヒラメポンプが折れた!

ふぁ~!!!!! ヒラメポンプの柄が、柄が、折れたやんけ(@_@;)

携帯用のポンプで入れよう。そうだ、そうしよう。まだ終わっちゃいないぞ(; ・`д・´)

しゅこしゅこしゅこ・・・・ッパン!

ウワーAA

チューブレスレディって何ですか?

買ったばかりの(結構なお値段がしたらしい)ラテックスチューブを2本ともダメにし、さらにヒラメポンプも折ってしまったワタクシに、さらなる衝撃の事実が・・・。

チューブレスレディって何、何なの(゚Д゚;)

ラテックスチューブ無事死亡
ラテックスチューブ無事死亡

今回デゲメン氏が導入したタイヤ、コルサスピードはオープンTLRというもの。何、TLRって知らない知らない。また変な横文字使いやがって、くらいに軽くみておりました。

ところが、このTLRってチューブレスレディの略称だそう。何、チューブレスレディって!?

イグチさんに教えてもらって調べてみたところ、チューブレスレディはインナーチューブ不要でシーラントを使うタイヤなんだと(◎_◎;)

コルサスピードはインナーチューブ「も」使えます
コルサスピードはインナーチューブ「も」使えます

ふぁ~、なんじゃぁそりゃぁあ!! え、え、チューブは使っちゃいけないの!? あ、チューブ「も」使えるんですね。

えっ、でも、チューブ使うと転がり抵抗が悪くなる!? 先ほどのBicycle Rolling Resistanceによれば、ラテックスで1.5~2.0W、ブチルで3~4W抵抗が増えるだとぅ!?

あらら、ブチル入れちゃった。これじゃぁ、せっかくコルサスピードにしたのに意味ないじゃん( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ/ \


ラテックスチューブは第2の人生を歩む

やってしまった、完璧にやってしまったよ(-_-;) デゲ氏に頭を下げなくては・・・

素晴らしいブログネタをありがとう( ゚∀゚)

にゃはは、デゲメン氏、ごめ~んwwww せっかく買ったコルサスピード、チューブレスで使わないと意味がないんだってwwww

高価なラテックスチューブまでわざわざ導入し、しかも使う前の装着時にパンクさせられて悔しいのぅ、悔しいのぅwww ていうか、そもそも、我が家にチューブレスレディに対応したホイールがありませんでした((´∀`))ケラケラ

ラテックスチューブが自転車固定用ゴムバンドに早変わり(*´ω`*)
ラテックスチューブが自転車固定用ゴムバンドに早変わり(*´ω`*)

もう、ほんとただ申し訳ございません。せっかくのラテックスチューブでございますから、第2の人生を歩んでいただきましょう。積載時の自転車固定用ゴムバンドとして!

2000円のゴムバンドって、高いなオイ(*´∀`*)ハハハ


以上、初めてのビットリア・コルサスピードとラテックスチューブはほろ苦いデビュー! なお話でした。えっ、そもそも、どうしてデゲメン氏がコルサスピードとラテックスチューブをチョイスしたのか、ですって!?

そんなの、僕は入れ知恵したりしてませんよ(´_ゝ`) ちょっと「コルサスピード、いいらしいよ?」と言ったかもしれませんがね、デゲメン氏が勝手に選んで、勝手に買ってきただけです。すべては彼女の責任であり、僕はちょっとチューブをパンクさせちゃっただけで、実質無罪です(* ´艸`)フフフ


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ