初めての長距離ロードレース! 「ツールド宮古島2019」136kmレースに参加しました(゚∀゚)!

2019年上半期最大目標レース「ツールド宮古島」に参加しました!
2019年上半期最大目標レース「ツールド宮古島」に参加しました!

ではでは振り返ってまいりましょう、2019年上半期のワタクシ的最大目標レース「ツールド宮古島2019」136kmカテゴリー(`・ω・´)! どこまで集団に食らいついていけるのか、秋の「ツール・ド・沖縄」に向けた大事な大事なテストになる「ツールド宮古島2019」のレポートをお届けします!

ツールド宮古島136kmカテゴリーに出走

エントリーしたのはツールド宮古島136㎞カテゴリー! ロードレースでこんな長距離を走るのは初めて(゚∀゚)! 不安とワクワクとでレース前から大層盛り上がっておりました(*´ω`)

ツールド宮古島136kmをポイントごとに紹介

ツールド宮古島136kmのコース
ツールド宮古島136kmのコース

ツールド宮古島136kmのコースは上図のとおり。宮古島を2周するコースで、1周目の①~⑤の順に説明してまいりますぞ(゚∀゚)!

では、いざ出発! ツールド宮古島2019!

①いざスタート! ツールド宮古島136km

さぁさぁ、まずはスタートから! 136kmはエントリーが約160人! 一体どんなレースが待ち受けているのか!?

不安と興奮が入り混じるスタート

ツールド宮古島がスタート!
ツールド宮古島がスタート!

朝7時、号砲とともにスタートした136㎞カテゴリー! 見るからに速そうな人ばかりで、スタート前から「どこまでついていけるだろうか」と不安が漂いますが、始まってしまえばそんなのはどうでもいいのです(`・ω・´)

問答無用、死ぬ気で付いていくのみ! 特に、宮古島の南側、海宝館(図でいうところの④~⑤)以降の強烈なアップダウンでどこまで残れるかを、今回のレースで是が非でも確認してみたいのです!

凄まじい集団効果でスタートはゼロインターバル

アクチュアルスタートは平良港付近
アクチュアルスタートは平良港付近

スタートして2kmはローリングスタート。この時点からすでに凄まじいスピードレースになる予感を感じます(; ・`д・´)

有難かったのは、強烈な追い風がプラスされた集団効果が凄かったこと。JBCFとかとは異なり、後ろにいてもアクチュアルスタート時の加速はほぼ感じません。とても穏やかなスタートで、身構えていた緊張感がちょっと和らぎましたε-(´∀`*)ホッ

対向車両はそれほど恐怖感がない

気になっていた対向車も大丈夫そう
気になっていた対向車も大丈夫そう

さて、このツールド宮古島、事前情報でちょっとビビっていたのが「片側のみ封鎖」であること。対向車が普通に走っている状態でのレースなのです(; ・`д・´)

んで、実際走ってみると、確かに対向車がやってくるw んが、集団の皆さんがしっかり声掛けをしてくれて、対向車も減速してくれて道を譲ってくれて、恐怖感はほとんどありません。

「これなら、車との接触事故はよほど自転車がはみ出さない限り大丈夫だな」と、ここでもひと安心ε-(´∀`*)ホッ

②スタートから10km! オレのツールド宮古島\(^o^)/オワタ

スタートから理路整然としていて、怒号もなく、しっかり注意喚起の掛け声もあって、「すごい密集の集団だけど、想像していた以上に安心して走れそう!」と思ったときがありました(´_ゝ`)

40~45km/hで走行中に集団落車発生(◎_◎;)

高速走行中に目の前で突然落車(◎_◎;)
高速走行中に目の前で突然落車(◎_◎;)

スタートしてすぐは、追い風と集団効果と皆さんのフレッシュな脚が相まって、まぁ速い速い。120Wも出てないのに47km/hとかの速度で、集団で走るメリットをたっぷり享受しておりました(*´ω`)

と思った矢先の10kmちょい地点で、僕のちょうど左斜め前で道路左端を走っていた人が 突然右へダイブ(; ・`д・´) 前走者とハスったのか道の凸凹に車輪を取られたのか、横に走っていた人全員とその真後ろにいたワタクシを薙ぎ払って落車(;´Д`)マジカ。。。

僕は何とかズザーするのは免れたものの、吹っ飛んできた自転車かボトルか何かが前輪ホイールに当たり、スポークがバッキリ折れてしまいました。。。

メカニックに交換ホイールを貸してもらえた!

落車した人は全員無事そうで、メカニックもすぐに助けにきてくれた
落車した人は全員無事そうで、メカニックもすぐに助けにきてくれた

不幸中の幸いだったのは、激しく落車した前の3人は、動けない様子ではなく、どうやら大丈夫そう。自力で歩道のほうに避難できていて、本当に良かったε-(´∀`*)ホッ

さらに、僕にとって有難かったのは、すぐにメカニックがやってきて、壊れた前輪を交換していただけたこと。

「開始20分も経ってないのに僕のツールド宮古島が終わってしまった・・・orz」とガッカリしていたところに、この救済、本当にありがたい(´;ω;`)ウッ…

③オレのツールド宮古島は終わっちゃいないぞ!

ホイールを交換してもらって再スタート! 幸いなことに、ロスした時間は3分くらい。運が良ければ追いつけるか・・・(; ・`д・´)

集団はやっぱり遥か先・・・

やっぱり集団は遥か彼方に。。。
やっぱり集団は遥か彼方に。。。

落車地点から再スタート! 当然ですが、集団は影も形も見えず、先ほどの落車の影響かポツリポツリと単独走になってしまった人たちがいるばかり。

しかも、宮古島の東側(上図の③)は強烈な向かい風区間で、まさに逆風甚だしいw

ようやく小集団を形成

単独なので危険なカーブも楽々曲がれる(´_ゝ`)
単独なので危険なカーブも楽々曲がれる(´_ゝ`)

もともと遅い平坦に追い打ちをかけるような強烈な向かい風を浴びながら、何人か抜かしていると、おぉ、後ろについてくれて、さらに先頭交代もしてくれる人が! まさに救いの神(゚∀゚)!

1周目を一緒に走れて助かりました(*´ω`)
1周目を一緒に走れて助かりました(*´ω`)

ちょっと話をしてみたところ、レース1ヵ月前に手首を骨折してしまったそうで、ギアチェンジにとても難儀している様子(;´Д`) でも、上りは僕より全然速かったので「怪我さえなければ・・・」という方とひたすら2人で先頭交代(゚∀゚)!

ご一緒できて本当に有難かったなぁ・・・ところが、僕が道を間違えるという痛恨のミス(◎_◎;) そこでペースが乱れてしまって本当に申し訳ありませんでした(;´Д`) ルート、もっと頭に叩き込んでおかなければいけなかったorz

④74㎞カテゴリーに追いつかれる

その後、宮古島の最南端、海宝館付近で136kmカテゴリーから10分遅れでスタートした74kmカテゴリーに吸収。あぁあぁ、乗りたい、この集団に乗りたい!

74kmカテゴリーは見送り(千切れた(-_-;)

74kmカテゴリーの先頭集団に抜かされる
74kmカテゴリーの先頭集団に抜かされる
海宝館を左折すると尾根幹のようなアップダウンに
海宝館を左折すると尾根幹のようなアップダウンに

「ツールド宮古島」の規定で136㎞と74kmの混走はNGだそう(;´Д`) あぁあ、乗りたい、けど乗れないw

「50mくらい後ろなら、混走にはならないだろう(´_ゝ`)」と姑息な考えで距離を保って付いていこうとしたら、さすが74kmの先頭集団、めっちゃ速くて千切れてしまったw

⑤2周目は完璧なる単独走・・・

フィニッシュ地点に向けて加速する74㎞集団を見送りつつ、ワタクシは最後の周回へ。残り60km・・・長いw

地獄の100km過ぎ

2周目は完璧なる単独走でした
2周目は完璧なる単独走でした

2周目の最初、3~4人の集団ができていて、とても有難い(゚∀゚)! だったのですが、だんだんペースが合わずに、完璧な単独走に・・・。これがまぁツラいったらありゃしません(;´Д`)

向かい風は1周目のときよりも強く感じ、速度も30km/出ないほど。パワーに至っては、みるみる下がって、180W? 160W? えぇぇ、140Wも出ないのかい!?

100kmを過ぎ、残り30kmちょっとのところ(海宝館付近)が、もう本当にツラかった(;´Д`)

何とか走り切れたツールド宮古島!

今回の「ツールド宮古島」、目標は①集団にできる限りついていくこと、だけではありません(〃艸〃)ムフッ ②フィニッシュタイム4時間切りを目指すことも陰ながらの目標にしていました。んで、その結果はというと・・・

フィニッシュタイムは4時間10分でした((´∀`))ケラケラ

フィニッシュタイムは4時間8分でした((´∀`))ケラケラ
フィニッシュタイムは4時間10分でした((´∀`))ケラケラ

ヘロヘロになりながら、何とかフィニッシュ! 28日正午になってようやく発表された正式リザルトを確認してみましたところ、フィニッシュタイムはなんと!!

4時間10分(゚∀゚)! くっそ遅い。。。orz

フィニッシュできただけ儲けもの(*´ω`)
フィニッシュできただけ儲けもの(*´ω`)

聞けば、集団トップのフィニッシュタイムは3時間20分台だったそう。うひ~、落車時点の3分のビハインドが50分以上に広がってしまった。。。僕のツールド宮古島、実質足切りでござる(´・ω・`) 集団がどんなレース展開だったのか、もう少し見てみたかったなぁ。。。

地元の方の温かい応援が一番の励み

宮古島の皆さんの温かい声援がなければ完走できなかった
宮古島の皆さんの温かい声援がなければ完走できなかった

という訳で、現在の実力を遺憾なく見せつけてしまった「ツールド宮古島2019」でありました。位置取りの悪さと、あとは何といっても2周136㎞を走り切れない体力・脚力がすべてであります(;´Д`)

2周目は特にひどい状態でしたが、地元の方の応援は本当に力をいただけたなぁ(*´ω`) 声援に応える余裕が微塵も残されていなくて申し訳ない限りです。。。あの声援がなかったら、途中DNFしていたかもしれません。。。

ぜひともリベンジしたい「ツールド宮古島」

代替ホイールが、なんとデュラエースだったΣ( ̄□ ̄|||)
代替ホイールが、なんとデュラエースだったΣ( ̄□ ̄|||)

レースが2日過ぎた28日時点でリザルトが出ていない状況で、運営も本当に大変な状況だと思います。

でも、ひと言、初めて参加した者として申し上げたいのは、このレースを、大変な苦労を重ねながら、地元・宮古島の信頼と協力を得て開催してくれて、本当にありがとうございました

痛ましい事故が起きてしまい、他にも落車が起こってしまったのは、とてもとても残念です。でも、もし、今回を乗り越えてより安全なレースになって来年も開催されるなら、是が非でも参加して、今年のリベンジを果たしたいと思います。

ツールド宮古島2019のリザルトが発表されました

この記事を書いている最中に、リザルトが発表されました。参加された方はぜひご確認あれ。

■ツールド宮古島2019リザルト
http://www.powersports.co.jp/cycle/19_tourde_miyako/result.htm

以上、borikoのツールド宮古島2019レースレポートなお話でした。しっかし、僕も落車が続くなぁ(;´Д`) 来月は富士ヒル・富士国際の予定だけど、ヒルクライムとは言え、今まで以上に気を引き締めていかないといけません(; ・`д・´) 自分の身も、一緒に走る人の身も守る意識で、次戦は安全に挑みたいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ