PVアクセスランキング にほんブログ村

S-Works Vengeをチューブレス化したら、走りとタイムはどう変わるのか!? V坂(ランド坂)で試してみた

2020/11/08

チューブレスレディの効果をV坂練で検証する
チューブレスレディの効果をV坂練で検証する

皆さ~ん、V坂好きですかぁ!? 好きなワケないだろ(# ゚Д゚)! という訳で、今日も今日とて、みんな大好きV坂練であります。チューブレスにして初めての2分走、タイヤ交換でちょっとは良くなかったのでしょうか!?

チューブレスにしたからと言ってV坂はV坂だ

さぁ怯まず躊躇わず振り返ってまいりましょう、チューブレス(レディ)にしてから初めてのV坂の結果を!

5本キッチリ(ほぼ)同じタイム(〃艸〃)ムフッ

今期通算8回目のV坂練の結果
今期通算8回目のV坂練の結果

9月8日(火)で8月下旬から通算8回目。8月31日~9月6日の週はレスト週/仕事多忙で1回しか行けませんで、脚はフレッシュなはず! そんな通算8回目の結果がコレだ・・・。

僕の体内時計は相当、正確にして精密(・_・;)

ストップウォッチみながら走ってるワケじゃないのですよ? でも、なぜかこうなってしまうのですよぉ(;´Д`)

ちなみに、5本全部330W以上だったのは今回が初めて(;.:◉;.:◞౪◟;.◉;)デュフフ………

チューブレスはいいかもしれない

せっかくV坂くんだりまで酷道246号線を越えてきたのです。チューブレスの成果を少しは感じとれようというもの。

道のガタガタが楽だ、痛くない、ツラくない

チューブレスはちょっと想像以上に良いかもしれない。。。
チューブレスはちょっと想像以上に良いかもしれない。。。

ここまで違うとは、ちょっと驚いた。246号線とか20号線とかって、一部道が超ガタガタのデコボコなんです。手が痺れて、お尻が突き上げられて、ホント嫌になっちゃう。

ところが、チューブレスにしたら、かなり衝撃が緩和されているではありませんか(@_@;)!

MTBで246号線走っていたときは、太いタイヤとフルサスのおかげでふかふか絨毯のようでしたが、ロード&チューブレスも、MTBには到底敵わないものの、ガタガタの衝撃が少ない。

取り合えず、ブチルチューブのときとは雲泥の差。ラテックスチューブよりも衝撃をいなしてくれています。

一方、「S-WORKS TURBO RAPIDAIR 2BR」の印象はファーストインプレッションを上塗りした感じ。GP5000(クリンチャー)と比べて、ちょっとモッサリモッチリしてるかなぁという印象。その分、コーナーは安定感あります、ハイ。

タイヤによって走行性能が違うのは当然のこと。チューブレス(レディ)でもタイヤによって千差万別でありましょう。こうなると俄然評価が高い(がハメずらいことでも有名な)GP5000のチューブレスを試してみたくなるというもの。

次回のタイヤは決まりだな(´_ゝ`)

以上、通算8回目のV坂練でますます体内時計が揃ってきた(゚∀゚)! なお話でした。取り合えず、9月20日の宮ヶ瀬クリテは現状のチューブレスタイヤで出る予定。それまでにしっかり慣らし運転を終えておこう、なのです!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ