見た目重視でステム交換したら大失敗(;´Д`) ステムは身長・体格・ポジションに合わせて選ぶべき

見た目重視でステムを交換した人間の末路
見た目重視でステムを交換した人間の末路

熱海の「本家・常盤木」の記事にたくさんのRTをいただき、ありがとうございますm(_ _)m どうぞ引き続き温かいご支援を賜りたくお願い申し上げつつ、本日は自転車の話に戻ります。ステム、見た目だけじゃない、その重要性(; ・`д・´) ステムの長さを変えたら乗りづらくなってカナワン(;´Д`)という、マウンテンバイクのお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ステム交換の理由は「見た目」! その結果・・・

今回はマウンテンバイクのステムのお話。でも、ロードバイクにも通じるところがあるでしょう(´_ゝ`) フフ

見た目重視でRenthalの短いステムを導入

見た目重視でRenthalのステムに交換したのです
見た目重視でRenthalのステムに交換したのです

マウンテンバイクの潮流を見聞きするに、最近はショートステム&ワイドハンドルが流行だそうな。フォークがどれくらい寝ているか、トラベルがどれくらい長いか、そういった諸々のジオメトリーの進化があってこそのショートステム化だと思うのですが・・・

そんなの初心者のワタクシ知るわけもなく(´_ゝ`)

「流行りはショートステム(゚∀゚)!」と、何も考えずに、一番カッコよさそうに見えたRenthalの短いステムに交換したのでありました。

Renthalのステムとハンドルに交換したときの記録

いつまでそのコラム飛び出してるの(´_ゝ`) MTBの余分なコラムをカットしてRenthalのハンドルとステムに交換!

ステム短くしたら乗りづらくなった(-_-;)

ステム短くしたらハンドル取られまくりw
ステム短くしたらハンドル取られまくりw

短くしたと言っても、75㎜→60㎜にしただけ。「15mmならたいして影響あるめぇ(´_ゝ`)」と思ったら、甘かった(◎_◎;)

ステム交換の効果は、マウンテンバイクの本領であるグラベルと未舗装の上りで顕著に出ました。グラベルではハンドルがクイックに反応し、ややもすると轍に取られまくり。上りでも体重が後ろにかかるとハンドルが暴れ、ダンシングすると近すぎて、バランスを取るのが難しい。

ダメじゃん(・_・;)こんなにクイックになるとは・・・。僕のスキルでは乗りこなせないアルよ。。。

見た目重視を諦めてステムを元に戻すことにした

「きっとフォークが立っているからに違いない」とフォーク交換に含みを持たせつつ、Renthalのステムは一時封印。元のステムに戻すことにしました。

Race Face AeffectとRenthal Apexの違い

Race Face AeffectとRenthal Apexの違い
Race Face AeffectとRenthal Apexの違い

せっかくなので、納車時に付いていたステム(Race Face Aeffect)とRenthalのステムを比べてみましょう、そうしましょう。ザックリ横並びにおいてみたところ、当たり前ですがRace Faceのほうが長いですな。

とは言っても、長さの違いは15㎜。たかが15㎜、されど15㎜・・・なのかなぁ。

Race Faceでトレイル行ってみないと、正確な比較は難しいですな。

Race Face AeffectとRenthal Apexの重さ

Race Face AeffectとRenthal Apexの重さ
Race Face AeffectとRenthal Apexの重さ

ついでに重量比較。向かって左がRace Face Aeffect(75mm)、右がRenthal(60mm)。15mmの長さ違いで重量は35gの差。

Race Faceのシンプルなステムに戻ってしまった
Race Faceのシンプルなステムに戻ってしまった

MTB的には誤差と言えば誤差。しかし、カッコよさは比べ物にならないのであった。。。(-_-;)

ステムで激変する乗り味

と言う訳で、サクッとRace Face Aeffectに戻して、試走という名の自転車通勤をしてみました。むむむ、たかが15mm、されど15mm、なのか!? 今日のブラーはいつになく速いじゃないか!?

上りは漕ぎやすく、ダンシングもしやすい

15㎜伸ばしたステム効果でダンシングに窮屈感がなくなった
15㎜伸ばしたステム効果でダンシングに窮屈感がなくなった

MTB通勤で平均時速26km/h台が出るのは久しぶり。2021年初MTBでウハウハしたせいか、追い風のおかげか、ステム交換のネガティブな影響は感じられません。

むしろ、上りとダンシングがやりやすくなった。ステムが伸びたことで寸詰まり感が和らいだ感じ。「60mmステムはやっぱり短かったかな」と、完全舗装路通勤ながらステムの違いに思いを馳せる次第です。

トレイルに連れ出したい

紆余曲折を経て納車時のポジションに戻りました(;^_^A
紆余曲折を経て納車時のポジションに戻りました(;^_^A

ステムを元に戻した影響は都内の舗装路では感じられませんでした。というか、「ステムを元に戻した=納車時のポジションに戻った」なので、むしろ収まりが良かったりして(;^_^A

あとは未舗装路、トレイルでどう感じるかな、というのが気になるところ。去年骨折した足の痛みと腫れが再発しているので、腫れが治まったら新年初トレイルに挑戦してみよう、そうしよう(*´ω`)

以上、見た目重視に走った末路・・・ステム、元に戻しました(;^_^A なお話でした。Renthalのステム、どうしよ(・_・;) カッコいいからぜひとも使いたい(!)のだけど・・・そうだ、フォークを長いのに交換すればいいんだ(゚∀゚)!

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
マウンテンバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました