最近のローディーはますます速い! 大磯クリテリウム第6戦に参戦

大磯クリテ第6戦に参加しました!
大磯クリテ第6戦に参加しました!

さぁさぁ2021年のロードバイク・シーズンが本格スタート! ワタクシborikoも半年ぶり以上となる自転車レースに参加しました! 「2020-2021 大磯クリテリウム第6戦」、なぜダブルヘッダーで挑んでしまったのか!? ビールたらふく飲んで「スポーツエントリー」を見てしまった自分を殴りたい m9(^Д^)プギャー

photo by あさとさん

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大磯クリテリウム第6戦 YouTube動画

実はYouTube動画の振り返りを先に編集しておりましてですな。大磯クリテリウム第6戦の模様と(気になる!?)VIVA☆ZAPPEIの活躍を先にご覧ください!

大磯クリテ第6戦、VIVA☆ZAPPEIの活躍

シニアクラスで盤石の地位を築くみつさんを筆頭に、今年からJBCFに参戦するコイケさん、クンホリ先輩がそれぞれのクラスで活躍。

特別クラスの40代クラスでも松さんが堂々の上位と、やっぱりZAPPEIメンは強かった(゚Д゚)クワッ!

・・・ただ1人を除いてな(ΦωΦ)フフフ…

borikoの大磯クリテ・スポーツクラスを振り返る

動画をご覧いただければ、borikoの結果は一目瞭然。ここブログでは、その結果に至る過程を書き綴りたいと思いますですよ?

1年ぶりの大磯クリテ・スポーツクラス

1年ぶりの大磯クリテ・スポーツクラス
1年ぶりの大磯クリテ・スポーツクラス

記録を遡ってみたところ、なんとビックリ! 大磯クリテ(スポーツクラス)に参加するのは1年2ヵ月ぶり(◎_◎;)!!

前回の記事を読み直してみたところ、ZAPPEIが4人も参加した豪華レースだったようです。

爆風に煽られ、1人インターバル

爆風に煽られ、1人インターバル
爆風に煽られ、1人インターバル

1年2ヵ月前と同じく、この日(4月18日)も小田原⇒平塚(西から東)方向への爆風。ホームストレートはスーパー追い風に対し、バックストレートは300Wで踏んでも27km/hしか出ない風模様でした。

そしてこの、追い風が向かい風に切り替わる「平塚コーナー」が超怖い:(;゙゚”ω゚”): ハイトの低いホイールを持っていないワタクシ、平塚コーナーで風にあおられ上手に曲がれず、前の人から離れてしまいます。

1人で勝手に千切れ掛け、勝手にインターバルして脚を消耗するパターン。800Wを1本、600Wを3本くらいしか打てない貧脚であることを、今この場で思い出しました(;^_^A

位置取りでも日和ってサヨウナラ

脚もなく気持ちも日和ってズブズブ後退(-_-;)
脚もなく気持ちも日和ってズブズブ後退(-_-;)

そして最終周の位置取りの局面。おおぅ、さすがスポーツクラス、脚ある人ばっかり(◎_◎;) 一方、ワタクシはそろそろエンプティタンク。。。

ファイナルラップの位置取りが激しくなる局面で、周囲の気迫と心許ない脚の残量に日和ってスルスルと後退。気が付けば最後尾で、完走25人中19位でのフィニッシュとなりました。。。

なぜ出てしまったのか!? 大磯クリテ・特別種目を振り返る

大磯のインターバルが苦手と知りながら何故練習しないのかw 勉強せずに挑む受験生のような心境であります(;^_^A そして、今回はさらに無謀な挑戦を敢行。borikoよ、なぜエントリーしてしまったのかw

特別種目・40代クラスにエントリーしてしまった

40代クラスにもエントリーしてしまった
40代クラスにもエントリーしてしまった

無謀な挑戦とは今回の第6戦限定・特別企画「40代クラス」にエントリーしてしまったこと。ナナント、ダブルヘッダーではありませんか(◎_◎;)

しかもメンバーが凄い。おきなわやニセコで表彰台に上り、大磯クリテでもエリートクラスの方や、エキスパートクラスで活躍するZAPPEIの松さん、Pinkyのボブさん、そしてミディアムクラスを走ったばかりのムロさんなどなど、取り合えず一緒に走ってついていけるレベルじゃない人ばかり(◎_◎;)

無謀、これは無謀だ。竹槍でB29と闘うとはまさにこのこと

レベルが上がるとこうも違うのか(◎_◎;)

カーブのスピードが桁違い!
カーブのスピードが桁違い!

竹槍でも何でも、まぁいいわい。失うものなど何もないのだ(´_ゝ`) と言う訳で、圧倒的惨敗に終わったスポーツクラスのことは頭の片隅からも消え、むしろワクワク楽しみにw

「エリートやエキスパートの人と走れる」ことなんてまずないので、一体どれくらい違うんだろうとワクワクしていたら!!!

凄い、めっちゃ違うのwwww とにかく、とにかくカーブが上手い、速い、きれい!! そして、カーブの立ち上がりはスポーツクラスとは比べ物にならないインターバルがかかります(◎_◎;)

そもそも、スポーツクラスをセルフインターバルで自滅したワタクシ、この40代クラスで生き残れる訳はなし。それならせめてできる限り生き残ろうと粘ってみたものの・・・。

早くも集団から脱落、無念
早くも集団から脱落、無念

気が付けば僕の後ろには誰もおらず、僕自身もわずか5~6周くらいで集団から脱落。もう戻れませんよ、一度離れたら戻れません(;´Д`)

大磯クリテ初のDNF

大磯クリテ、初めてのDNF
大磯クリテ、初めてのDNF

集団から千切れたらもうオシマイ。おおぅ、大磯クリテ初のDNFになってしまった。

課題はたくさん。むしろ楽しくなってきたw

と言う訳で、今季最初にして最後の大磯クリテは、ただただ皆さんに圧倒されて終了したのでありました。いやぁ、スポーツクラスも40代クラスも凄かった。こりゃぁ来季も絶対出なくっちゃ!

苦手分野、やるかやらぬかは自分次第

大磯クリテで5~30秒領域を軒並み更新しました(´_ゝ`)
大磯クリテで5~30秒領域を軒並み更新しました(´_ゝ`)

毎回毎回、毎年毎年、同じことを繰り返して墓穴を掘るのがワタクシの大磯クリテ。とにかく絶対パワーと30秒以下のインターバルが弱いのです。そもそも、その領域、練習したことない。。。(・_・;)

苦手意識が先立ち、逃げてばかりおりましたが、そろそろどうですか!? ちょっとくらい30秒以下の全力走インターバル、やってみていいのでは!?

幸い、2分走も習慣化してきておりますし、群馬もあることですし。やるかやらぬかは自分次第でございます。

同じ40代で、あんなにも速い人たちがいっぱいいて、少しの時間でも一緒に走れたのは嬉しくも感動だったなぁ。この刺激を忘れないように記憶と記録に留めておきたいものでございます(*´ω`)

いや、しっかり繰り返さないように反芻せぇよw

以上、2020-2021 大磯クリテ最初に最後の参戦! 第6戦のスポーツクラスと特別種目を振り返る! なお話でした。さぁ次は2021年のJBCF群馬第1戦! これまた足切り不可避でありますが、どこまで耐えられるか、もう楽しみでなりません(*´ω`) 「落車しない・させない」をモットーに頑張ろっせ~

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました