S-Worksママチャリの出番! 永井食堂のもつ煮を求めて群馬100km

Vengeをママチャリのように使って、もつ煮を買いに行きました
Vengeをママチャリのように使って、もつ煮を買いに行きました

どうも~、最近我が家のベンジはママチャリ状態です(´_ゝ`) さて、突然ですが、皆さん、もつ煮は好きですか!? 僕は・・・正直得意ではありません(;^_^A ところが、我らがデゲメン氏はもつ煮が大の大好物! え、何!? 美味いもつ煮が食べたい!? いや、でも・・・近所にないよ!?

にや~っと目を細めるデゲメン氏。そ、そ、そうですね、もつ煮、食べたいですね(;´Д`)オイシイノ。という訳で、急きょ美味なるもつ煮を求めてロードバイクでお買い物に行くことになりました、群馬へ(´_ゝ`)トオイナ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もつ煮を買いにロードバイクでお出かけ

さぁ、ママチャリ・Venge号の出番です。行くよ、もつ煮を買いに、デゲメン氏のために!

永井食堂のテイクアウトもつ煮がお目当て

一番近いもつ煮テイクアウト専門店は永井食堂だそうな(´_ゝ`)
一番近いもつ煮テイクアウト専門店は永井食堂だそうな(´_ゝ`)

群馬CSCに通い詰めて知ってしまった、群馬のもつ煮のハイクオリティ。超有名な永井食堂は、どうやら本当に美味しいらしく、そのもつ煮が食べたいんだって。

しかし、永井食堂がある渋川はちと遠いな。。。と思っていたところ、なんと(比較的?)近場にあるじゃないですか、永井食堂が!しかもテイクアウト専門ですって!

こりゃぁ行くしかない、誰が? あ、僕ですか(´_ゝ`) そんなそんな、もつ煮食べるのはアナタ“だけ”じゃないですかヤダー。一緒についてきてくださいよ?

埼玉の名水に出会う

秩父を出発して、いつもの南牧村経由で永井食堂テイクアウト専門店をめざします。富岡にあるんだっけか。

秩父の奥地で名水に触れる

秩父スタートで神流町に抜ける途中
秩父スタートで神流町に抜ける途中
毘沙門水なる湧水が美味しかった
毘沙門水なる湧水が美味しかった

まずは埼玉から群馬へ抜けなくては。超山奥をかき分け、かき分けしていると、おおぅ、名水百選なる泉を発見。

その名も毘沙門水というそうな。

実際、ボトルに入れて飲んでみたところ、おぉ、やわらかい!? こういう飲み口がやさしいのを軟水というんでしたっけ!? これは味わいのあるお水ですな。ビールにしたらさぞ美味かろう(´_ゝ`)オイ

サクッと到着・富岡の永井食堂

秩父から神流町に出て南牧村・下仁田町経由で富岡へ。ロードバイク始める前はまったく無縁で未踏だったこの道に、こんなにも通い詰めるようになるとは(;^_^A 地図なくても迷いませんw

富岡の永井食堂に着いたぞ!

永井食堂テイクアウト専門店に到着!
永井食堂テイクアウト専門店に到着!

今回、目新しいルートや場所には一切立ち寄っていないため、途中経過は全部省略。いきなり富岡の永井食堂テイクアウト専門店に着いちゃった(;^_^A

秩父から100kmほど、獲得標高も1,000mちょいで、のんびりサイクリングにちょうど良い距離であります。

せっかくなので群馬・高崎のお土産(お酒)もゲット

永井食堂のもつ煮をリュックが千切れんばかりに買いました
永井食堂のもつ煮をリュックが千切れんばかりに買いました

永井食堂で大盤振る舞い、「しばらくもつ煮は食べたくない!」とデゲメン氏が言うくらいのもつ煮をゲット。

もちろん群馬のお酒もゲット
もちろん群馬のお酒もゲット

さらに、群馬といえば、美味しい地ビールと地酒の宝庫。もちろん買わない手はありません。

川場ビールは、クラフトビールとしては非常にリーズナブルなお値段ですな。だいたい500~700円が当たり前のクラフトビールにあって、1本300円台。しかも美味しいとあって、オジサン歓喜であります。

もつ煮パーティーはどうだい?

という訳で、もつ煮とお酒を無事ゲットしてお家でもつ煮パーティーのお時間! もちろん、僕はもつ煮食べ(られ)ません(´_ゝ`)

もつ煮瞬殺(◎_◎;)! また買いに行かなくちゃ

高崎駅にも、もつ煮いっぱい売ってたw ※永井食堂は除く
高崎駅にも、もつ煮いっぱい売ってたw ※永井食堂は除く
デゲメン氏を見ていると、もつ煮美味しそうに見えてくる不思議。。。
デゲメン氏を見ていると、もつ煮美味しそうに見えてくる不思議。。。

「もう結構、もつ煮の“も”の字も見たくない!」というくらい、大量に買ったもつ煮でありますが、凄いスゴイ! 光の速さで減っていくではありませんか。。。(・_・;)

1日もったでしょうか? いやいや、3日はもったか!? しかしかし、1週間は確実にもってないねw

それだけ集中もつ煮したら、もうしばらくはいいでしょう・・・あ、そろそろ食べたい、もう食べたい(◎_◎;)ま、また買いに行きましょうね、美味しいもつを。

以上、なぜローディーはもつ煮に惹かれるのか!? いや、そんな惹かれないけど・・・(-_-;)なお話でした。ちなみに、“もつ”じゃないけど、秩父はコンビニよりも多くのホルモン屋があるんだそうな。デゲメン氏がそういう風に伝えてきたということは・・・分かるな、次はホルモンだ(◎_◎;)

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました