すべての自転車は電動化すべき。そうMTBもね(゚∀゚)! SRAM GX Eagle AXSを買ってみた

MTBにも電動コンポが必要でした
MTBにも電動コンポが必要でした

一度使ったら戻れないもの! と言えば、電動コンポーネント! ワタクシも電動使うまでは「んなワケあるか、ヒモで十分なんじゃ(# ゚Д゚)!」と思ったものですが、SRAM Red Etap AXSがその先入観を瞬時に打ち砕いてしまった。

あの快適さを知ってしまったら、もうヒモ・コンポには戻れません・・・そう、マウンテンバイクでもね(゚∀゚)!! という訳で、やってしまった、我がブラックフライデー。Sram GX Eagle AXSを買いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

電動化を棚上げにはしない

もともと、今年の秋・冬はMTBのコンポを電動化する野望を秘めておりました。そうしたら、デゲメン氏がMTBに乗り気になって、MTB電動化は棚上げに・・・しません(´_ゝ`) しませんよ?

XX1 AXSよりGX AXSが良いと思いました

予算に限りもありますし、そもそもワタクシはMTB超初心者。そんな人間が最高級グレードのコンポをつけるのは、ちょっと気が引ける・・・し、違いも分かりますまい。

という訳で、ターゲットは、よりバジェットフレンドリーなGX Eagle AXSにロックオン。GX AXSについて調べておりますと・・・

もう、このGX Eagle AXSの評判がとにかく良いの! ↑の動画をはじめ、軒並みどの動画も絶賛も絶賛。最重要事項の「お買い得」はさておきどうでも良くって、上位モデルのXX1やX01とまったく同じ変速性能なんだって!

↑の動画も「ケーブルには戻れない」「ゲームチェンジャー」と諸手で大絶賛であります。

うわぁ~、使ってみたい、使ってみたいなぁ(;´Д`)

Sram GX Eagle AXS の在庫があったので

海外インプレ情報を散々眺めていたら、もう居ても立っても居られなくなりました。デゲメン氏のNewバイクをお願いしているショップにウッカリ取り扱いがあるか聞いてしまったところ・・・

GX AXSありますか、そうですか

なんとGX AXSの在庫があった(◎_◎;)
なんとGX AXSの在庫があった(◎_◎;)

なんと、ちょうどドンピシャでGX Eagle AXSの在庫がありますと(◎_◎;) 迷うこと0.00000000000000000001秒。

「お願いします」とお返事しておりました(*´ω`)

Sram GX Eagle AXS、めっちゃカッコいいなぁ!!

という訳で、遂に我が愛しのMTBの電動化の夢がかなうときがやってきました! うわぁうわぁ、GX AXS、めっちゃカッコいいじゃないですか(゚∀゚)!

ゴツい、デカい、カッコいいGX EagleAXS

GX AXSの化粧箱は上位モデルと比べて質素なものに
GX AXSの化粧箱は上位モデルと比べて質素なものに

せっかくなので箱を開けていただいて、中身を見せていただきました。うわぁうわぁ、カッケェwww GX Eagle AXS、めっちゃ重厚感あってゴツくてメカメカ(←これ重要!)していて、見た目だけで痺れるではありませんか(゚∀゚)!

見るからに頑丈そうなGX AXSのリアディレイラー
見るからに頑丈そうなGX AXSのリアディレイラー

うわぁうわぁ、一体どんな感じになるんだろう、もう興味津々、今からワクワクが止まりません

えっ、デゲメン氏のNewバイクは電動にしなかったのかって? いや、あの人、電動はいらないって断ったんですよ、なのでしょうがなく、遺憾の極みながら、不承不承ワタクシが人柱を務めることにしたのです(´_ゝ`)

GX AXS Eagleの人柱、楽しみだなぁ。

現在、我がMTBはサスペンションのオーバーホールやブレーキオイルの交換やらで重メンテナンスをお願いしている真っ最中。これに合わせてディレイラーも交換していただきますで、出来上がりはしばらく先でありましょう。

むはー、早くMTB乗りたいなぁ(*´ω`) 通勤の足がなくて、まずそこで困るw

めっちゃ楽しみ。冬はデゲメン氏と一緒にいろんなトレイル探しをしに行こう(*´ω`)

以上、MTBにも電動コンポは必要です(`・ω・´) SRAM GX Eagle AXSを買ってみた! なお話でした。

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
マウンテンバイクレビュー・インプレ
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました