ロードバイク&インドアサイクリングの不快なお尻の痛みはサドルパッドで防げるか? ZWIFTの3.0W/kgペースパートナーで試してみた

新たに追加されたペースパートナーに新兵器を投入して挑戦してみた
新たに追加されたペースパートナーに新兵器を投入して挑戦してみた

ZWIFTのペースパートナーに3.0W/kgのペーサーが加わって、FTP4.0W/kgのワイ大歓喜(゚∀゚)! これはもうやってみるしかない!! という訳で、3.0W/kgのペースパートナーを早速にやってみましたぞ。ただペーサーやるだけではモッタイナイので、「お尻の痛みに効く」とウワサの新アイテムもデゲメン氏から拝借してみたのです。新兵器の投入で、お尻の痛みなく3.0W/kgのペースパートナーをこなすことができたのか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SERFASのサドルパッドとは?

最近、気が付いたらシレっと2時間ローラーするのが当たり前になっていたデゲメン氏。さすがに乗り過ぎてお尻が痛いそうなのです。そこで導入したのがSERFASのサドルパッドなるアイテムであります。

お尻の痛みの軽減を期待して導入したサドルパッド

お尻の痛みの軽減を期待して導入したサドルパッド
お尻の痛みの軽減を期待して導入したサドルパッド

デゲメン氏がゲットしたアイテムは「SERFAS サドルパッド」なる製品。アマゾン特価で2,999円(2022年5月19日現在)であります。

「90日間快適保証」とありまして、衝撃吸収性・クッション性に自信のほどがうかがえます。

サドルパッドを使ってみます

サドルって、汗がもろ滴り落ちる箇所。そんなところに使うアイテムを借りてしまうのは、何だか気が引けるなぁ・・・なんて思うはずもなく、遠慮なくデゲメン氏のサドルパッドを借りパクしました(*´ω`)

S-Works Powerサドルには問題なく装着可能

S-Works Powerサドルには問題なく装着可能
S-Works Powerサドルには問題なく装着可能

ワタクシとデゲメン氏のサドルはS-Works Power(デゲメン氏はMimic)でありまして、幅はまったく同じ155mm。デゲメン氏のサドルに問題なく使えているのなら、僕のにも問題なく装着できるはず・・・

うむ、できました(^ω^)

ありがとう、デゲメン氏(僕が買わない製品をいつも買って試してくれて

ZWIFT3倍ペーサーでの効果やいかに!?

さぁさぁ、それではデゲメン氏のサドルパッドに僕の汗をたっぷりしみ込ませますよ! うっしっし、3倍ペーサーやっちゃうもんね!

3.0W/kgペーサーは期待どおりの強度だ

ZWIFTの3倍ペーサー、最高だな!
ZWIFTの3倍ペーサー、最高だな!

ZWIFTに新たに追加された3.0W/kgペーサーをやってみましたぞ。ワタクシ、FTPがちょうど4倍あるかないかくらいの微妙な人間。これまでの3.3W/kgペーサーだとちょっと頑張らなければならず、かと言って、2.5W/kgのペーサーだとちと緩い、難しいハザマにおったのです。

3.0W/kgペーサーはこれまでのBとCのちょうど中間を埋めてくれるので、発表当初から僕の中で沸き立っていたのですが、実際にやってみて、んも~、これが期待通りの絶妙な強度(゚∀゚)!

ツラくはないけど緩すぎもせず、淡々とケイデンス90~95くらいを回し続けることができます。いやぁ、ありがたいありがたい。この強度なら普段の練習のあとでも無理せずペース走を追加できそうです。

さらに嬉しいことに、これまでの3.3倍ペーサーも残るのね。ペース走だけの日は3.3倍で、他の練習と組み合わせるときは3倍で、と自分の体力に合わせて調節できるのは嬉しいわぁ。ZWIFT、ほんとユーザー思いだわ(*´ω`)

サドルパッドはどうだった!?

サドルパッドの印象
サドルパッドの印象

おっと、肝心のSERFAS サドルパッドのインプレを忘れてました! ずばり申し上げますと!!!

サドルの高さ、調節しないといけないねコレは(´_ゝ`)

パッドが結構肉厚でクッション性はいいのですが、その分座る位置がちょっと変わってしまいます。ほんの少しの違いなので、気にならない人は気にならないかも!?

しかし、サドル高をギリギリまで上げて何とか短足を覆い隠そうとしている見栄っ張りなワタクシには、このほんのちょっとのかさ上げが死活化問題(; ・`д・´) 座る位置を変えないとペダルが遠い感じになってしまうではありませんか。

サドルパッド使うために毎回サドル高を調整するのも何だか面倒(;^_^A 惜しむべきはサドルパッドではなく、ワタクシの足の短さであります。

クッション性は確かに上がってお尻(股)にかかる圧が軽減され、痛みもそんなに感じることはありませんでした。さすが90日の快適保証を謳うだけあります。

それよりも“いつもと違う座る位置”が違和感でありましたよ。

なので、しっかり快適に漕げる位置・高さに調節してあげれば、このサドルパッドの真価が発揮されるのかなぁと思いましたですハイ

以上、これでZWIFTのペースパートナーがより快適に!? SERFAS サドルパッドを使ってみた! なお話でした。ワタクシ、実走もローラーも同じ自転車でやってますで、毎回サドル高を変更したくなく・・・。お借りしたサドルパッドは、汗も拭かずそのままそっとデゲメン氏にお返ししたのでありましたm(_ _)mスミマセンスミマセン

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
トレーニングレビュー・インプレ
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    たかにぃさん、ありがとうございます。

    レーパンを履かないとは逆転の発想(◎_◎;)!
    その考えはありませんでしたw

    しかし、ますます汗がサドルカバーにしみ込んでデゲメン氏に怒られそうです(;´Д`)

  2. たかにぃ より:

    パッドが充分厚いならレーバン履かなければ良いんじゃないでしょうか?室内ですから真夏はパンイチで解放感を満喫…汗との闘いになってもシャワー直行できるし、洗濯物も少なく毎日のローラーが捗りそうです。

タイトルとURLをコピーしました