大切なスマートウォッチを汗の浸水から守りたい! Garmin Epixのむき出しの端子を水から守るカバーを付けてみた

Epixのむき出し充電端子をどうにかしたい!
Epixのむき出し充電端子をどうにかしたい!

やっぱり気になる人はたくさんいるようで(;^_^A 何の話!? もちろん、アレですよ! スマートウォッチの充電端子、むき出しなの! せっかくのスマートウォッチが我が汗と涙でさび付いてしまったらどうしよう。そんな悩みに応える便利アイテムがすでにたくさん出ていました(´_ゝ`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマートウォッチの使用環境は基本汗だく

まず押さえておきたいのが、スマートウォッチの基本的な使用環境。そんなしょっちゅう外したりしないですよ、もちろん運動のときも!

汗まみれになります

スマートウォッチは汗まみれ!
スマートウォッチは汗まみれ!

ワタクシの場合、今のところMTB通勤と筋トレの計測にスマートウォッチを使用しているほか、日常の心拍の変化や睡眠の変化の記録にも使っており、つまり1日中、ほぼ24時間ずっと付けっぱなしなのです。

そうすると、特に運動時(通勤時)などは汗まみれ。防水機能を謳うスマートウォッチでありますが、果たして僕の汗への耐性はあるかな(*´艸`)フフ

Epixの充電端子を汗から守りたい!

そうなると俄然気になってくるのが、売りに出されていたときからむき出しだった充電の端子であります。汗かぶって壊れたりしないのかな。。。(・_・;)

端子のカバーがアマゾンにたくさん売ってた

端子のカバーがアマゾンにたくさん売ってた
端子のカバーがアマゾンにたくさん売ってた

このむき出しの端子をカバーする部品、実はたくさん売っていて、Epixを買ったその日に僕も注文

Garminスマートウォッチ先輩の皆さんも、やはりこのむき出し端子を何とかしたいと画策した経験がおありな様子。ツイッターやブログでたくさんの助言をいただきましたこと、心より感謝いたしますm(_ _)m

Epixの充電端子にカバーをつけてみた

アマゾンで注文した翌日か翌々日には手元に到着。迅速配送ありがたやありがたや(*´ω`)

10個入りなので、なくしても大丈夫

端子カバーはシリコン製(?)10個入りで600円くらい
端子カバーはシリコン製(?)10個入りで600円くらい

届いた端子カバーはシリコン製(?)10個入りで600円くらいのもの。小さいのでなくしそうですが、どれだけなくしても大丈夫なように潤沢な予備が用意されています。

端子カバーをつけてみたところ

端子カバーをつけてみた
端子カバーをつけてみた

カバーをよくよく吟味して、おもむろに端子にカポッ! おぉ、さすがピッタリ問題なく装着できるではありませんか(゚∀゚)

あ、でもちょっとはみ出てるねw ツライチではありません(´_ゝ`)

この飛び出し出っ張りがないと端子カバーを引っこ抜けないので、仕方ない仕様なのでありましょう。

手に痕はつきます

端子カバーの出っ張りを横から写してみた
端子カバーの出っ張りを横から写してみた
カバーの痕はつきます
カバーの痕はつきます

この状態で流水で洗ったりしても端子の中に水が入ることはありませんで、当初の目的(端子の保護)は達成できた模様。あとはカバーの出っ張りですが、このまま腕に装着するとシッカリ痕がつきます。

別に痛いワケではなく、特に気になることはありませんが、痕はつくぞという話。

ちなみにEpixの充電は爆速

という訳で、懸案事項だったEpixのむき出し充電端子の問題は、痒いところまで手が届くアマゾン中華製品のおかげで解決したのでありました。

Epixの充電は30分かかりません

Epixの充電は早い
Epixの充電は早い

カバーを取り付けるついでに充電してみたところ、おおぅ、Epixの充電めっちゃ早いでありますな(◎_◎;)

電池が50%ほど残っている状態で、満充電になるまで30分もかかりませんでした。もともとEpixのバッテリーは6日もつ仕様で、それでも十分な長さであります。それに加えて充電も爆速とくれば、もうEpixを取り外す暇がありません。

太陽光発電ができるFenixにしたら、バッテリーの減りは一体どうなってしまっていたのか!? バッテリーのもちが想像以上に良さそうなのは嬉しい誤算かもしれません。

以上、やっぱり気になる、みんな気になる、Garminウォッチのむき出しの充電端子! アマゾンの便利アイテムで埋めたろっせ(゚∀゚)! なお話でした。

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
レビュー・インプレ
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    だいまるさん、ありがとうございます。

    およ、出っ張りないと取り外すの苦労したりしないでしょうか!?
    10個も予備があるので次回は相当先になりそうですが、次回購入候補に加えます(*´ω`)

  2. だいまる より:

    私もカバーしていますが、この商品のカバーは特に出っ張りもなく、痕も残りません。ご参考まで。

    ガーミン用 Approach S62 / Fenix 7 / Fenix 7X / Fenix 7S / vivomove sport / Venu 2 plus / Approach S42 / Instinct 2 / Instinct 2S / ForeAthlete 745用 充電ドック+防塵プラグ チャージングケーブル 充電ケーブル 交換品 低発熱 車載 軽量 小型 持ち運び便利 充電ポートプロテクター ダストプラグ ソフト シリコン チャージャーポート (ブラック) https://amzn.to/3c0JRJC

  3. boriko より:

    たかにぃさん、ありがとうございます。

    おぉ、全然腐食しないとは凄いですな(◎_◎;) 安心しました。
    目下、ガーミンコネクトのいろいろなデータと練習時のパフォーマンスを見比べており、情報量の多さに驚いております。
    CTLやTSSだけでは測れない体調のリズムを読み取れる期待が膨らんでおります(*´ω`)

  4. たかにぃ より:

    Garminウォッチの端子、8年以上むき出しのまま汗だくで使っていますが大丈夫です。
    取説などにあるように手洗いやシャワーのタイミングで水洗いし、しっかり水切りするのが長持ちのポイントです。

タイトルとURLをコピーしました