ロードバイク通勤でトレーニングできたら一石二鳥⁉ GCNに学ぶ自転車通勤をトレーニングに変える5つの方法

自転車通勤がそのままトレーニングになったらなぁ・・・
自転車通勤がそのままトレーニングになったらなぁ・・・

30分とか1時間とか、ただ電車に揺られる通勤時間って無駄じゃないですか!? その時間をロードバイクのトレーニングに充てられたらどんなに良いことか・・・。いや、ちょっと待て。ロードバイクで通勤してしまえばトレーニングにもなって一石二鳥では!? そんなロードバイク通勤でトレーニングを夢見た時代が僕にもありました(´_ゝ`)

という訳で、本日のお題は自転車通勤のトレーニング化について。我らがGCNが「通勤中にできるトレーニング・トップ5」を紹介しておりましたので、それについてのお話であります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Top 5 Ways To Train On Your Commute!

ご紹介するのはコチラの動画! Top 5 Ways To Train On Your Commute! 訳して、「通勤中にできるトレーニング・トップ5」でありましょうか?

通勤中にできるロードバイクトレーニングとは!?

まぁまぁまずは動画をご覧ください。細かな方法は動画をご覧いただくとして、紹介されていたトレーニング内容は以下の5つ。

  1. 30秒スプリント
  2. ショートエフォート(上りを重いギアで10秒ダッシュ)
  3. SST 10分
  4. スプリント+テンポ
  5. リカバリーライド

ふむふむ、スプリント+テンポは信号ダッシュに通じそうな気配でありますな。

実際に通勤でトレーニングできるのか?

イギリスと日本の交通事情の違いなども踏まえて、では実際に「通勤でトレーニングできるか?」という、そもそも論をまずは考えなければなりますまい。

通勤をトレーニングにするのは厳しいのではなかろうか(-_-;)

日本で通勤中にトレーニングするのは厳しいのではなかろうか(-_-;)
日本で通勤中にトレーニングするのは厳しいのではなかろうか(-_-;)

ワタクシ、目下、自転車通勤真っ最中で、通勤をトレーニングにするのは理想的な夢でありました。でも、実際にジテツーしていて思うのは、危ない・迷惑・仕事に差し障る・着替えが煩わしいなどなど、世間様にも自分的にも良いことまったくなし(;´Д`)

特に交通の流れがあるところで30-30みたいなことやられたら、クルマに大迷惑だし危ないし、もうホントいけません。よっぽど信号がない長い上りがあるなら別ですが、SSTなんてもってのほか。

通勤中にせめてできるのは、交通の流れを乱さない程度にリカバリーライドするのが精一杯ではなかろうか?? GCNさんの素晴らしい企画でありますが、日本(東京などの都市部)にそのままスライドするのは厳しいかもしれません。。。

自転車通勤にメリットはないのか!?

トレーニングに置き換えるのは厳しいけれど、それでは自転車通勤にメリットがまったくないかというと、いえいえ、実はそうは思っておりません。むしろ、自転車通勤は自転車の感覚を磨く上でとても役立つと感じております。

ローラーから実走に移行するハザマを埋めてくれる

ローラーでは鍛えられない実走経験を積める
ローラーでは鍛えられない実走経験を積める

自転車通勤のメリットを感じるのが、実走での体力と経験がつくところ。特に冬場、部屋にこもってローラーばかりして週末だけ実走したりすると、すぐ疲れたり危うい操作になったりと、実走感の衰えが著しくなります。

ローラーONLYだと、ほんと自転車乗るのが下手になる。交通の流れを読む感覚も鈍くなり、ヒヤリハットが増える気がします。

あれ、そんなことないですか!? ワタクシ、ローラー引き篭もり部屋から出てくる3月とか4月とかの実走、めちゃくちゃ怖いし苦手なんだすけど・・・(-_-;)

通勤はその間、ローラー ⇒ 実走の隙間を埋めてくれる、お手軽かつ便利な方法だと感じております。実走の経験と感覚(風向きとか路面状況とか坂の勾配の読み方とかとか)は凄い大事で、それが自転車通勤で鍛えられるでありますよ。

自転車通勤のメリットはゼロではない、でもトレーニングにはならない(し、日本では勧められない)というのがGCN動画を観ての感想かなぁ。仕事帰りの遅い時間とかならね、V坂とか喜び勇んで立ち寄ったりしちゃいますけど・・・。通勤は通勤、トレーニングはトレーニングという、住み分けがよろしいでありましょうか。

以上、ジテツーがトレーニングになったらなぁ・・・と夢見ていたときがありました(^ω^) GCN動画で学ぶ通勤中にできるトレーニングについてのお話でした。

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
トレーニング
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    たかにぃさん、ありがとうございます。

    ひょ~、それは理想的な環境でありますな(◎_◎;)なんと羨ましい
    ジテツーはタクシーその他クルマ・トラックとの生存競争で生きて帰れるだけ奇跡だし、4km以上の上りなんて我が家から70km走らないとたどり着けません。。。(-_-;)
    環境は大事でありますなぁ。。。

  2. たかにぃ より:

    地方だと通勤経路上に数km信号停止が無い道や、4km以上の上り、1kmの直線などあるので、自転車通勤トレーニングは充分できます。
    私も往復50kmの自転車通勤(ロードでは無くコンポDeoreSLX 1x11s通勤仕様クロスバイク)ですが、経路上にあるSTRAVA KOM(6~10ヶ所)だけ頑張っても、良いインターバル・トレーニングになります。

タイトルとURLをコピーしました