コロナかかったら運動と外出はいつからOK? 感染ローディー、五類感染症コロナとの付き合い方を学ぶ

コロナって、まだ外出自粛なんだっけ?
コロナって、まだ外出自粛なんだっけ?

え~と、コロナって、今、外出とか運動のルール・原理原則・一般常識・社会通念はどうなっているんでしたっけ!? 何となく外出や人との触れ合いとなれ合いは避けたほうがいいと理解しておりますが、5類になってからのコロナとの付き合い方をまったく気にしておりませんでした。という訳で、本日は自分でなってみて学ぶw 5類コロナとの付き合い方! なお話です。

スポンサーリンク

2023年5月にコロナの規制は大幅緩和されたのだよ!?

2020年から3年にわたって、多くの混乱ときには悲劇を生みつつ、通勤と人混み、面倒な飲み会や人間関係からの解放と多様な人生の在り方の再発見をもたらしてくれたコロナ禍。そんなコロナも、もう過去の話だ。

普通に、インフルかかったときと同じように暮らせます

コロナとの付き合い方(阿見町のHPより)
コロナとの付き合い方(阿見町のHPより)

「コロナ 回復 日数」でググったら一番上に出てきた茨城県阿見町のページ。ここに知りたいと思っていた、分類見直し後のコロナとの付き合い方が網羅されていました(⇒出典)。

それによると、五類に移行したコロナの場合、まず外出の自粛は不要。外出するもしないも個人の判断が原則だそう。ただし、発症後5日間は他人に感染されるリスクが高いことから、5日間は外出を控えること推奨なんだと。

10日目までは、「ウイルス排出の可能性があることから、不織布マスクを着用したり、高齢者等ハイリスク者と接触は控える等、周りの方へうつさないよう配慮」すべきとあります。

ふ~ん・・・。ということは、コロナでも外出自粛は自由だし、外出するときはうつさないよう配慮してね♡くらいの認識でいいのかね(・_・;)

ちなみに、上記の情報(すなわち阿見町のページ)はすべて厚労省が出どころ。厚労省のこちらのHPを見ると、ちょと見づらいですが、阿見町の文言とそっくりそのまま同じ文言が出てきます。

あなたのコロナは今どんな感じ?

あれだけがんじがらめだったのに、いきなりユルユルw 五類感染症と二類感染症の取り扱いはえらい違うものなんですなぁ(・_・;)

ワイのコロナは・・・あれ、どこいった!?

コロナ発症から丸6日経ちました
コロナ発症から丸6日経ちました

発祥日を起点に5日(実質6日間)は外出控える推奨ということでありまして、ワタクシのコロナが発症したのは、忘れもしない9月7日の木曜日お昼過ぎのこと。7日の午後から急激に体調が悪くなり、翌8日、9日は一歩も動けんでござった。

と思ったら、翌10日の日曜日は一気に熱が下がり体調も良くなり、症状が大幅に軽快。なのに、この日自分で検査したところコロナ陽性が判明したのでありました。症状なくなりつつのあるのに、陽性出るの遅すぎwww

んで11日の月曜日はさらに体調が回復したものの、引き続き大人しく引き篭もり、本日12日の火曜日を迎えたのでありました。もちろんコロナ前ほどではないけれど、体調はおおむね回復傾向。何だったんだ、あの週末の嵐は(・_・;)

症状軽快したから運動していいよね?

こんなに元気なら、もう体動かしていいよね!? と、おそらく当ブログをわざわざ読みに来るような人なら思うと思うんです。だって、元気なんだぜ!? 軽くでもいいからローラーしたいじゃん!

コロナ後のローラーツラすぎ泣いたwww

コロナ後のローラーツラすぎ泣いたwww
コロナ後のローラーツラすぎ泣いたwww

やるに決まってるじゃん、やるよやる、ローラーしちゃうw さすがどこかの政党が「コロナは風邪」と言っていただけあって、肺の通気に鈍さを感じつつ、1週間ぶりにベンジにまたがってみました。

僕は超がつくほどの小心者なので、まずは30分からw しかも、Endhuranceの最も低いレベル(1.0)という、回復走にもならないワークアウトをやってみたところ!!

ツラすぎ死んだwww 190Wを10分維持するのがやっとか!? 200Wは一瞬タッチし、あとは段々なだらかな下降線。30分のワークアウト時間にプラス20分して頑張ってみたら、最後はどんどんタレて180W台まで落ち込んでしまったw

ありゃぁ、これはひど過ぎワロウタw こりゃ万が一王滝出ても10kmも走れんかったわ/(^o^)\ 先週まで、すっごい調子良かったのに悔しいwww ここまで一気に衰えるとは逆に凄い才能だw

でも、無事50分ローラーできたのは何よりの喜び。次回は60分をめざしてみよう。今週、来週にかけて、じっくり身体を戻していこうっせ~

以上、コロナはもう外出自粛しなくていいんです(・_・;)? 発症から5日、症状が軽くなってのでローラーをやってみた! なお話でした。

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
トレーニング
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました