究極の回転体GOKISOホイールは、佐久ヒル最強の女子カテゴリーに通用するか!?

GOKISOのホイールを使ってみた!
GOKISOのホイールを使ってみた!

まだまだ続く佐久ヒルネタ(;´Д`) と言っても、今回はヒルクライムじゃなくって、ホイールのお話! GOKISO(ゴキソ)のクライマーホイールに乗っちゃった( *´艸`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GOKISOって何だ!?

ヒルクライム王者の森本さん絡み(汗)で聞いたことのあるGOKISO。そもそもどんなホイールなんだべ??

近藤機械製作所から誕生した究極の回転体

航空機の技術から生まれたGOKISO
航空機の技術から生まれたGOKISO

GOKISOは、航空機ジェットエンジン用軸受の生産を手掛ける近藤機械製作所から生まれた自転車部品ブランドだそうな。ブランド名の由来は、名古屋の御器所町なんだwww かすかに名古屋の血を引くワタクシとしては、なぜかニンマリしてしまいますなw

GOKISOの名は、愛知県名古屋市の御器所町にある御器所八幡宮に由来し、また御器所町は当社の社長、専務の出生の地でもあります。一般市場向け製品を世に送り出す、この機を当社の新たな再出発の意を込めて、『GOKISO』としました。

出典:GOKISOについて

GOKISOクライマーホイールに乗ってみた!

んで、このGOKISOがなぜか佐久ヒルでブースを出していたのです(唯一ブースを出していたメーカーでした(;^_^A)。待ってる人も少ないし、こりゃぁ試すしかない!!

GOKISO GD2 クライマーホイールはどんなホイール

クライマーホイールをはいてみた!
クライマーホイールをはいてみた!

さまざまなラインアップの中で試乗に選んだのはGOKISO GD2 クライマーホイールというホイール。24mmハイトのカーボンクリンチャーで、ハブは2番目のグレード(?)のクライマーハブが搭載されたもの。オールブラックな外観で、オラのターマックスポーツにピッタリ( *´艸`) コリマのディープリムに見慣れたせいか、見てくれのインパクトはオシトヤカですな。

氷の上を滑るかのようにスルスル進む(゚Д゚;)

驚くほどよく進むGOKISO
驚くほどよく進むGOKISO

早速、GOKISO GD2 クライマーホイールに乗ってみたでありますよ。前後で1,800g(751 / 1,073 g)ですから、重量は結構ありますな。コリマと比べて重くなった感じはすぐ分かります。んが、しかし、驚くべきは一歩二歩漕ぎ出してから! スルスル、まぁよく進むこと(゚Д゚;)スピードのノリは良いし、足を止めてもスピードが全然落ちません。これが噂の究極の回転体!?

スーパーソニック&ラテックスチューブはすごい!

スーパーソニックとララテックスチューブの組み合わせはすごい
スーパーソニックとララテックスチューブの組み合わせはすごい

驚いたのはそれだけじゃありません。とにかく乗り心地がビックリするほど良い! どうやらこれはスーパーソニック&ラテックスチューブによるものだそうですが、ガタガタ道が全然ヘッチャラ(;´Д`) ラテックスチューブは乗り味が全然違うとお噂カネガネでしたが、ほんとすごいシルクのようですな。オラのコリマのチューブラー(コンチネンタルコンペティション)よりも遥かに優れた乗り心地でした(;゚Д゚)

S-Worksルーベ + GOKISO GD2 クライマーホイールで佐久ヒルに挑む!

という訳でホイールの試乗を終えて、久々に感動したのであります(*´ω`*)デゲンコさんに至っては、GOKISOを気に入り過ぎたのか、なんと佐久ヒル本番でレンタルする始末!! レーシング1、そんなにキライなの・・・(´・ω・`) ※GOKISOさんが本番用に貸し出すサービスをしていました。すごい太っ腹!!

S-Worksルーベにはローハイトのホイールが似合う

S-Worksルーベにはローハイトのホイールが似合う
S-Worksルーベにはローハイトのホイールが似合う
バッチリメンテナンスもしていただきました!
バッチリメンテナンスもしていただきました!

まさかの佐久ヒル・GOKISOで挑戦なデゲンコさん。S-Worksルーベにはローハイトのホイールがやたら似合いますな(;´Д`) ラテックスは空気がすぐ抜けるということで、本番直前にもう一度空気を入れてもらうなどして、準備万端!! デゲンコさん、究極の回転体で佐久ヒルに挑戦しましたぞ!

GOKISO GD2 クライマーホイールの実力やいかに!?

さて、GOKISOで挑んだデゲンコさんの佐久ヒルやいかに!?

今年の佐久ヒルは女子もレベルが高かった(゚Д゚;)

佐久ヒルはレベルが高かった(゚Д゚;)
佐久ヒルはレベルが高かった(゚Д゚;)

結論から申し上げますと、デゲンコさん、今回は表彰台ならず!! 佐久ヒル女子の部は今年も去年も、元オリンピック選手が出ていたり、ハルヒルや赤城の上位入賞者が出ていたりと、実はとてもハイレベルだったりします(;´Д`) 女子参加者は全体でも30人いないだろうに、すごいwww そんな中、 GOKISO GD2 クライマーホイールで挑んだデゲンコさんの結果は・・・残念ながら表彰台から一歩二歩届かずでありました(´・ω・`) タイム的に3位の人まで1分なかった(2分以内だったかな!?)ようですから、これは悔しい・・・

7月のCSC5耐のあと、仕事が忙しくなったとは言え、2カ月丸々ローラーしてなかったもんな・・・練習不足だな(  ̄∇ ̄)σプププ

タイムは大幅に更新!

GOKISOで佐久ヒルに挑戦したデゲンコさん
GOKISOで佐久ヒルに挑戦したデゲンコさん
足が攣るほどがんばった!
足が攣るほどがんばった!

惜しくも表彰台は逃したデゲンコさんですが、タイムは去年と比べて大幅に更新!去年は2時間近くかかったコースで、今年は1時間35分台!! 一気に25分短縮とか、これがGOKISOの力なのか!?www デゲンコさんにしては超珍しく(初めてかも?)足が攣るほどがんばったようで、調整さえしっかりできていれば、もっとタイム伸びただろうなぁ(;´Д`)

念のため申しますと、去年は本番前日に、かなりの高強度で試走して、そのあと佐久サイクリング100kmくらいしてたのです(;´Д`) 去年は本番前に走り過ぎでしたなww

という訳で、初めてGOKISOのホイールを試乗した感想でした! ハブはすっごい滑らかだし、スーパーソニックとラテックスチューブの組み合わせは驚くほど乗り心地いいしで、GOKISOすごいですな!機材を変えると自転車の性格がガラッと変わります(^ω^) オラも早く自転車グレードアップしたいぞ!

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
レビュー・インプレ
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    MOONさん、ありがとうございます!

    本人はとても残念がっておりました^^
    来年も多分出ることでしょう。そのときはぜひご一緒に~

  2. boriko より:

    べっちさん、ありがとうございます!

    おぉ、GOKISOを狙っていましたですか!?
    すっごい静かにススス―っと進むホイールでしたよー(*´ω`)
    ぜひ一度お試しくださいませ!

  3. MOON より:

    GOKISO?
    ラテックス?
    スパソニ?

    いやいや
    エンジンが素晴らしいんだと思いますよ^^

  4. べっち より:

    コレ、欲しいと思ってたホイールです
    ますます欲しくなっちゃいました〜 ^^;

  5. boriko より:

    コーラさん、ありがとうございます!

    ラテックスチューブとスパソニの乗り心地は正直感動モノですね!!
    チューブラーのコンチネンタルコンペティションが足元に及ばないほど!!

    僕は非常に、非常に、非常に(3回繰り返すほど)タイヤと駆動・制御系に関しては特に保守的で、自分が信頼できると思ったもの以外、信用できないのです。
    コンチネンタルはその点、まったく問題ないのですが、はてさて!? ビットリア試したことがない(試そうと思ったこともない)のですな(;´Д`)

    今度、1回試しに使ってみようかな・・・-_-;)

  6. コーラ より:

    GOKISOについては欲しいだけでよく知りませんが(笑)ラテックスチューブは普段から使ってるのでお勧めしたいコーラです\(^o^)/

    おいらの使ってるチューブラーはビットリアのコルサSCとかいうタイヤのようで☆彡中にブチルでわなくラテックスチューブが入っているようです♪
    乗り心地めっちゃ良いですよー(≧∇≦)b

    堅い乗り味にはもう戻れないおいらです(笑)

タイトルとURLをコピーしました